1997年11月21日のオンエア情報です。

2020年度のグラミー賞が発表になりました。
今年度はレコード賞・アルバム賞・楽曲賞・新人賞の主要4部門独占、更に最年少受賞記録の塗り替えで、ビリー・アイリッシュの年度と言っても過言ではないくらいでした。
あとはダンス・EDM部門でケミカル・ブラザーズが受賞したのが嬉しかったです。
UK音楽を扱うこちらとしましては、2月のNMEアワード、ブリット・アワードも気になるところです。

こういう賞レースの式典は関係者しか入れないのかと思いきや、実は一般向けにもチケットが販売されているイベントがあると知りました。
ちなみにそのひとつ、今年度のNMEアワードのチケットは24ポンド25ペンスでした。3500円くらいでしょうか、The 1975などアーティストのパフォーマンスもあるらしいのでお得かも。しかも1月現在まだチケットが残っている!

1997年11月19日のHO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
スパイス・ガールズのマネージャー、クビに
フー・ファイターズとプロディジーは仲良し
ポール・ウェラー、苦悩す


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
緑字の部分は旧公式サイトからの引用です。
日本語黒字の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません…が、時々適当に訳してることもあり、その際は斜体文字で表記しています。ご了承ください。


BEAT UK  November.21.1997 On Air 
Voice / Dave Pearce

OPENING
Metallica / The Memory Remains
Featuring guest vocals from Marianne Faithfull, singer James commented "It's the first time a woman has sang on a Metallica record, besides Kirk"!
マリアンヌ・フェイスフルのヴォーカルをフィーチャーしたこの曲について、フロントマンのジェイムスは「メタリカのレコードで女性が唄ったのは、今回が初めてなんだ。Kirkは除いてね!」とコメントしている。


TOP 20
20  ↓   Clock / U Sexy Thing
19  ↓   Dario G / Sunchyme
18  ↓   Embrace / All You Good Good People
17  N  Faithless / Don't Leave

Currently touring the US, Faithless have sold more than 1 million copies worldwide of their album 'Reverence'.
最近アメリカ・ツアーを敢行したフェイスレスは、アルバム“Reverence”を全世界で100万枚以上売り上げている。
英国のエレクトロ系グループ、フェイスレスの96年リリースの1stアルバムReverenceから最後のカットとなる4thシングルです。
97年9月からはアメリカツアーを行っています。アメリカではグループのシングルSalva MeaとInsomniaが既にダンスチャート1位を獲得しているので、おそらくライヴはどこも盛況だったのではないでしょうか。
次作アルバムは98年9月にリリースされます。

16  N  Jon Bon Jovi / Janie, Don't Take Your Love to Town

This is the third single from Jon Bon Jovi's latest long player 'Destination Anywhere' and was written after a with his wife!
これがジョン・ボン・ジョヴィの最新アルバム“Destination Anywhere”からの3枚目のシングルとなる。しかもこの曲は奥さんとの口論の後で書かれた曲!
アメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィのフロントマンであるジョン・ボン・ジョヴィのソロ2ndアルバムDestination Anywhereからの3rdシングルです。アルバムは全体的に落ち着いた作風で、やりたいことをやらせてもらえているのでしょう。
90年代後半からは映画出演など演技の仕事もコンスタントに行うようになり、活動の幅を広げているのでした。

15  ↓   Backstreet Boys / As Long As You Love Me
14  N  187 Lockdown / Gunman    PVなし

This speed garage anthem topping the dance charts throughout summer and includes a Natural Born Chilla's remix.
このスピード・ガレージの名曲は、今夏のダンス・チャートを賑わせた。また、このシングルにはナチュラル・ボーン・チラーズのリミックスも収録されている。
187ロックダウンは英国のガラージ系グループで、Danny HarrisonとJulian Jonahによる二人組です。二人とも既にいくつかの音楽プロジェクトを経ていたり、別名義でも曲をリリースしています。
この曲はグループのデビューシングルで、英国シングルチャート16位になっています。
このところUKガラージやスピード・ガラージのヒットが良く出て来ますが、それだけシーンが盛り上がっているのでしょう。

13  ↓   Sash! featuring La Trec / Stay
12  ↓   N-Trance feat Rod Stewart / Da Ya Think I'm Sexy?
11  N  Cast / I'm So Lonely

Cast are set to play London's newest venue Battersea Power Station on the 5th December which houses the world's largest temporary indoor structure.
キャストは12月5日に、ロンドンで最も新しいヴェニュー、バタシー・パワー・ステーションでのライヴを企画している。このヴェニューは、世界一大きな仮設室内建築でもある。
リバプールのロックバンド、キャストの2ndアルバムMother Nature Callsから最後のカットとなる4thシングルです。静かに始まり徐々に盛り上がって来るとてもいい曲です。
BEAT UKのGIG GUIDEコーナーで最近出てくるようにもなったバタシー・パワー・ステーションとは元々テムズ川岸にあったバタシー発電所のことで、レンガ造りの特徴ある佇まいは数々の映画にも利用され、ピンク・フロイドのアルバムジャケット写真としても有名です。
発電所は既に廃炉になり、97年に跡地の再開発許可が下りて作られたのが上記コメントにある仮設のイベント会場でした。
現在では跡地の再開発が進み、発電所は保存されつつ他にもマンション、商業施設、イベント会場などが作られています。


ON STAGE
Feeder / High

1997年8月24日(日)、Reading Festival '97三日目からフィーダーのステージです。よくあることですが、曲が長いので番組では曲の途中からの放送でした。全部見られて嬉しいです。


NEW RELEASES
David Arnold & David McAlmont / Diamonds Are Forever

This second track from Arnold's 'Shaken Not Stirred' Bond project is a take on Shirley Bassey's definitive 007 theme tune.
これが、アーノルドのボンド映画プロジェクト、“Shaken and Stirred”からのセカンドシングルで、シャーリー・バッシーのよるボンド・テーマの決定版。
映画作曲家のデヴィッド・アーノルドがジェームス・ボンドのボツ集…ではなく映画をテーマにした楽曲を色々なアーティストに製作依頼したイメージ・カバーアルバムShaken and Stirredからの2ndシングルです。
デヴィット・マッカルモントの妖しい魅力がPVにふんだんに盛り込まれています。これがテーマソングに選ばれていたら映画の雰囲気が結構変わったかも知れません。
このシングルにはオーケストラ版ジェームス・ボンドのテーマが収録されていて、これはShaken and Stirredの日本盤でボーナストラックになっていました。

Pulp / Help The Aged
Pulp's first single release for a year is, according to avis, "autobiographical" and was first performed last year at the UK's V96 festival.
パルプの約1年半ぶりの新曲は、昨年のV97でも演奏された曲で、ジャーヴィス曰く「自伝的な作品」。

Portishead / Over
Their 2nd LP apparently self-titled because it was written & produced by the duo & doesn't feature any collaborations - however they do use two samples!
彼らのセカンド・アルバムに自らの名前を付けたことについて彼らは、「何故なら、このレコードはまさに“ポーティスヘッド”だから」と説明している。しかしながら、“Only You”という曲では、2つのサンプリングが使われている!


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
20  Sheryl Crow / Sheryl Crow
19  Backstreet Boys / Backstreet's Back
18  David Arnold / Shaken & Stirred
17  Roni Size Reprazent / New Forms
16  The Charlatans / Tellin' Stories
15  The Prodigy / The Fat Of The Land
14  Oasis / (What's The Story) Morning Glory?
13  Radiohead / OK Computer
12  Oasis / Be Here Now
11  M People / Fresco
10    Queen / Queen Rocks
  9    Shirehorses / The Worst Album In The World Ever...Ever!
  8    Lighthouse Family / Postcard From Heaven
  7    Texas / White On Blonde
  6    John Lennon / Lennon Legend - The Very Best Of
  5    Sash! / It's My Life - The Album
  4    Eternal / Greatest Hits
  3    Enya / Paint The Sky With Stars - The Very Best Of  (Caribbean Blue)
  2    The Verve / Urban Hymns
  1    Spice Girls / Spiceworld  (Spice Up Your Life)


REQUEST
Suede / The Drowners


SPECIALIST CHART
UK INDIE SINGLE CHART
1  Backstreet Boys / As Long As You Love Me
Peter Andre / Lonely
3  Ash / A Life Less Ordinary
4  Sundance / Sundance
5  Stereophonics / Traffic

Belle And Sebastian / 3..6..9.. Seconds Of Light E.P.  (Century Of Fakers)


ONES TO WATCH
Superchunk / Watery Hands

Formed back in '89 and after a couple of changes in the original line up, Superchunk now feature Mac on vocals, Laura (bass), James (guitar) & Jon (drums).
1989年に結成されたスーパーチャンク。数回に渡るメンバーチェンジを経た現在のラインナップは、マック(ヴォーカル)、ローラ(ベース)、ジョン(ドラムス)、ジェイムス(ギター)の4人。
スーパーチャンクはアメリカ・ノースカロライナで結成されたバンドで、パンクの影響を感じるオルタナティヴロックバンドです。ベーシストのローラは聴力に問題を抱えていて2013年以降ライヴ活動には参加しないとのことですが、メンバー構成は2020年現在でも97年当時と変わっていません。
この曲は97年9月にリリースされたバンドの6thアルバム、Indoor Livingからのシングルカットです。PVにはコメディアン・俳優のデヴィッド・クロスとジェーン・ガラファロがPVの監督役として出演しています。

Jewel / You Were Meant For Me

Despite only minimal success in the UK, Alaskan singer/songwriter Jewel has sold over 6 million copies of her debut LP 'Pieces Of You' in the US.
UK国内ではまだそこそこの成功しか収めていないアラスカのシンガーソングライター、ジュウェル。しかし、彼女はアメリカでデビューアルバム“Pieces Of You”を既に600万枚も売り上げている。
アメリカのアーティストであるジュエルは、本名ジュエル・キルヒャーといい、芸名っぽいけど実は本名なシンガーソングライターです。
この曲は96年に既にアメリカでは大ヒットシングルとなっており、Billboard Hot 100では2位にまでなっています。今回は97年7月に再発し、Billboard Hot 100で7位に浮上する再ヒットに繋がっています。
英国では最高32位ということでそこそこのヒットになっていますが、カナダ、オランダ、ベルギーではTop10入りするヒットになっています。
なおこの曲が収録されている95年リリースのデビューアルバムPieces of Youは、世界で1200万枚も売れる超ロングヒットになっています。

Mouse On Mars / Twift

This video will be made into a Nintendo game in '98 when Mouse On Mars plan to tour Japan with fellow German acts Oval and Microstoria.
マウス・オン・マーズは来年、ドイツのオーヴァル、ミクロストリアと共に日本ツアーを行う。また、同じ時期には、任天堂のテレビ・ゲーム用のヴィデオが制作されることになっている!
ドイツの電子系グループ、マウス・オン・マーズの97年8月リリースの3rdアルバムAutoditackerからの曲Twift Shoebladeが元になっている、ドイツのみのシングルバージョンTwiftです。アルバムバージョンとは若干音色が異なります。このバージョンは2003年にEPを集めたコンピ盤Rost Pocksに収録されます。
気になるのはこちらのPVですが、これは「Space Station: Silicon Valley」という98年に北米版Nintendo 64用(後にプレステ版も出た)に製作されたアクションゲームの一場面と思われます。まだ開発段階だったのではないでしょうか。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Texas / Bercy - Paris, France  12 December

The Charlatans / Docklands Arena - London, UK  6 December

Concert Of Hope
Robbie Williams / Gary Barlow / Boyzone / Damage / All Saints
Battersea Power Station - London, UK  7 December
Ocean Colour Scene / John D. - Oslo, Noeway  8 December
The Seahorses / Shepherds Bush Empire - London, UK  9/10 December
  →9日10日のセットリスト

UB40 / Battersea Power Station - London, UK  11 December

NORTH AMERICA
Longpigs / Graffity Showcase Cafe - Pittsburgh, Pennsylvania, USA  5 December
Laika / Wiltern Theater - Los Angeles, California, USA  12 December

ASIA
The Cardigans / Koseinenkin Kaikan - Osaka, Japan  8 December /
 Diamond Hall - Nagoya, Japan  9 December /
 Garden Hall - Tokyo, Japan  10/11 December


FEATURE
SISTER ACTS
カイリー&ダニー・ミノーグ姉妹特集!

カイリーとダニーのミノーグ姉妹の特集です。
オーストラリア出身のミノーグ姉妹は共に地元で女優としてデビューし、その後音楽キャリアに進むという同じ道を歩んでいます。
姉カイリーは1987年にリトル・エヴァの「ロコ・モーション」のカバーでデビューし大ヒット、一躍ポップアイドルとしてスターダムにのし上がります。
妹ダニーもまたポップ系アイドルとして1990年にLove and Kissesでデビューしていますが、音楽キャリアについては姉カイリーの方が有名です。

Kylie Minogue / It's No Secret

After leaving 'Charlene the car mechanic' behind in the Aussie soap 'Neighbours' Kylie donned a dress & became an instant pop star with her debut 'I Should Be So Lucky' reaching No.1 In January 1988.
テレビドラマ『ネイバーズ』の自動車整備工、シャーリーン役を経て、1988年1月にシングル“I Should Be So Lucky”でポップ・スターとしてのデビューを飾ったカイリー。この曲は、ナンバー1に輝いた。
この曲は1988年リリースの1stアルバムKylie(邦題:ラッキー・ラヴ)からの5thシングルです。
デビューアルバムは世界的で1000万枚以上売れる大ヒットとなり、ポップシンガーとして大成功を収めました。
このシングルはあまり宣伝されず大きなヒットになりませんでしたが、その代わりこの後すぐリリースされたジェイソン・ドノヴァンとのクリスマス向けデュエットソングに宣伝を注力させていたそうです。

Kylie Minogue / Hand On Your Heart

Her next 11 singles all peaked within the UK Top 5 including a duet with former on/off screen boyfriend Jason Donovan, followed by 'Hand On Your Heart' shown here from May 1989.
この急激な成功に続いて、その後にリリースされた11枚のシングルが全てトップ5に入るという快挙を達成。その中には、恋人役だったジェイソン・ドノヴァンとのデュエット曲で、1988年のクリスマス・シングルとしてリリースされた“Especially For You”や、続く1989年5月リリースの“Hand On Your Heart”も含まれている。
この曲は1989年10月リリースの2ndアルバムEnjoy Yourselfからの先行1stシングルです。アルバムリリースまで5ヶ月時間が空いていますが、ヒットを途切れさせないようにしているのでしょう。
英国シングルチャートで初登場2位になり、翌週は1位になっています。

Dannii Minogue / Baby Love

Dannii was close behind with an almost parallel career, starting in another Australian soap & releasing her first single in '91 reaching No.8 in the UK charts.
妹のダニーも同じような経歴を持っており、オーストラリアの別のテレビドラマ、『ホーム・アンド・アウェイ』に出演していた。1991年には、彼女も同じようにデビューシングル“Love And Kisses”をリリースしており、UKチャートの第8位にランクインしている。
1990年にはデビューアルバム「Dannii」をリリースします。これはオーストラリア盤のタイトルで、ヨーロッパ盤はデビュー曲の「Love And Kisses」、日本盤は「ラヴ&キッス(Party Jam)」というアルバムタイトルになっていました。

Kylie Minogue / Confide In Me

Changing labels in '94 gave a new lease of life, 'Confide In Me' was a move away from her pure pop gaining her greater respect from alternative artists.
1994年に所属レーベルを移籍した彼女は、“Confide In Me”で今までのピュア・ポップ路線とは違った、新しい方向性を打ち出した。この曲でインディー/ダンスの世界に飛び込んだ彼女は、オルタナティヴ系のアーティスト達からの憧憬を集めるようになる。
94年にダンス系レーベルのデコンストラクションに移籍し、これまでと音楽路線を大幅に変えた5thアルバムKylie Minogueをリリースしました。
ポップさが薄れエレクトリックな路線になっている面白いアルバムですが、彼女のファンは果たしてこういうものを求めていたのかは…わかりません。

Nick Cave and The Bad Seeds with Kylie Minogue / Where The Wild Roses Grow

In '95 she was to duet with Nick Cave on 'Where The Wild Roses Grow', however this did not achieve the same commercial success as her previous singles.
これが彼女がそういったアーティスト達との仕事に対する才能を開花させることになり、1995年10月にはニック・ケイヴとのデュエット曲、“Where The Wild Roses Grow”を発表。残念ながら“Especially For You”のような商業的成功を収めることは出来なかったが、それでも第11位にチャートインするという快挙を成し遂げた。
オーストラリアのロックバンド、ニック・ケイヴ&バッド・シーズとカイリー・ミノーグがデュエットした曲です。ニック・ケイヴは以前からカイリーのために曲を作りたいと思っていたようで、念願かなって共演に至りました。
PVではカイリーがミレーの絵画「オフィーリア」のような感じになっています。

Dannii Minogue / All I Wanna Do

Dannii's diversification in her music style resulted in this year's 'All I Wanna Do', with a dance re-mix to proceed her LP 'Gift', which was released in September.
一方妹のダニーもそれに後れをとることなく、ダンス・リミックス・シングル、“All I Wanna Do”を発表することによって、違った音楽性をアピール。9月にはアルバム“Girl”をリリースするに至った。
97年9月にリリースされたダニー・ミノーグの3rdアルバム「Girl」からの先行1stシングルです。
このアルバムからは脱アイドルを目指し、ダンスミュージックに重点を置くようになります。これが後に大成功するのですが、そこに至るには5年ほど先になります。

Kylie Minogue / Some Kind Of Bliss

10 years on Kylie is due to release her eponymously titled album at the beginning of '98 crammed with collaborations from the cream of independent artists.
テレビドラマ界を離れて、ポップ・スターの仲間入りをしてから10年の月日が過ぎたカイリーは、現在29歳。来年早々には、自分の名前を付けた最新アルバムをリリースする。このアルバムには、インディペンデント・アーティスト達との密度の濃いコラボレーションが散りばめられている。
カイリーの最新曲は97年10月にリリースされた6thアルバム、Impossible Princessの先行1stシングルです。先のニック・ケイヴとのコラボが音楽性を広げる契機となり、マニック・ストリート・プリーチャーズなどロック系アーティストも参加するアルバムになっています。
やや重めなサウンドになっているのですが、この辺りは本人も色々と挑戦しているようです。
ただリリース直前になってダイアナ元妃の事故があり、アルバムタイトルが不謹慎ではないかということで忖度し、一時期前作アルバムと同じ本名タイトルでリリースしていました。

Dannii Minogue / Everything I Wanted

As a younger sister, Dannii has always been in Kylie's shadow but has proved her worth after presenting UK breakfast TV & through her own musical successes.
ミノーグ姉妹は音楽業界での活躍を満喫している。夫との離婚を経たダニーはUKの朝の番組でもプレゼンターを務め、自らも会社を経営している。
2ndアルバムからここに至る間に彼女は結婚と離婚を経験し、離婚のショックもあって雑誌でヌードになるなど波乱の時期を迎えていました。
以降も音楽・テレビ・ファッション・舞台など様々なキャリアを重ねていきますが、音楽はこれ以後少し休憩することになります。その後復活した際に大成功するのですが、それはまだ先の話です。

Keep your eyes peeled and watch out for Kylie performing exclusively for Beat UK on November 28th!
11月28日の放送で、カイリーのパフォーマンスがあるようです。期待しましょう!


WEBSITE OF THE WEEK
HO HOU WEEKLY  (1997年度一覧)
ビースティ・ボーイズ公式サイト(1998年1月現在)
グループは2012年に活動終了し、現在はブログで最新情報を発信しています。


TOP 10
10 N  Roni Size Reprazent / Brown Paper Bag

Mercury Award winners Roni Size/Reprazent will be visiting Japan on the 1st and 2nd of December to play at Tokyo's Liquid Room.
マーキュリー音楽大賞を受賞したロニ・サイズ/レプラゼントが、1998年初頭に日本公演を行う。詳しい日程等については、引き続きこのページをチェックせよ!
ロニ・サイズ&レプラゼントの1stアルバムNew Formsからの3rdシングルで、ロニ・サイズ並びにドラムンベースというジャンルが説明されるときには必ずと言っていい程紹介されるのがこの曲、及びこのPVです。
アルバムはマーキュリー賞の意外な受賞作品だったと捉える向きもありますが、大ヒットにとらわれない新しい流れを作ったことを評価されたのでしょう。とはいえジャンルの中でロニ・サイズは大御所とも言える存在になり、このアルバムは賞を獲ったことで更なるヒットをしました。
PVも印象的で、時間を巻き戻したり進めたりする場面をリズムと共に合わせていて面白いです。
このPVは98年度のMTV Video Music Awardのブレイクスルー賞にノミネートされています。

 9  ↓   Spice Girls / Spice Up Your Life
 8  ↓   Elton John / Something About The Way You Look Tonight... Candle In The Wind 1997
 7  N  Texas / Put Your Arms Around Me

The band are embarking on an arena tour of the UK later this month before commencing further live dates in and around Europe.
テキサスは、今月末からUK国内でのアリーナ・クラスのツアーを行う。その後、ヨーロッパ内外でのツアーが予定されている。
スコットランドのバンド、テキサスの4thアルバムWhite on Blondeからの4thシングルです。
アルバムは97年2月のリリースでしたが、シングルカットされる度にアルバムチャートが上昇するヒットになっています。現在まで160万枚以上売れていて、テキサスのバンドキャリアの中では最も売れたアルバムになり、シングルカット曲は全てTop10以内に入りました。
この曲は98年のアメリカ映画「エバー・アフター」のエンディング曲にもなっています。

 6  N  Gary Barlow / Open Road

Gary Barlow recently performed an intimate gig at the world famous Air Studios in London for a very select audience.
ゲイリー・バーロウは、間もなくロンドンの有名なエア・スタジオで、厳選された観客を対象としたギグを行う。
元テイク・ザットのゲイリー・バーロウの、1stアルバム名を冠した4thシングルです。
今回はロビーとの対決姿勢はなく、英国シングルチャート7位に入りました。本人はアルバムの中ではこの曲が一番好きだそうで、思い入れがありそうです。
ロビーはクリスマス向けにシングルを出してくるのですが、こちらもクリスマス合わせにすればよかったのでは。
このシングル以降ゲイリーがシングルTop10入りするのは、2010年にロビーとデュエットした曲になります。

 5  N  Moby / James Bond Theme

This is taken the wryly titled 'I Like To Score' album featuring other film/TV theme tune based tracks such as the Twin Peaks sampled 'Go'.
この曲は、ひとくせあるタイトルの新作アルバム、“I Like To Score”からのシングル・カット。このアルバムには、『ツイン・ピークス』の“Go”をサンプリングした曲を始めとして映画やテレビのテーマ・ソングがフィーチャーされている。
アメリカの電子系ミュージシャン、モービーの新曲は映画「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」のテーマソングです。この曲はモービーがこれまで映画などを手掛けた時の曲を集めた、97年10月にリリースされたコンピ盤「I Like To Score」に収録され、そこからのシングルカットになります。
91年のシングルだったGoはツイン・ピークスで使用されたようですが、今回新しくミックスし直したバージョンが収録されています。
96年にリリースした前作アルバムはロックテイストで、これまでのイメージとかけ離れすぎたせいで大コケしてしまいましたが、本来の音楽性に戻って来たようです。

 4  N  PF Project feat. Ewan McGregor / Choose Life

From 'Trainspotting 2' (tracks which never made it to the original soundtrack) this features a ranting monologue from the film's star Ewan McGregor.
この曲は、コンピレーション盤“Trainspotting 2”(オリジナル・サウンドトラックに収録されなかった曲が集められている)からのカットで、映画スター、ユアン・マクレガーの大仰な独白がフィーチャーされている。
RFプロジェクトはジェイミー・ホワイトとムサ・クラークの二人組です。この曲は97年11月にポジティバ・レコードからリリースされたもので、映画「トレインスポッティング」からユアン・マクレガー演じる主役のレントンのセリフをフィーチャリングしています。
トレインスポッティングはサントラに70's~90'sのパンク・ポストパンクからブリットポップまでロック系アーティスト中心にたくさん楽曲が使われ、映画サントラとしてはかなりヒットしましたが、サントラ一枚に全曲収まりきらなかったのが残念でした。
そして97年10月に入りきらなかった残りの曲を収録したサントラ第二弾がリリースされ、この曲がそのオープニングナンバーになっていたのです。

 3  N  Barbra Streisand & Celine Dion / Tell Him

Combining the vocals of the world's most successful female solo artists, this ballad is taken from Streisand's new album 'Higher Ground'.
世界で最も成功した女性ソロ・アーティスト、セリーヌ・ディオンを合体させたこのバラードは、ストレイサンドのニューアルバム、“Higher Ground”からのシングル・カット。
バーブラ・ストライサンドとセリーヌ・ディオンのデュエットソングです。
セリーヌ・ディオンはLet's Talk About Love、バーブラ・ストライサンドはHigher Groundと、それぞれ97年11月にリリースしたアルバムの1stシングルとしてリリースされたクリスマスに向けた楽曲です。
アメリカではアダルトコンテンポラリーとしての位置付けとして積極的な宣伝がなかったそうですが、英国を始め世界各国でヒットしています。
二人がデュエットするきっかけとなったのは、97年度のアカデミー賞でバーブラの曲をセリーヌが急遽代役で歌ったことに感動し、バーバラから曲を一緒に作りたいとメッセージをもらったことから始まっています。

 2 →  Aqua / Barbie Girl


ON STAGE
The Lightning Seeds / You Showed Me

1997年7月18日(金)、Phoenix Festival '97二日目からライトニング・シーズのステージです。映像は発見できませんでしたが、ライヴ音声がありました。You Showed Meは11分20秒付近からです。


NO.1
      →        Natalie Imbruglia / Torn




ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

INDOOR LIVING
SUPERCHUNK
MERGE RECORDS
2017-02-02


    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (3)

    • 1. BEATUK
    • 2020年02月01日 01:46
    • 今週もお疲れ様です。
      なんとケミカルがグラミーとは。。情報ありがとうございます。

      フェイスレス、キャスト、ボンジョビ、187などがきましたね。
      気になったのはジュエルです。こんなに売れているのにはじめて聞きました。
      曲も正直強いのか普通なのか小唄レベルぽい感じなのですが、なぜか何回も聞きたくなる感じで今無限ループ中です。
      あと、カイリーミノーグが若い。。私が始めて知った2001年頃にはすでにおばさんだった、またはこちらが子供だったのでそう見えました。
      ぴぞさんのおっしゃるとおりでのちに妹さんはトランシーな路線で売れますよね。
      ロニサイズ、モービーの売れ線狙い、トレスポの曲、ストライサンド、元テイクザット。なんともイギリスらしいバランスの売れ具合で。
      ロニのこのアルバム持ってました。モービーがプレイで大爆発するとは彼はこの時予想しているのでしょうかね。
      トレスポの曲もサントラ持ってたので聴いてはいましたが、まさかシングルカットされてこんなに売れるような性質の曲だと感じてなかったのでスルーしてました。ボイスサンプリングはギャグだとすら感じでいたくらいです。^^;;;しっかり聞くとまあまあよいですね。
      締めにトーンを無限中ですが、これはやはり強すぎる。。



    • 2. びぞ
    • 2020年02月02日 21:57
    • コメントありがとうございます。

      ケミカルはダンス部門のレコード(シングル)と、アルバム賞両方受賞でしたね。アメリカでは今ヒップホップが強いので、EDM系ヒットが少なかったことも両方受賞につながったのではないでしょうか。他のダンス部門ノミネートは、Bonoboが好みでした。

      今週回はカイリー&ダニー姉妹の特集でしたが、路線転換を振り返ってみるとカイリーは失敗、ダニーは成功と見なされています。もっともこの頃は両者共アイドルとしては旬を過ぎ、歌を続けるなら脱アイドル路線は致し方ない時期だったのでしょう。
      個人的にデコンストラクションから出たカイリーのアルバム2作はいい作品だと思っていますが、世間はポップなカイリーを求めていたようでした。一度認識されたイメージから脱却するのは難しいようです。

      トレインスポッティングはサントラが2枚ありますが、改めて調べたら97年に出た2枚目は収録曲全部が映画で使われていませんでした。RFプロジェクトは映画からサンプリングしてるのでまぁわかるのですが、製作時にインスピレーションを受けたとされる曲群を含めて収録してるのって、サントラではなくイメージアルバムでは…と思ってしまいました。(選曲はいいんだけど)

      モービーは前作がパンクやグランジロックな作風で大コケしましたが、元に戻してきました。次作アルバムは一転し大ヒットになりましたが、多分本人は予想していなかったのではないでしょうかね。それまではイギリス中心での人気アーティストだったので、アメリカでも大きくヒットするとは思っていなかったかも。

      ジュエルはイギリスではヒットしなかったので、こちらのブログでは今後もあまり出てこないでしょう。アメリカでは大ヒットになりましたが、カントリー的なサウンドがイギリスでは受けなかったのではないかなぁと思います。
    • 3. BEATUK
    • 2020年02月04日 01:44
    • びぞさんの名前を今まで間違えていました。
      お詫び申し上げます。

      ケミカルの今回のアルバムは初期に戻ったのは良かったのですが、やっぱり時代性かベースを震えさせることができないので辛いです。かれこ15年もトップ10などのシングルヒットを見てないのが悲しいものです。
      彼らが魂を売れば狙ってチャートシングル作れそうな気もしますけど、EDM否定派ぽい感じなので今の流れに合わせたのは作りたくないんでしょうかね。ケミカルに限らず大満足のダンス曲(飛び道具)こないものでしょうか。


コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット