1997年9月26日のオンエア情報です。

今週マリリン・マンソンの新譜としてカバー曲の配信が入って来ました。

アメリカのロックバンドであるマリリン・マンソンは、昨年ヴォーカルのマリリン・マンソンが脱退したと報じられましたが、このニュースで「マリリン・マンソン」という言葉がゲシュタルト崩壊する程しつこく入っていて面白かった記憶があります。

新譜は2017年の映画のために製作されていることからバンドの方の音源だと思うのですが、新譜ニュースの際に上げられている写真が個人の方のものなので、果たしてどちらのマリリン・マンソンなのか…

1997年9月23日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
プロディジー、ダイアナに気を遣う
ノエルの寄付騒ぎ
シーホーセズからドラマー脱退


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
緑字の部分は旧公式サイトからの引用です。
日本語黒字の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません…が、時々適当に訳してることもあります。ご了承ください。


BEAT UK  September.26.1997 On Air 
Voice / Neil Fox

OPENING
AZ feat. SWV / Hey AZ
Brooklyn rapper AZ's second album 'Pieces Of A Man' is due for release next month featuring guest vocals from LL Cool J, Foxy Brown and SVW.
ブルックリンのラッパー、Azのセカンドアルバム“Pieces Of A Man”が来月にリリースされる。このアルバムには、ゲスト・ヴォーカリストとしてLL・クール・Jやフォクシー・ブラウン、ソウルの女王SWVなどが参加している。


TOP 20
20 N    Jaydee / Plastic Dreams

Jaydee's 'Plastic Dreams' was originally released in 1993, this revised version has also featured strongly in the UK club charts.
ベルギー人・ジェイディーの“Plastic Dreams”は元々1993年にリリースされ、この改訂ヴァージョンもオリジナル同様、UKのクラブ・チャートに長いことランクインされていた。
ジェイディーはRobin Albersという人が一人でやっている名義で、オランダ人テクノ系DJプロデューサーです。音楽を始める前は野球やレスリングの選手をしていたそうです。
この曲は当時ベルギーのテクノレーベルだったR&S Recordsから92年にリリースされ、その後93年(これは92年版と同じもの)、ハウスDJのSteve Macとジェイディーの2人組Rhythm Mastersバージョンとして95年、そして今回の97年版は各国で色々な人がリミックスを手掛けた様々なバージョンがリリースされました。中には無許可のホワイトレーベルもあったようです。
更には2003年、2006年、2008年、2011年、20周年である2012年、2016年にも再発しています。このシングルはR&Sで最もヒットし、50万枚くらい売れたそうです。
今回の97年版には、ブンブンサテライツのミックスもあります。そういえばブンブンサテライツはR&S Recordsでのデビューでしたね。この頃はデビュー前後くらいでしょうか。

19  ↓   Cast / Live The Dream
18 N   Mark Morrison / Who's The Mack!

Morrison's 1st single since his release from prison is accompanied by a mini-LP 'Only God Can Judge Me' which swells on the singers turbulent past 6 months.
モリソンの、刑務所からの釈放後第1弾シングルは、ミニアルバム“Only God Can Judge Me”に収められている。このミニアルバムは、彼のこの半年間の激動の日々について語られた内容になっている。
すっかりダーティなイメージが付いてしまったマーク・モリソンですが、釈放されてから初めてのシングルです。
この曲は97年9月半ばにリリースされたOnly God Can Judge MeというEPに収録されたもので、先行シングルとなります。EPといいつつも実際にはフルアルバム並みのボリュームがあるEPで、タイトルの「神だけが俺を裁ける」からわかるように、逮捕から裁判を経て投獄された時の心情が詰まっているのでしょう。

17  ↓   Puff Daddy featuring Faith Evans / I'll Be Missing You
16 N   The Chemical Brothers / Elektrobank

The video to Tom and Ed Chemical's current hit single 'Elektrobank' features Francis Ford Coppola's gymnast daughter.
エドとトム、ケミカル・ブラザースのこの曲のヴィデオには、フランシス・フォード・コッポラの娘、ソフィアが出演している。
ケミカル・ブラザーズの2ndアルバム、Dig Your Own Holeからの3rdシングルです。
このPVはスパイク・ジョーンズ監督の作品で、99年に結婚するソフィア・コッポラは黒レオタードのチームにいます。ソフィア・コッポラは90年代の音楽PVにも結構出演していて、ソニック・ユースやマドンナなどジャンルは関係ないようです。
ケミカル・ブラザーズは12月にアルバムのラスト曲The Private Psychedelic Reel が限定シングルになります。ただしポスターとステッカーをおまけに付けたため、シングル扱いにならずチャートインできませんでした。英国はおまけ付き音源をチャートから除外するルールがあるので、チャートインを狙うなら別バージョンテイクのシングルを同時に出すっぽいです。
この辺りの事情は、97年10月21日付HO HOUに記事が載っていました。

15 N    Snoop Doggy Dogg feat. JD / We Just Wanna Party With You   PVなし

Giving Kool & The Gang's old school dance classic 'Get Down On It' a new image, Snoop's 'We Just Wanna Party' was created for the 'Men In Black' soundtrack.
クール&ザ・ギャングのオールド・スクール・ダンス・ナンバー、“Get Down On it”に新しいイメージを吹き込んだこの曲、“We Just Wanna Party With You”は、映画『Men In Black』のサントラに収録されている。
スヌープ・ドギー・ドッグがプロデューサーのジャーメイン・デュプリ(JD)とコラボした曲で、97年の映画「メン・イン・ブラック」のサントラからのシングルです。
PVはおそらく製作されなかったようで大きなヒットにはなりませんでしたが、英国シングルチャート20位に入りました。

14  ↓   Mariah Carey / Honey
13 N   Sly and Robbie feat. Simply Red / Night Nurse

Originally recorded in the late 1970's by Gregory Isaacs, producers Slt & Robbie get together with Simply Red's Mick Hucknall to reinvent 'Night Nurse'.
この曲のオリジナルは、1970年代にグレゴリー・アイザックによってレコーディングされた。今回プロデューサーのスライ&ロビーが、シンプリー・レッドのミック・ハックネルをフィーチャーして、この“Night Nurse”を再録。
ジャマイカのドラマー・ベーシストコンビであるスライ&ロビーが、ミック・ハックネルをヴォーカルとしてフィーチャリングしたカバー曲です。
この曲は98年リリースになるシンプリー・レッドの5thアルバムBlueに収録されます。このアルバムにはカバー曲が5曲もあり、また96年のシングルAngelを改めて製作し直した楽曲も入っています。

12  ↓   Tina Moore / Never Gonna Let You Go
11 N   Ricky Martin / (Un, Dos, Tres) Maria

After dominating the dancefloors of Europe's discos this summer, Ricky Martin's '(Un, Dos, Tres) Maria' now enters the UK charts at No.11.
この夏ヨーロッパ中のディスコのダンスフロアを席巻したこの曲が、今度はチャートの11位にランクイン。
リッキー・マーティンはこの時代の洋楽に馴染みがある方ならお馴染みのシンガーでしょう。日本では郷ひろみがカバーした「Goldfinger '99」の元ネタLivin' la Vida Locaが最も有名でしょうか。
リッキー・マーティンは12歳でプエルトリコのボーイズグループ、メヌードに加入しデビュー。この際に来日していて、日本のCMやテレビ番組への出演もあったそうです。メヌードは16歳で脱退するルールがあり、1989年に脱退。その後地元でテレビドラマや舞台活動を経て、91年にソロデビューしています。
この曲は95年にリリースされた3rdアルバムA Medio Vivirからのシングルで、シングルは95年にリリースされていました。96年にはヨーロッパのラテン圏でリミックス版の人気が出始め、97年にはヨーロッパを席巻する勢いになっています。特にフランスではシングルチャート1位になる大ヒットになりました。
PVは地元で撮影されたオリジナル版リミックス版、フランスで撮影されたオリジナルとリミックスの4種類あるそうです。今回紹介されたPVはフランスで撮影されたリミックス版です。オリジナルはもっとテンポが遅いです。


ON STAGE
Scarfo / Alkaline
1997年8月22日(金)、Reading Festival '97初日からスカーフォのステージです。同じ映像は発見できませんでした。


NEW RELEASES
Super Furry Animals / Play It Cool   →PVを見る
The Welsh five-piece release 'Play It Cool' one of the more poppy tracks from their recent hit album 'Radiator'.
ウェールズの5人組が、彼らの好評ニューアルバム“Radiator”から、最もポップな曲の一つであるこの“Play it Cool”をリリース。
ウェールズのロックバンド、スーパー・ファーリー・アニマルズの97年8月リリースの2ndアルバムRadiaterからの3rdシングルです。
このPVはメンバー同士でサッカーゲーム「アクチュア・サッカー 2」をプレイ中にヴォーカルのグラフがゲームに入り込む、という内容です。
今週のHO HOUにも記事になっていますが、PVのためにアクチュア・サッカー 1というビデオゲームを使いたいと許可申請したところ、そのゲーム会社がPVに協力を申し出たそうです。
地元ウェールズチームの一員となり、カナリア軍団を打ち倒す様は爽快だったでしょう。

Sleeper / She's A Good Girl

This is Sleeper's first release in a year and a taster from their forthcoming third album 'Pleased To Meet You', which is due out in October.
この曲はスリーパーにとって約1年ぶりの新曲であり、10月にリリースされる彼らのサードアルバム“Pleased To Meet You”からの最初のシングルとなる。
英国のロックバンド、スリーパーの97年10月にリリースされる3rdアルバムPleased to Meet Youからの先行1stシングルです。
スリーパーは前作アルバムからのシングルを全てTop20に送り込みましたが、今回のシングルはチャート28位とあまり振るいませんでした。
アルバムは7位となりそこそこは売れたようですが、フロントマンのルイーズはブリットポップの陰りを感じていたようです。

Oasis / Stand By Me
The 'Stand By Me' single contains exclusive previously unheard b-sides & is lifted from Oasis' UK No.1 album 'Be Here Now'.
この“Stand By Me”はオアシスのUKナンバー1・アルバム、“Be Here Now”からのカットで、B面には未発表曲が収録されている。


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
20  Fleetwood Mac / Dance
19  Sheryl Crow / Sheryl Crow
18  Cornershop / When I Was Born For The 7th Time
17  Chumbawamba / Tubthumper
16  Tanya Donelly / Lovesongs For Underdogs
15  Levellers / Mouth To Mouth
14  Led Zeppelin / Remasters
13  Fun Lovin' Criminals / Come Find Yourself
12  Jamiroquai / Travelling Without Moving
11  Genesis / Calling All Stations
10    The Seahorses / Do It Yourself
  9    Bentley Rhythm Ace / Bentley Rhythm Ace
  8    Shola Ama / Much Love
  7    Roni Size Reprazent / New Forms
  6    The Prodigy / The Fat Of The Land
  5    Travis / Good Feeling  (Tied To The 90's)
  4    Texas / White On Blonde
  3    Mariah Carey / Butterfly
  2    Radiohead / OK Computer
  1    Oasis / Be Here Now  (D'you Know What I Mean?)


REQUEST
The KLF / What Time Is Love

KLFは英国で80年代後半に結成されたテクノ・ハウス系グループです。
メンバーは後に有名ミュージシャンを何人も輩出した70年代のリバプールのパンクバンド、ビッグ・イン・ジャパンのメンバーだったビル・ドラモンドと、後にジ・オーブを結成するジミー・コーディーの二人組です。
1987年時はThe JAMsという名義で主にヒップホップをやっていましたがDisco 2000と名を変え、更に翌年にはThe Timelordsと名義を変えテクノ系へ音楽性が変わりThe KLFとなります。
無断サンプリングは当たり前、意味不明な広告を出したりTV出演でハチャメチャしたりレコードを燃やしたりと、デビューの頃からかなりお騒がせなグループでした。
この曲What Time Is Loveはバージョンがいくつかあって、今回放送されたのはPVからして1990年のLive At Trancentralバージョンだと思われます。他には88年のpure Trance 1、アメリカ向けにギター音を入れたバージョン、エコー&ザ・バニーメンによるリミックスなどもありますが、とにかくバージョンがたくさんあるので探すのは難しいですが聴き比べるのは楽しいです。
グループは92年にNME誌に引退広告を打って解散。とはいいつつ二人はその後も様々な活動をし、話題には事欠きませんでした。
97年には2Kという名義で政治色の強いシングルFuck the Millenniumをリリースしました。更に97年9月17日には復活ライヴを行っています。


SPECIALIST CHART
WORLD ALBUM CHART - TOKYO
1  Mariah Carey / Butterfly
2  Oasis / Be Here Now
3  Elephant Kashimashi / Asuni Mukatte Hashire
4  Puff Daddy And The Family / No Way Out
Ocean Colour Scene / Marchin' Already  (Travellers Tune)


ONES TO WATCH
Future Pilot A.K.A. / We Shall Overcome
Future Pilot AKA is former Soup Dragon Sushil K Dade who recently turned down playing bass for Kylie due to the simple reason that her music doesnt 'touch' him!
フューチャー・パイロットAKAは、元スープ・ドラゴンズのSusil K Dade。彼は、先日カイリー・ミノーグのためにベースを弾かないか、という誘いを、彼女の音楽は彼の「琴線に触れない」という分かり易い理由で断った!
インド系英国人でグラスゴー出身のSushil K. Dadeは、スープ・ドラゴンズ、BMX Banditsなどのメンバーだったアーティストで、Future Pilot A.K.A.という名義で活動を始めたソロミュージシャンです。
楽曲はダブやヒップホップにインド音楽等のテイストがたっぷりで、様々なアーティストとのコラボ作品を多く製作します。
この曲を含めた全編コラボアルバムA Galaxy Of Sound は99年のリリースです。
PVや音源は見つかりませんでしたが、天安門事件の映像などが入った政治的側面の多いものになっていました。

Feeder / High
'High' marks Feeder's first single release since their debut LP 'Polythene' & the CD single format will also include tracks from the band's 1996 mini LP 'Swim'.
この“High”が、彼らのデビューアルバム“Polythene”からのファーストシングルとなる。また、この曲のCDシングルには彼らが1996年にリリースしたミニアルバム“Swim”からの曲も収録されている。

DJ Hurricane / Coast To Coast
Hurricane got his big break in 1986 while working as a bodyguard on a Run DMC tour, the Beastie Boys found themselves without a DJ & Hurricane stood in!
ハリケーンは、1986年、ラン DMCのボディーガードを務めている時に大きな転機に恵まれた。DJのいなかったビースティー・ボーイズに加わり、代役を務めたのだ!


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Smog / The Garage - London, UK  12 October
Radiohead / Ahoy - Rotterdam, Holland  13 October /
 Forest National - Brussels, Belgium  14 October
13日14日のセットリスト

Mouse On Mars / Dingwalls - London, UK  16 October

ASIA
Supergrass / Diamond Hall - Nagoya, Japan  11 October /
 IMP Hall - Osaka, Japan  13 October /
 Blitz - Tokyo, Japan  15/16 October
Veruca Salt / Club Quattro - Nagoya, Japan  12 October /
 Club Quattro - Osaka, Japan  13 October /
 Liquid Room - Tokyo, Japan  15/16 October


FEATURE
Re-Releases
再発特集!

How many acts releasing singles which within twelve month are going to come hurtling back at us again?
幾つの再発レコードが、この12ヶ月間にあなたのハートを再び射止めたのだろうか?

The Wannadies / You And Me Song

There seems to be a growing trend for bands and labels to rehash old releases in the absence of new material, 'You And Me Song' being a classic example.
新しくリリースする素材がないかわりに、古い曲を焼き直して再リリースするというのは、バンドやレコード会社にとって一種の流行のような状態になっている。このワナダイズの“You And Me Song”などは、その好例で、現在までに3回シングル・リリースされている。
ワナダイズはスウェーデンのオルタナティヴロックバンドで、こちらのYou & Me Songは彼らの代表曲になりました。
テロップには3回シングルリリースとありますがこれは英国だけの話で、本国スウェーデンでも94年にリリースされていますので、正確に言えば4回です。更には2004年に10周年記念シングルもリリースされます。
英国で3回リリースされた理由は、1回目が95年に英国進出デビュー、2回目が96年の映画「ロミオ&ジュリエット」で使われ再発、3回目は97年の4thアルバムリリース時のフォローアップです。この曲は3rdと4thアルバムの両方に収録されています。
PVは特に作り替えなかったようで、こちらのものをずっと使っていたようです。

dEUS / Little Arithmetics

Deus' 'Little Arithmetics' narrowly missed on the Top 40 in October and is being re-released in the hope that it might fair better second time around.
デイアスの“Little Arithmetics”は、昨年の10月にリリースされた時は、広範囲で支持されながらも、あと一歩のところでトップ40入りを果たせなかった。
デウスはベルギーのアントワープで91年に結成された、ギターヴォーカルのトム・バーマンを中心とするオルタナティヴロックバンドです。
デウスはベルギーのインディーバンドとして海外メジャーと契約した最初のバンドだったそうで、94年に1stアルバムWorst Case Scenarioはヨーロッパを中心にリリースされ、日本盤も出ていました(歌詞の対邦訳はなかったけど)。日本ではBEAT UKを通して知った方が多いのではないでしょうか。
1stアルバムは緊張感のある尖った作風で、アートロック的な雰囲気もあって好みが別れる感じもしますが、自分は好きなアルバムです。
この曲は96年リリースの2ndアルバム In A Bar, Under The Sea からの2ndシングルです。96年にリリース時は44位で、97年9月リリース時は最高77位ということで成功しませんでしたが、1stよりシンプルになった2ndアルバムはベルギー周辺国を中心としてヒットしています。
現在ではメンバー変遷はあるものの、ベルギーを代表するロックバンドであり続けています。

Kavana / Crazy Chance '97

Written by former Take That member Howard Donald, 'Crazy Chance' was a Top 40 hit for Kavana When it was released in May 1996.
元テイク・ザットのメンバー、ハワード・ドナルドによって書かれたこの曲は1996年の5月にリリースされ、カヴァナにトップ40入りヒットの快挙をもたらした。
カヴァナは本名をAnthony Kavanaghという、マンチェスター出身のポップ系ソロシンガーです。テイク・ザットのマネージャーに発掘され、96年にデビューシングルとしてこの曲をリリースしました。
テイク・ザットのハワードはソロ活動を視野に入れ活動していましたが、この曲もその一環だったのでしょう。結局ソロアーティスト活動は上手くいかず、DJとして活動することになります。
カヴァナは2nd、3rdシングルがチャート8位に入り知名度が上がってきたことで、1stシングルを改めてリリースしたのだと思われます。こういうことはよくあり、たくさんのポップ及びロック系アーティストが同じようなリリース計画をしています。

Chicane With Power Circle / Offshore '97

Chicane's 'Offshore' is now it's second issue with the spurious added bonus of a vocal which didn't appear on the origial!
シケインの“Offshore”の再発盤には、オリジナルには収録されていなかった驚くべき豪華ヴォーカルがフィーチャーされている。
先週回でも紹介しましたが、96年にクラブヒットしたオリジナルのシケインのOffshoreをヴォーカル入りで再発したバージョンです。
オリジナルとは違うバージョンのリリースというのは、クラブ系アーティストではよくあります。自前で作り替えたりリミックスしたりすることもありますし、再発ではなくリリースと同時に別バージョンのシングルを出したり、他の人がリミックスしたバージョンで再発するアーティストもいます。
英国シングルチャートは、96年時に14位、97年時に17位になり、Top20入りを果たしています。

Staxx feat Carol Leeming / Joy

Staxx's 'Joy' has already enjoyed Top 40 status, reaching No.25 in the UK singles chart when it was first released in October 1993.
スタックスの“Joy”は、1993年の10月にリリースされた時、アメリカでトップ40入り、イギリスでは25位にランクインするという快挙を成し遂げた。
こちらも先週回で紹介したスタックスのJoyです。
このシングルの初出は93年で、アメリカでもヒットしています。英国シングルチャートでは93年時に25位、97年時は14位と見事Top20入りを果たしました。


この頃上記に上がった以外では、映画で使われ再発したスニーカー・ピンプスの6 Underground(Spin Spin Sugerも後に再発される)や、96年にリリースされたベントレー・リズム・エースのデビューシングル、Bentleys Gonna Sort You Out!、今週チャートインしたジェイディーのPlastic Dreamsも再発ヒットになっています。
スニーカー・ピンプスは再発時に映画仕様のPVになり、ベントレー・リズム・エースは97年の再発に合わせてPVを製作し、撮影中に骨折したという話がニュースになっていました。ジェイディーは再々発シングルでもあります。


WEBSITE OF THE WEEK
トラヴィスのインタビューは、97年8月12日のAstoria Theatreで行われたBEAT UKイベントの日に行われたようです。

A Life Less Ordinary   映画「普通じゃない」公式サイト
画像が壊れまくりで確認のしようがありませんでした。


TOP 10
10 ↓   Hanson / Where's The Love
 9  ↓   All Saints / I Know Where It's At
 8  N  The Sundays / Summertime

The Sundays will be commencing a series of live gigs in November following the release of their thied long player 'Static And Silence'.
このデュオにとって約5年ぶりのサードアルバム、“Static And Silence”のリリースに合わせて、サンデイズが11月に国内で幾つかの公演を行う。
1988年にブリストルで結成されたザ・サンデイズの3rdアルバム、Static And Silenceが97年9月にリリースされました。この曲は先行1stシングルとなります。
英国シングルチャートでこの曲は15位となり、サンデイズとしてはこれまでのキャリアでの最高位となりました。
サンデイズはこの後年末にかけて英国・アメリカツアーを行いましたが、子育てのために97年いっぱいで活動休止することになりました。現在もバンドとして復活はしていませんが、ハリエットとデヴィッド夫妻は二人で音楽活動を続けています。

 7  N  Boyz II Men / 4 Seasons Of Loneliness

Following a silence of almost 3 years Boyz II Men are now ready for the imminent release of their 3rd LP, produced by the likes of Puffy Combs & Babyface.
約3年にも及ぶ沈黙を破って、ボーイズ・トゥ・メンがサードアルバムをリリースする。このアルバムは、パフィ・コムス、ベイビーフェイスといった面々がプロデュースを担当している。
90年代前半を席巻したアメリカの男性R&Bコーラスグループ、ボーイズ2メンが帰って来ました。
前作の後にリミックスアルバムをリリースしていた彼らですが、これは彼らの意に反することだったようで、レーベルとの関係悪化の後に製作会社を立ち上げ、レーベルを移籍して3rdアルバムEvolutionを97年9月にリリースしました。
このシングルは3rdアルバムからの先行シングルで、アメリカでは1位、英国では10位のヒットになりました。ただ3rdアルバムは前作程のヒットにはならず、アメリカで1位になった彼らの最後のシングルになりました。

 6  ↓   Will Smith / Men In Black
 5  ↓   Chumbawamba / Tubthumping
 4  N  Portishead / All Mine

'All Mine' gives Portishead their first ever Top 10 in the UK, surpassing earlier hits 'Sour Times' and 'Glory Box' which made it to No.13 in 1995.
ポーティスヘッドにとって、今まででチャートの最高位に立ったのが1995年の“Sour Times”の13位だった。そして、この“All Mine”が、彼らにとって初のトップ10入りヒット・シングルとなる。
ブリストルサウンド、トリップホップ、アブストラクト・ヒップホップ、ダウンテンポ…色々と呼び名はありますが、80年代末期から90年代初頭にかけてブリストルで生まれたこのジャンルの代表的存在であるポーティスヘッドの2ndアルバムは、自身の名を冠した力の入ったものになりました。もっとも本人たちはトリップ・ホップという言葉やジャンルには違和感があったそうですが。
この曲は2ndアルバムの先行1stシングルで、グループ最高位となる英国シングルチャート8位になり、アルバムは2位になりました。(販売数はGlory Boxの方が上)
PVは1968年にイタリアでオーケストラの前で歌う少女をフィーチャリングしています。この頃ヴォーカルのベスはマスコミを避けるようになっていたこともあって、ライヴ以外ではあまり姿を見せたくなかったのかも知れません。

 3  ↓   The Verve / The Drugs Don't Work
 2  N  George Michael / You Have Been Loved

George Michael & Elton John go straight in at No.s 2 & 1 this week & coincidentally duetted on the Christmas hit 'Don't Let The Sun Go Down On Me' in 1991.
ジョージ・マイケルとエルトン・ジョンは、今週、初登場第1位に輝いた。これは、1991年のクリスマスにリリースされたデュエット、“Don't Let The Sun Go Down On Me”を彷彿とさせる。
ジョージ・マイケルの96年リリースの3rdアルバム、Olderから最後のカットとなる6thシングルです。このシングルはThe Strangest Thingの再録版と両A面シングルでした。
97年12月にはクリスマスに合わせてアルバムOlderの再発新盤がリリースされ、再録シングルリリースされたStar People '97やThe Strangest Thing '97など、96年版とは違うバージョンの曲が収録されます。
チャートを見てお気づきかも知れませんが、アルバムOlderからシングルカットされた曲は全てTop3以内に入るとんでもない記録になりました。この記録はしばらく破られていませんでしたが、最近では2017年にリリースされたエド・シーランの「÷(ディバイド)」からのシングル4枚全てがTop2以内になっています。


ON STAGE
Stereolab / Miss Modular
1997年8月22日(金)、Reading Festival '97初日からステレオラブの最新シングルを演奏しているステージです。同じ映像は発見できませんでした。


NO.1
        N       Elton John / Something About The Way You Look Tonight... Candle In The Wind 1997

Elton has vowed that his performance at Diana's funeral will be the only live rendition of 'Candle In The Wind '97'.
エルトン・ジョンは、ダイアナ=ウェールズ王妃のために書き直されたこの曲をライヴで演奏するのは、後にも先にも彼女の葬儀の時だけにする、と誓った。
英国のシンガーソングライター、エルトン・ジョンの97年9月リリースの25thアルバムThe Big Pictureからの先行2ndシングルです。
今回のPVはエルトン・ジョンが誰もいない劇場でピアノを弾くSomething About The Way You Look Tonightでした。
この曲はダイアナ元妃を悼み葬儀で歌詞を変えて歌ったCandle In The Wind 1997と両A面シングルであり、シングルリリースと同日に白薔薇ジャケットで収録曲が同じチャリティーシングルを出しました。
このシングルは世界で2番目に売れた(1番目はビング・クロスビーのWhite Christmas)ものとなり、その収益は全てダイアナ元妃が設立した慈善団体に寄付されました。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

リッキー・マーティン
リッキー・マーティン
エピックレコードジャパン
1997-10-22


    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット