1998年2月6日のオンエア情報です。

日々ラジオの洋楽番組などを聴いているのですが、今年になってから気が付いたことがあります。
きっかけは昨年から今年上半期にかけてヒットした、こちらの曲でした。

Blackbear / Hot Girl Bummer  (初期verのPV)


初っ端からFワードが凄い曲ですが、海外では放送上修正が入っている、と聞いていました。しかし今年に入った辺りからだと思うのですが、日本のメディアでもF抜きバージョンばかり流れるようになっています。
これまで日本では外国語の放送コードが曖昧だったかもですが、オリンピック開催国となったのを機に国際ルールに準拠したのかな、と感じました。

1998年2月3日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
オアシス解散の噂!!
ゴールディーの記者会見、朝食付き
プロペラヘッズ、ライヴ活動始まる!


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
緑字の部分は旧公式サイトからの引用です。
日本語黒字の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません…が、時々適当に訳してることもあり、その際は斜体青文字で表記しています。ご了承ください。


BEAT UK  February.06.1998 On Air 
Voice / Neil Fox

OPENING
The Rolling Stones / Saint Of Me
Copies of the 1978 single (with sleeve cover) 'Beast Of Burden' are selling for as much as £750 as hardly any originals came with sleeves.
ストーンズの1978年のシングル"Beast Of Burden"のジャケット付きレコードは大変珍しく、今では750ポンドなどという値段で売られている。


TOP 20
20  N  Juliet Roberts / So Good

London born and bred Juliet has already spent most of her eighteen years singing on the West End stage and in the studio.
ロンドンで生まれ育ったジュリエットは、18年間のほとんどをウェストエンドのステージやスタジオで歌ってきました。
ロンドン生まれのシンガーソングライター、ジュリエット・ロバーツの新曲です。
ジュリエット・ロバーツはこの時点でキャリアが結構長く、シンガーとして1982年から活動しています。まずR&BグループFunk Mastersのメンバーとして参加し、83年にIt’s Overという最高7位となるヒット曲を輩出しています。その後ソロやいくつかのグループを経て94年にはソロ1stアルバムをリリースしました。
今回は彼女の基本てあるソウルに加えポップ調な曲になっていますが、ジャズやハウス系の曲もこなせるシンガーです。
97~98年にシングルリリースしたことで2ndアルバムの準備も進めていたと思うのですが、残念ながらこの時期に出たシングル群を収録するアルバムはリリースされませんでした。

19  N  ETA / Casual Sub (Burning Spear)

Originally released in the summer of last year, E.T.A's 'Sub' is re-released featuring re-mixes from Stretch 'N' Vern and Danmass.
元々は昨年の夏にリリースされたE.T.Aの「Sub」が、Stretch 'N' VernとDanmassからのリミックスをフィーチャーして再リリースされました。
ETAは97年7月4日回にこの曲でチャートに登場したデンマークの3人組です。
前回も記載しましたが、元々プロモ盤として出したレコードをクラブで掛ける際に、おそらく何も記載のない盤だったために本来の回転数より落としてかけてしまったようですが、その意図したものとは違う回転バージョンが人気になってしまった曲です。
今回は更にリミックスを追加した決定版として再リリースされています。
この曲以降は主に地元で活動し、2000年には1stアルバムをリリースします。

18  ↓   OTT / The Story Of Love
17  ↓   Ian Brown / My Star
16  N  Foo fighters / My Hero   PVなし

Limited editions of this track are available on a red vinyl or 'enhanced' CD which includes the 'Monkey Wrench' video & backstage shows of the band.
このトラックはレッド・バイナル又は"高品質"CDの限定版もあり、オマケに"Monkey Wrench"のビデオとバックステージで撮影された写真がついてくる。
アメリカのオルタナティヴロックバンド、フー・ファイターズの2ndアルバムThe Colour and the Shapeからの3rdシングルです。
英国シングルチャートでは最高21位でしたがセールスがかなり伸び、現在までに英国内では20万枚売れています。そもそも2ndアルバムのシングル3枚は全てシルバー認定以上になり、2ndシングルのEverlongは英国で現在までで60万枚、アメリカでは200万枚の大ヒットシングルになっています。90年代のオルタナロックを通っているならこの辺りは定番曲でしょう。
この曲はヒーローについての曲で、作ったデイヴ・グロールはモデルが誰か言及していないとのことですが、どうやらここでのヒーローはかつてのニルヴァーナ時代のバンドメイト、カート・コバーンではないか…と言われているそうです。
ちなみにこのPVはデイヴ・グロールが監督しています。
そういえばエンハンスドCD(CD-EXTRA)ってありましたね。今でもこれ出してる人いるのかな?

15  ↓   Radiohead / No Surprises
14  N  Byron Stingily / You Make Me feel (Mighty Real)

Byron recently set up his own label 'Deep Soul' & finished a new LP 'The Purist', while this cover is the 3rd top 20 since it's original release in '78.
この曲のオリジナルはシルベスターの1978年のヒット曲。バイロン・スティンギリーは近頃自分のレーベル、ディープ・ソウルを設立、新しいアルバム"The Purist"を完成させた。
バイロン・スティングリーはアメリカ・シカゴ出身のシンガーで、R&B・ハウス系グループのテン・シティでリードヴォーカルを担当していたファルセット使いです。
彼はグループを89年に脱退し96年から本格的にソロ活動を始め、97年1月31日回にはBEAT UKのシングルチャートにも登場しました。
この曲はアメリカのシンガーソングライター、シルベスターのカバーです。シルベスターもファルセット使いなので、原曲を大いに活かしたカバーになっています。
1989年には英国のシンガー、ジミー・ソマーヴィルもカバーしてシングル5位になっていました。

13  N  Solid HarmoniE / I'll Be There For You

Beki Onslow (22), Melissa Graham (19), Mariama Goodman (19), Elisa Cariera (19) (a.k.a S.H.E) are currenly on a tour of Asia.
SHEはベキ・オンスロー(22)、メリッサ・グレアム(19)、マリアナ・グッドマン(19)、エリーサ・カリエーラ(19)で、ただいま日本を含むアジアをツアー中。
ソリッド・ハーモニーはバックストリート・ボーイズのマネージメント会社、ライト・スタッフ・マネージメントからデビューした英国のガールズグループです。
この曲はグループ名を冠した1stアルバムの先行1stシングルで、現在でも現役バリバリのスウェーデンのプロデューサー、クリスチャン・ランディンとマックス・マーティンが製作しています。既に日本では97年12月に先行してシングルがリリースされ、力の入れように加え期待のほどが伺えます。
しかしグループはメンバーの入れ替えが頻繁で、運営がうまくいっているとは言えないようでした。
テロップにあるベキさんですが、本名レベッカの愛称でベキ(ベッキー)さんのようです。

12  ↓   Janet Jackson / Together Again
11  N  Chumbawamba / Amnesia

'Tubthumping' has been removed from US record stores after singer Alice encourages fans to steal copies from big stores as "They can afford the loss"!
"Tubthumping"はアメリカのレコード屋の棚からおろされた。シンガーのアリスが“大手のレコード屋はそのロスなんか何でもない”と、万引きを助長するような発言をしたため。
英国のアナーキー・ロックバンド、チャンバワンバの8thアルバムTubthumperからの2ndシングルで、アルバムからはタブサンピングとこちらの2曲のみがシングルカットされていました。
「タブサンピングのCDを盗め」発言は当時日本でもニュースが伝わってきていたので覚えています。大半の人は眉をひそめたでしょうが、元々大きな組織にかみつくバンドなので発言は通常運転なのでした。
しかしバンドの本質を知っている人は少ないので、真に受ける人対策でCDを棚から下げてレジから直接売る方式にしていたようです。


ON STAGE
Natalie Imbruglia / Torn
ナタリー・インブルーリアの客なしライヴです。ステージ前に曲紹介をしてくださいました。同じ映像は発見できませんでした。


NEW RELEASES
Lisa Loeb / I Do

After the huge success of 'Stay (I Missed You)' from the Generation-X 'Reality Bites' movie in 1994 Loeb returns with 'I Do'.
1994年の青春映画、"Reality Bites"の、"Stay (I Missed You)"が大成功だったロエブが"I Do"で帰ってきた。
アメリカのシンガーソングライター、リサ・ローブが帰って来ました。94年の大ヒットソングStayは映画「リアリティ・バイツ」と共に、特にアメリカでは世代を象徴する楽曲となりました。
この曲は97年11月リリースの4thアルバムFirecrackerの先行シングルで、アメリカではシングル17位に入りました。残念ながら英国ではヒットしませんでしたが、北米を中心にヒットシングルになっています。
リサ・ローブはStayの一発屋的捉え方をされることもありますが、アメリカではTVのリアリティーショーや映画出演、子供向けの楽曲製作などで現在でも知名度があります。
あとStayは世代を象徴すると書きましたが、これはアメリカで言うところの「ジェネレーションX世代」を象徴しています。日本にもバブル、新人類、氷河期、ゆとり、さとり…等と世代名がありますが、アメリカにも似たようなものが存在しているのでした。

Shola Ama / Much Love
Having notched up a multitude of Brit nominations last month, Shola releases this latest soul groover whilst awaiting the results...
ブリットで複数の賞にノミネートされたショーラは、結果が出るのを待つ間にごきげんなソウルをリリース。

Puff Daddy / It's All About The Benjamins (Rock remix)
Not content with recording and producing, Puff Daddy has recently opened a restaurant and has plans to branch out into film-making.
レコーディングやプロデュースに飽きたらず、最近レストランをオープンしたパフ・ダディーは今度は映画界に進出するという。


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
20  The Prodigy / The Fat Of The Land
19  Roni Size Reprazent / New Forms
18  Spice Girls / Spiceworld
17  Supergrass / In It For The Money
16  Oasis / Be Here Now
15  Janet Jackson / The Velvet Rope
14  Stereophonics / Word Gets Around
13  Celine Dion / Let's Talk About Love
12  Chris Rea / The Blue Cafe
11  Lionel Richie / Truly - The Love Songs
10    Natalie Inbulglia / Left Of The Middle
  9    Texas / White On Blonde
  8    Finley Quaye / Maverick a Strike
  7    Cornershop / When I Was Born For the 7th Time
  6    Radiohead / OK Computer
  5    Lighthouse Family / Postcard From Heaven
  4    Air / Moon Safari  (Sexy Boy)
  3    All Saints / All Saints
  2    The Verve / Urban Hymns
  1    Robbie Williams / Life Thru A Lens  (Old Before I Die)


REQUEST
Stereolab / Wow And Flutter

英国のロックバンド、ステレオラブの出世作となった94年の3rdアルバム、Mars Audiac Quintetから2ndEPとしてリリースされた楽曲です。
ステレオラブは大ヒットするようなトップグループではありませんが、オルガンを利かせた独特のレトロ・アナログ的な雰囲気を出す玄人好みのバンドです。アルバムジャケットも1960年代のサイケデリックな雰囲気があるレトロモダンさがあります。
3rdアルバムはシングルPing Pongが有名ですが、こちらも印象深い好きな曲です。PVの宇宙船からガッツリ糸が見える?そういうところがいいんですよ。
ステレオラブは2010年代に入り活動休止後ヴォーカルのレティシアがソロ活動をしていましたが、2019年からバンド活動を再開し、ライヴツアーや過去作のリマスター盤をリリースするなど本格的な活動を始めました。


SPECIALIST CHART
UK INDIE SINGLE CHART
1  Oasis / All Around The World
2  Space / Avenging Angels
3  Peter Andre featuring Warren G / All Night All Night
4  Steps / 5,6,7,8
5  Kaleef / Sands Of Time

The Gravediggaz / The Night The Earth Cried


ONES TO WATCH
Cleopatra / Cleopatra's Theme
Mancunfan girl group Cleopatra are Yonah (13), Cleo (15) and Zainam (17) who have already supported Louise on tour!
マンチェスター出身の女の子グループ、クレオパトラはヨーナー(13)、クレオ、(15)、ゼイナム(17)の三人組。彼女たちはすでにルイーズのツアーで前座を務めている。

Unbelievable Truth / Higher Than Reason

The Unbelievable Truth formed in the summer of 1994, featuring Radiohead lead man, Thom Yorke's brother Andy on vocals & guitar.
アンビリーバブル・トゥルースは1994年の夏に結成され、レディオヘッドのフロントマン、トム・ヨークの弟アンディがボーカルとギターを担当しています。
オックスフォードで93年に結成された英国のロックバンド、アンビリーバブル・トゥルースはテロップにあるようにレディオヘッドのトム・ヨークの弟アンディがいるバンドです。サウンド的にはダウナーで叙情的アコースティックなロックで、レディオヘッドとは違うものの通ずるところもあります。あと兄弟なのだから声が似てるかなと思いきや、全然似ていません。
98年にはヴァージンと契約し、この曲はバンドの2ndシングルとしてリリースされ、全英シングルチャート38位になりました。
98年5月には1stアルバムAlmost Hereがリリースされ、アルバムチャート21位になっています。ロックの時流にも合い評価はそこそこ良かったものの、ヴァージンは商売っ気が強いレーベルなので思ったより売れなかったとして契約を切られてしまいました。
バンドはアンディが勉強するために2000年に脱退し解散してしまいましたが、2007年にアンディがソロ活動を始める際には元メンバーが参加するなど仲は良いようです。

Stereophonics / Local Boy In The Photograph
The band once found themselves live on radio and playing to an empty venue when the promoter made them go on stage before the doors opened!
彼らは、プロモーターのせいで、会場の30分前にお客さんのまだ入っていない会場でラジオのためのライブ演奏を行ったことがある。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Cornershop / Leadmill - Sheffield, UK  21 February /
 Garage - Glasgow, UK  22 February /
 Wulfrun Hall - Wolverhampton, UK  25 February
Genesis / Earl's Caurt - London, UK  27 February

ASIA
Oasis / Hall - Hong Kong, China  22 February

BB King / Blue Note - Osaka, Japan  21 February /
 Blue Note - Tokyo, Japan  23-28 February
Jonny L / Doc Scott Boymerang / Liquid Room - Tokyo, Japan  27 February


FEATURE
Protest Songs

今回は社会情勢や環境破壊などに抗議を示す曲群を紹介しています。

Coldcut / Timber

Greenpeace donated the video footage for 'Timber' which is part three of a trilogy of eco-friendly tracks by Coldcut and Hexstatic.
コールドカットと、ヘックススタティックのエコ・フレンドリー三部作のパート3である"Timber"にグリーンピースがビデオのフッテージを提供してます。
曲中には"見ているものが聞こえます"ということで本物の伐採の音が入っています。そこでBeat UKでは過去のプロテスト・ソングを振り返ってみます。

98年1月23日回でも登場した、コールドカットのシングルです。
この曲は環境保護団体グリーンピースから提供された映像からサンプリングした楽曲を使ったもので、PVも同様の作り方をしています。
先の記事でこの曲について、「電力を使い何度も観てしまうくらいの面白みがある」と逆説的な感想を書きましたが、やってる方は至って真面目で、環境破壊を憂うコメントを出しています。

Galliano / Twyford Down

残念ながら97年に解散してしまったアシッドジャズバンド、ガリアーノの94年リリースの2ndアルバムThe Plot Thickensからのシングルです。この頃は元スタイル・カウンシルのミック・タルボットがバンドに参加しています。
PVにも環境破壊を批判するメッセージが随所に出て来ます。

U2 / Where The Streets Have No Name

アイルランドのロックバンド、U2による87年リリースの5thアルバム、ヨシュア・ツリーのオープニングソングになっているシングルです。今でもよくライヴ演奏される、U2を代表する楽曲と言えるでしょう。
このアルバムはアメリカの社会情勢や政治に触発されたものになっていますが、この曲は北アイルランドのベルファストで聞いた、宗教の違い(カトリックとプロテスタント)の話から発想を得た平和を目指す歌です。ボノが曲を書いた当時は北アイルランド紛争の残り火もあり、治安が良くありませんでした。

The links between musicians and Greenpeace began in 1989 with the charity album 'Rainbow Warrior' raising money to "...continue their fight in defence of the planet".
ミュージシャンとグリーンピースの結びつきは1989年にチャリティーアルバム"Rainbow Warrior"で始まっています。地球を守る資金を集めるために作られたアルバムで、以下のミュージシャンが参加しました。

アルバムタイトルになっている「レインボー・ウォリアー号事件」は1985年に起こりました。これを正当な抗議活動とするかテロと見なすかは立場によって変わりますが、事件を冠したチャリティと銘打ちミュージシャンを立てて宣伝するグリーンピースの手腕は流石です。こういった宣伝力と過激ともいえる行動力があるからこそ、環境保護団体として知名度は(集金力も)抜群なのでしょう。
ミュージシャンに限らず社会的に成功した有名人は何かしらの慈善活動を求められるのが常なので、チャリティーCDへの参加は慈善活動への関わりを評価する社会構造や心理とうまく合致している活動、と言えるかも知れません。


The album includes tracks donated…

Peter Gabriel
Dire Straits
Sting
World Party
Bryan Ferry
U2
Eurythmics
INXS
Simple Minds
R.E.M.
Bryan Adams
Lou Reed

Jamiroquai / When You Gonna Learn?

英国のアシッドジャズバンド、ジャミロクワイの93年リリースの1stアルバム、Emergency On Planet Earthからのシングルです。
アルバムタイトルからしても全体的に環境破壊を憂うコンセプトのアルバムであり、ジャミロクワイ自体も環境問題に対する楽曲が非常に多いバンドです。
一方フロントマンのジェイ・ケイは高級車好きとしても有名で、環境問題を訴える身としてダブルスタンダードだ!なんて意見もあるようですが、活動家じゃなくてミュージシャンですからまぁいいのではないかと思います。

Levellers / This Garden

現在でも活動する英国のフォークパンクバンド、レベラーズの93年のバンド名を冠した3rdアルバムからのシングルで、PVでは自然と工業との対比を描いています。
レベラーズはこの3rdアルバムのヒットにより、現在でも根強い人気があります。2020年8月には新作アルバムのリリース予定があります。

Should you be interested in joining the fight against de-foreatation or finding out more about Greenpeace project they can be found at - (以下グリーンピースの公式サイト)
伐採反対運動に興味のある方、グリーンピースのプロジェクトのことをもっと詳しく知りたい方は、グリーンピースの公式サイトまで。
公式サイトのアドレスは割愛しますが、現在でも同じURLです。

Michael Jackson / Earth Song

環境保護ソングの大作、マイケル・ジャクソンのアース・ソングです。ロックオペラばりの曲の長さで、PVもかなりの力作です。

BEAT UK Present
We've got 5 copies of the latest Coldcut album 'Let Us Play' to giveaway, along with 'Timber' CD singles 1 and 2, if you can answer this question:-
コールドカットの最新アルバムとTimberのCDシングルを、クイズに正解した方の中から抽選で5名の方にプレゼント致します。クイズの答え、氏名、住所、電話番号(またはメールアドレス)、年齢を明記の上、ハガキまたはメールにてご応募下さい。皆様のご応募お待ちしています!

In which on a year was Greenpeace formed?
Q: グリーンピースが設立されたのは何年でしょうか?

Answers on a postcard or via e-mail to:-
(以下送付先は割愛させていただきます)

今回のクイズは「グリーンピース公式サイトを見てね!」ということでしょう。
宣伝が上手い!


WEBSITE OF THE WEEK
→BUK公式サイト / HO HOU
東芝EMI公式(1998年1月当時)


TOP 10
10 N  Pearl Jam / Given To Fly   PVなし

This is the first release from Pearl Jam's anxiously awaited new album 'Yield', due for release later this month.
今月発売予定の待望のニューアルバム"Yield"からの最初のシングル。
アメリカのオルタナティヴロックバンド、パール・ジャムの98年2月リリースの5thアルバムYieldの先行1stシングルです。アメリカでは97年12月にリリースされていますが、英国ではこの時期になり全英シングルチャート12位になりました。
最初期のパール・ジャムを彷彿とさせる安定感すら感じさせるロックソングになっていて、ファンにとってはたまらないと思います。
このアルバムからのシングル2曲はPVが製作されませんでしたが、シングルリリースされなかったDo the EvolutionのPVは製作され、そちらはいずれBEAT UKでも登場するでしょう。
自分はYieldの2ndシングルだったWishlistが好きです。抑え目の地味な曲で英国シングルチャートでは30位止まりと今後紹介されるかわかりませんが、最後のフェードアウト部分の歌詞の一節がすごく好きなのです。「あなたが聴くラジオから流れる曲になりたい」って。自分もそんな感じの人になりたい!

 9  ↓   Robbie Williams / Angels
 8  ↓   Wildchild / Renegade Master '98
 7→   Lighthouse Family / High
 6  ↓   Bamboo / Bamboogie
 5  ↓   Oasis / All Around The World
 4  N  Green Day / Good Riddance (Time Of your Life)

Bassist Mike recently had the name of the latest woman in his life tattooed on his arm - his baby daughter Estelle!
ベーシストのマイクは最近新しい“彼女”の名前を入れ墨した。それは彼の赤ちゃんの名前、エステル。
アメリカのポップパンクバンド、グリーンデイの97年10月リリースの5thアルバムNimrodからの2ndシングルです。これまでのグリーンデイらしいパンク的サウンドとは違うアプローチの曲で、当時アメリカではシングルリリースされていませんでしたが、英国でシングルカットして11位になり、現在までに英国内だけで60万枚ものセールスがあります。
グリーンデイらしからぬ楽曲ではありますが、ライヴではもちろんアメリカでは現在でも定番曲となっていて、特に人生の岐路となる学生の卒業パーティ(プロム)や結婚式の定番ソングになっているそうです。実際には失恋した時に書いた曲だそうで、バンドが意図しない方向で大きくなっていった曲なのでした。

 3    All Saints / Never Ever
 2  N  Catatonia / Mulder And Scully

On their slow rise to success guitarist Owen suggests "Maybe being Welsh kind of makes us more difficult to understand, we see the world in a different way".
彼らが今のように成功するのに長い間かかっていることについて、ギタリストのオウエン曰く、“もしかしたら僕らがウェールズ人だから、物事を理解するのが人より難しいのかもしれない。僕らは世界を違うふうに見ているんだよ。”
ウェールズ出身のロックバンド、カタトニアの新曲です。「モルダーとスカリー」という曲タイトルが表すように、この当時人気があったドラマXファイルをテーマとした楽曲です。
この曲は98年2月にリリースされた2ndアルバムInternational Velvetの先行2ndシングルで、バンドキャリアとして最高位となる全英シングル3位になり、バンドの知名度を一気に上げました。
楽曲の評価としては「ドラマの知名度に乗ったからヒットした」という意見もあったそうですが、メディアでも相当プッシュしていたようなので正当な評価だったと思います。
PVにはモルダーとスカリーもいますが、俳優本人ではなくそっくりさんだそうです。


ON STAGE
The Charlatans / Weirdo

1995年5月11日、ロンドンのアストリアで行われたシャーラタンズのステージです。この模様はBEAT UKで放送されたかわかりませんが、英国の姉妹番組The BEATや日本の洋楽ライヴ番組では放送されていました。(ライヴ番組の録画を持っています)


NO.1
         N        Usher / You Make Me Wanna...

Taken from the 18 year old's debut album 'My Way' which also features the vocal talents of Lil' Kim & Monica, with extra production from Babyface.
デビューアルバム"My Way"からのシングル。リル・キムとモニカのボーカルをフィーチャーしており、ベイビーフェイスもプロダクションに参加している。
アメリカのR&B系シンガーソングライターであるアッシャーはこの頃19歳という若さですが、幼いころから聖歌隊に参加し、13歳で出場したソングコンテストでプロデューサーの目に留まりデビューに至り、1stアルバムが50万枚売れたという華々しい経歴を持っています。作風はR&Bとポップスをうまく融合させた感じです。
97年9月リリースの2ndアルバムMy Wayはテディ・ライリーやベイビーフェイス等売れっ子をプロデュースに迎え、英国を始めとした本格的な国際デビューのアルバムです。これが各国でヒットしたアッシャーは一気にスターアーティストになりました。
このシングルは既に全米2位になっている大ヒット曲で、全英シングルチャート1位になりました。
またアッシャーはこの頃から映画にも進出し、俳優としても活躍することになります。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

オールモスト・ヒア
アンビリーバブル・トゥルース
EMIミュージック・ジャパン
1998-06-06


    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. BEATUK
    • 2020年07月01日 02:38
    • 今週もお疲れ様です。

      ブラックベア
      最近はこういうのが売れてるんですね。
      びぞさんはこういうのも(ジャンルとかではなく音とか含めトータルで)好きですか?

      フー・ファイターズ
      エンハンスドCD!懐かしの!当時はシングルを買っても肝心のそれを再生する
      PCなりがなかったです!。^^;

      チャンバワンバ
      もはやはタブサンピングしか聞いた事がないという。。^^
      この曲がまずまずのヒットという事でなによりです。

      アルバムチャート
      おっと、エールが入ってきたのを今発見です。

      アンビリーバブル・トゥルース
      なんとトム・ヨーク氏の弟さんですと!?

      レベラーズ
      93年ともなるとやはりレイヴ感があるものなのですね。
      時代とは数年を動くこと実感します。
      この曲を聴いてザ・トゥワングのシングルヒット(曲名は思い出せないです)を思い出しました。

      パール・ジャム
      80年代バンドのイメージでスルーしていましたが、意外とこの時代のバンドだったんですね。

      グリーン・デイ
      来ましたね。彼らがアメリカン・イディオットのアルバムが絶賛されていた時に
      シングルから入ってアルバムもよく聞いていました。

      カタトニア
      こちらも来ましたね。ここ数年で知った曲ですがはまりますね。
      そっくりさんの情報が最高です。

      アッシャー
      彼はこの先も安定して売れまくっていたような。ヒップホップとつるんだり。
      映画では小物役だった印象もありますが、この世界ではすごかったと思います。
    • 2. びぞ
    • 2020年07月01日 23:03
    • コメントありがとうございます。

      このブラックベアの曲は放送規制度合がわかりやすかったので挙げてみました。規制版だとFワードが抜け「you, you...」という感じになっています。
      今年からは昔の曲、例えばプロディジーのSmack My Bitch Upのビッチ部分や、グリーンデイのアメリカン・イデオットの歌詞の一部が日本メディアでも規制されているかも知れません。

      最近のヒットソングについては、知らないのに「昔はよかった、最近の音楽はダメ」とか言いたくないので、情報を得る目的も兼ね適当に聴いています。
      自分はもう少しロックテイストのあるアーティストが好きなので、トゥエンティ・ワン・パイロッツ辺りはよく聴いています。

      エールのSexy Boyは後日シングルチャートに入って来るので、その時に動画を貼ります。

      アンビリーバブル・トゥルースは、トム・ヨークの弟、アンディのいたバンドです。以前からロシア語の通訳をするなど、語学堪能な方だそうです。

      パール・ジャムは1stアルバムTenのリリースが91年なので、90年代からのバンドです。デビュー時はニルヴァーナを筆頭とするシアトル・グランジブームで、パール・ジャムもその一角でした。ただしニルヴァーナとはヴォーカル同士仲が悪かったです。

      グリーンデイ、超定番曲ですね。ニムロッドはパンクから少々距離を置いた楽曲もありますが、逆に音楽的な幅が広がっていていい作品だと思います。

      カタトニアはこの曲がヒットしたおかげで、2ndアルバムがすごく売れ一躍人気ロックバンドになりました。これからもちょこちょこ登場するでしょう。

      アッシャーはこの曲で大スターになりましたが、そういえばまだ10代だったんだ、と驚きました。この頃はTLCのチリと付き合っていて、ミュージシャン同士のビッグカップルとして度々公の場に登場していました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット