1997年9月19日のオンエア情報です。

1997年8月末にダイアナ元皇太子妃が事故で亡くなったことで、音楽業界にも様々な影響が出ていました。
後年にブリットポップのムーブメントが終息した一因に上げられてもいましたが、この頃理由は様々ですがライヴやシングルリリースを延期したり、アルバムタイトルを変更したりと色々あったそうです。

1997年9月16日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
プライマル・スクリーム、ライヴ延期はダイアナと関係なし
ジョン・スクワイア、歌詞書き直し
プロディジーのロンドンギグ、詳細決定


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
緑字の部分は旧公式サイトからの引用です。
日本語黒字の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません…が、時々適当に訳してることもあります。ご了承ください。


BEAT UK  September.19.1997 On Air 
Voice / Neil Fox

OPENING
Janet Jackson / Got, Til It's Gone
The debut single from Janet's forthcoming album 'Velvet Tope' includes a Joni Michell vocal sample & rapping courtesy of A Tribe Called Quest's Q-Tip.
この曲が、ジャネットの次のアルバム“Velvet Rope”からの最初のシングルとなる。このアルバムには、ジョニ・ミッチェルのヴォーカルをサンプリングしたものや、ア・トライブ・コールド・クエストのQ-Tipによる友情参加ラップなどがフィーチャーされている。


TOP 20
20  ↓   Gala / Freed From Desire
19  ↓   Conner Reeves / My Father's Son
18  ↓   Ginuwine / When Doves Cry
17 N   Roni Size Reprazent / Heroes
Following the Mercury Award of their debut album 'New Forms', Roni Size Reprazent have Just completed a UK tour with Primal Scream.
デビューアルバム“New Forms”がマーキュリー音楽賞で大賞に輝いたロニ・サイズとレプラゼント。彼らは、只今プライマル・スクリームのUK国内ツアーをサポート中。
97年度の英国アルバム賞、マーキュリー・ミュージック・プライズにロニ・サイズ&レプラゼントが選ばれたのは予想外だったようです。ノミネート期限が近い1stアルバムリリースだったこともあって話題性と一般層への知名度に欠けるのは否めませんが、投票者は最先端のダンスサウンドにこれからを期待したのだと思います。
ロニ・サイズはブリストル出身のDJ及びプロデューサーで、彼が中心となったバンドのレプラゼントを率いています。バンドメンバーは80年代末期~90年代始めにあったブリストルサウンドのグループFresh 4の元メンバーがいます。
このシングルはマーキュリー賞を獲った1stアルバムNew Formsからの2ndシングルで、英国シングルチャートで31位でしたがダンスチャートでは1位になっています。

16 N   Boris Dlugosch Presents Booom / Hold Your Head Up High
With little chart success but a huge club following with their debut single 'Keep Pushin', Boris Dlugosch returns with 'Hold Your Head Up High'.
デビューシングル“Keep Pushin”がチャートでは僅かながら、クラブでは大ヒットを収めたボリスが、この“Hold Your Head Up”で再び帰ってきた。
ドイツ・ハンブルグを拠点に活動するハウス系DJ・プロデューサーのボリス・ドルゴシュの、Booom名義としての2ndシングルです。
1stシングルのKeep Pushinは96年にクラブヒットしていますが、実際には92年から別名義でもリリースがあるので、新人というわけではありません。
ドイツというとジャーマントランスやテクノの方が目立っているので、彼のハウススタイルはドイツ人としては結構珍しいかもしれません。

15  ↓   Ocean Colour Scene / Travellers Tune
14 N   Staxx feat Carol Leeming / Joy
Originally out October 93 'Joy' made it to No.25, Staxx have now remixed and re-released the track getting them into the Top 20 this time around.
元々1993年の10月にリリースされた“Joy”。最初のリリース時には25位にとどまったが、今回再発されたこのリミックス・ヴァージョンは、堂々20位に食い込んだ。
スタックスはSimon ThorneとTom Jonesによる英国のハウスプロジェクトで、この曲はテロップにある通り93年の再発です。BEAT UKでは93年10月23日回に20位に入っています。
今回はJoy '97というバージョンのようですが、PVは同じものを使っています。

13  ↓   Puff Daddy featuring Faith Evans / I'll Be Missing You
12  ↓   Shola Ama / You're The One I Love
11→    DJ Quicksilver / Free


ON STAGE
The Wannadies / You And Me Song
1997年7月18日(金)、Phoenix Festival '97二日目からワナダイズのステージです。同じ映像は発見できませんでした。


NEW RELEASES
Portishead / All Mine
Portishead are allowing fans the chance to hear a sneak preview of tracks from their 2nd LP at a series of UK screenings of their film 'Portishead Live in New York'.
ポーティスヘッドは最近、こっそり彼らのセカンドアルバムが聴ける、という試聴のチャンスをファンに提供している。そのチャンスとは、彼らのフィルム“Portishead Live In New York”の上映会のこと。

Louise / Arms Around The World
In preparing for next tour ex-Eternal member Louise recently held an open audition throughout the UK for dancers!
次の自分のツアーのため、元エターナルのメンバーだったルイーズが、ロンドンでダンサーの公開オーディションを行った!

The Pixies / Debaser
Their eagerly anticipated new compilation album due out next month 'Death To The Pixies' will span the band's ten year ling career.
長い間発売が待たれていたピクシーズのコンピレーション・アルバム“Death To The Pixies”がいよいよ来月リリースされるが、このコンピでは10年にも及ぶ彼らのキャリアがまんべんなく押さえられている。


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
20  David Holmes / Let's Get Killed
19  Fleetwood Mac / Dance
18  Suede / Coming Up
17  Sheryl Crow / Sheryl Crow
16  Jamiroquai / Travelling Without Moving
15  Mary J Blige / Share My World
14  Roni Size Reprazent / New Forms
13  Meredith Brooks / Blurring The Edges
12  Chumbawamba / Tubthumper
11  Led Zeppelin / Remasters
10    The Seahorses / Do It Yourself
  9    Fun Lovin' Criminals / Come Find Yourself
  8    Stereophonics / Word Gets Around
  7    Levellers / Mouth To Mouth
  6    Shola Ama / Much Love
  5    The Prodigy / The Fat Of The Land
  4    Texas / White On Blonde
  3    Genesis / Calling All Stations  (Congo)
  2    Radiohead / OK Computer
  1    Oasis / Be Here Now  (D'you Know What I Mean?)


REQUEST
My Bloody Valentine / Soon


SPECIALIST CHART
UK R&B SINGLE CHART
1  Will Smith / Men In Black
2  Mariah Carey / Honey
3  Tina Moore / Never Gonna Let You Go
4  Shola Ama / You're The One I Love
5  Puff Daddy featuring Faith Evans / I'll Be Missing You

11  SWV feat Puff Daddy / Someone


ONES TO WATCH
Warm Jets / Hurricane

The much touted Warm jets are vocalist & guitarist Louis Jones, Paul Noble on guitar/keyboards, Colleen Browne on bass/vocals & Ed Grimshaw on drums.
より詳しいウォーム・ジェッツ情報。ウォーム・ジェッツは、ヴォーカル/ギターのルイス・ジョーンズ、ギター/キーボードのポール・ノブル、ベース/ヴォーカルのコリーン・ブラウン、ドラムのエド・グリムショウの4人組。
ウォーム・ジェッツは95年にロンドンで結成されたロックバンドです。デビューは96年で、98年春には1stアルバムがリリースされます。この頃既にアルバムは完成しており、97年9月には日本先行で1stアルバムがリリースされました。
この時日本盤CDの煽り文句として「クラフトワークとロックンロールの融合を図る近未来ポップ・グループ」という長ったらしい文言が書いてありました。バンド名はブライアン・イーノの曲名から取っているとのことで、電子音も積極的に取り入れているようですが、この曲はロック色がかなり強いです。
あとこの頃既に上記のメンバーからベーシストが抜けていたようで、97年秋から日本人女性ベーシストのアキ・シバハラさんが加入しました。
ムック本BEAT UK '98 YEAR BOOKにはアキさんを含めた在英邦人バンドメンバー座談会が掲載されていて、渡英からバンド加入の経緯などの話をされていました。
このシングルのPVは発見できなかったので、ライヴ映像をどうぞ。

Groop Dogdrill / Lovely Skin

The boys from Doncaster are back & have apparently spent the last few months writing new material and getting new tattoos! An LP ia set for release next year.
ドンカスター出身の彼らが帰ってきた!彼らは、この数カ月を新曲作りと新しい入れ墨を彫るのに費やしていたとか。ニューアルバムは、来年初旬にリリースの予定。
英国・ドンカスターで90年代初めに結成されたバンドのグループ・ドッグドリルは、パンク・メタル・ロカビリーの要素を感じさせるハードめなロックバンドです。
このバンドは地元のバンドコンペで優勝したことでデビューの道を歩みます。その後レーベル移籍をし、このシングルをリリースしました。
PVではセクシーな女性の部屋から急にバンド演奏に切り替わる瞬間のギャップが面白過ぎです。出オチではあるけどけどこういうの大好き。その後は普通だけど…
1stアルバムHalf Nelsonは98年4月のリリースになります。

Spring Heel Jack / Hale Bopp
Spring Heel Jack are the UK jungle outfit responsible for the drum'n'bass elements on Everything But The Girl's 'Walking Wounded'.
スプリング・ヒール・ジャックは、UKのジャングル・チームで、エヴリシング・バット・ザ・ガールの“Walking Wounded”にドラムンベース素材を提供した張本人。また、彼らはスピリチュアライズドのUK国内ツアーもサポートする。
スプリング・ヒール・ジャックはアシュレイ・ウェールズとジョン・コクソンによる電子系グループで、93年にロンドンで結成されました。ジョン・コクソンは99年からスピリチュアライズドに加入しこちらと活動を並行して続けていますが、この頃から既に親交があったのですね。
97年9月に4thアルバムBusy Curious Thirstyをリリースし、この曲は2ndシングルになります。日本盤アルバムは11月のリリースでした。
バンドはアルバムリリースのペースが結構早い時があり、年に2枚出したこともあります。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Spiritualized / Civic Hall - Wolverhampton, UK  7 October /
 Pyramid Centre - Portsmouth, UK  8 October /
 University - Bristol, UK  9 October /
 Royal Albert Hall - London, UK  10 October

Mansun / Essex University - Colchester, UK  9 October /
 UEA - Norwich, UK  10 October
Guided By Voices / The Garage - London, UK  8 October

ASIA
Bentley Rhythm Ace / Club Quattro - Tokyo, Japan  4 October
Cast / Liquid Room - Tokyo, Japan  5/6/7 October /
 Club Quattro - nagoya, Japan  9 October /
 Club Quattro - Osaka, Japan  10 October
Dinosaur Jr. / Liquid Room - Tokyo, Japan  9 October /
 Club Quattro - Tokyo, Japan  10 October
9日10日のセットリスト


FEATURE
THE MTV VIDEO MUSIC AWARDS
US MTV アウォード、大賞発表!

British music did well in this year's 14th US MTV Awards with Jamiroquai picking up 4 awards for 'Virtual Insanity' including the prestigious 'Best Video Of The Year'.
ブリティッシュ・ミュージックは、今年の第14回US MTV アウォードで大健闘を収めた。特にジャミロクアイは“Virtual Insanity”のヴィデオで、最優秀ヴィデオ大賞を含む4部門の大賞に輝いた。

1997年9月4日(木)、アメリカ・ニューヨークのRadio City Music HallにおいてMTV Video Music Awardの発表及び授賞式が行われ、アメリカでは生中継でTV放映されました。
この賞はMTVが主催するミュージックビデオ(このアーカイブでいうところのPV)の年間大賞を決定するものです。
1997年度の審査対象になるのは、96年6月17日~97年6月16日までに発表されたミュージックビデオです。

Jamiroquai / Virtual Insanity

1997年度の大賞に選ばれたのはこちらでした。

US MTV Awards Fact File
Jamiroquai and Beck were the main award winners on the night.

Beck picked up 'Best Male Video' amongst others.

Jamiroquai's 'Virtual Insanity' also won the 'Best Special Effects' 'Best Cinematography' and 'Best Breakthrough' video awards.

Elton John announced a $100,000 MTV donation for a memorial fund for Princess Diana and Notorious B.I.G.

The awards become a tribute to the late Princess Diana as artists dedicated their performances to her memory and condemned the media for chasing and harassing celebrities.

US MTV ヴィデオ アウォード * ファイル
ジャミロクアイとベックが、この夜のメイン受賞者に選ばれた。“Virtual Insanity”は、その他に最優秀技術効果賞、最優秀撮影技術賞、最優秀躍進賞に選ばれている。また、“Virtual Insanity”の監督、ジョナサン・グレイザーも最優秀監督賞を受賞。彼は、過去にレディオヘッド、ブラー、マッシヴ・アタックなどのヴィデオを製作している、プロモーション・ヴィデオ専門の監督。
また、エルトン・ジョン・が、MTVは10万ドル(約2千万円)をダイアナ妃の記念基金と、ノートリアスB.I.G.に寄付すると発表した。

Notorious B.I.G. / Hypnotize

Biggie posthumously took the 'Best Rap Video' award for 'Hypnotize', while Puff Daddy & Faith Evans 'I'll Be Missing You' was performed with Sting on vocals.
ノートリアス B.I.G.が、彼の死後にリリースされた“Hypnotize”で最優秀ラップ・ヴィデオ賞を受賞。パフ・ダディとフェイス・エヴァンズが、スティングをゲスト・ヴォーカルに迎えて、“I'll Be Missing You”を演奏した。

Spice Girls / Wannabe

The Spice Girls won 'Best Dance Video Award' and dedicated their live performance of 'Say You'll Be there' to the memory of Princess Diana.
スパイス・ガールズは“Wannnabe”で最優秀ダンス・ヴィデオ賞に選ばれた。また、彼女たちは“Say You'll Be There”を生で披露、このパフォーマンスはダイアナ妃の思い出に捧げられた。

The Prodigy / Breathe

The Prodigy's reported success in America was highlighted by their triumph in the viewer's choice category both in the US & Europe for 'Breathe'.
プロディジーのアメリカ進出は、“Breathe”が、アメリカ及びヨーロッパ双方の視聴者から投票で一位に選ばれたことによって、その頂点を極めた。

その他主な部門では、以下のアーティストが受賞しました。
男性賞:ベック / Devils Haircut
女性賞:ジュエル / You Were Meant for Me
グループ賞:ノー・ダウト / Don't Speak
新人賞:フィオナ・アップル / Sleep to Dream
ロック賞:エアロスミス / Falling in Love (Is Hard on the Knees)
R&B賞:パフ・ダディー ft.フェイス・エヴァンス&112 / I'll Be Missing You
オルタナティヴ賞:サブライム / What I Got
映画賞:ウィル・スミス / Men In Black
ブレイクスルー賞:ジャミロクワイ / Virtual Insanity

世界各国のMTV賞もあります。
MTV Europeノミネートは以下の通りで、上記にある通り受賞者はプロディジーでした。
Daft Punk / Around the World
Jamiroquai / Virtual Insanity
The Prodigy / Breathe
Radiohead / Paranoid Android

ついでにMTV Japanの97年度ノミネートは以下の通りで、受賞者はCharaさんでした。
Air / Hair Do
電気Groove / Shangri-La
スチャダラパー / 大人になっても
The Yellow Monkey / 楽園

各候補者及び受賞者一覧はこちら

ベックはベスト男性ビデオ部門賞を獲得しました。また自身が監督を務めたThe New Pollutionのディレクション部門賞も獲得しています。


このイベントでパフォーマンスをしたアーティストは以下の通りです。
(今週のBEAT UKでは放送されていません)

Puff Daddy (feat. Faith Evans, 112, Mase & Sting)


Marilyn Manson


The Wallflowers (feat. Bruce Springsteen)


Spice Girls


Jewel


Jamiroquai


Lil' Kim & Da Brat & Missy Elliott & Lisa "Left-Eye" Lopes & Angie Martinez


Beck

ベックのこのライヴステージは、バックバンドが滑り落ちながら登場するシーンが印象的だったので、覚えがあります。この動画自体は日本で放送されたもののようです。

U2


The Prodigyのライヴ映像は発見できませんでしたが、受賞コメントがありました。



ミュージックビデオの賞としてジャミロクワイのVirtual Insanityが大賞を受賞したのは、これ以外ないというくらい妥当な采配でしょう。
高度なCG技術や機材を大量に使用する大型ロケではなく、セットの壁を動かして床が動いているように見える視覚効果を巧みに利用したアイデアは、音楽業界のみならず世界中の視聴者の印象に深く残りました。
その印象的なミュージックビデオがあったからこそ、大ヒットはしにくいジャンルであるジャズ系バンドのジャミロクワイは、世界的な有名アーティストになったのでしょう。
日本では2010年にこのPVをオマージュしたインスタントラーメンのCMも作られました。(ただし声は本人ではないらしい)


WEBSITE OF THE WEEK
リンク先は新URLになってからのページです。それ以前のページはアーカイブページの画像が失われていました。


TOP 10
10 N   Finley Quaye / Even After All
Finley releases his eagerly anticipated debut album 'Maverick A Strike' this month, featuring the singles 'Sunday Shining' and 'Even After All'.
フィンリー・クアイがいよいよ待ちに待たれたデビューアルバム、“Maverick A Strike”を今月リリースする。このアルバムには、シングル“Sunday Shining”“Even After All”も収録されている。
スコットランド出身のアーティスト、フィンリー・クエイの1stアルバムMaverick A Strikeのリリースを97年9月に控え、こちらの先行2ndシングルがリリースされました。
先のシングルSunday Shiningはロックに寄った感じでしたが、こちらは自身のルーツミュージックであるレゲエやダブを感じさせます。このシングルは英国シングルチャート10位になり、すぐ後に出た1stアルバムもヒットしました。

 9  ↓   Tina Moore / Never Gonna Let You Go
 8 N   Chicane With Power Circle / Offshore '97
'Offshore' was first released in late 1995 as a purely electronic instrumental, Chicane have now teamed up with Power Circle to put together vocal version.
“Offshore”は元々1996年後半にリリースされた曲だが、その時には純粋なエレクトロニック・インストゥルメンタルだった。今回シケインはパワー・サークルとチームを組んで、この「ヴォーカル」ヴァージョンをリリース。
英国のクラブ系ソロアーティスト、シケインの96年のクラブヒットOffshoreの再発です。
今回はパワーサークルというGraham DearとRichard Sullivanによるグループと一緒にヴォーカル入りバージョンをリリースしました。
97年10月にはシケインの1stアルバムFar from the Maddening Crowdsがリリースされ、現在ではトランスのクラシックとして知られています。

 7  ↓   Mariah Carey / Honey
 6    All Saints / I Know Where It's At
 5 N   Cast / Live The Dream
'Live The Dream' gives Cast their third top ten hit so far this year and continues their 100% strike-rate of reaching the Top 20 with every single released!
キャストは、この“Live The Dream”で今年3曲目のトップ10ヒットを達成した。また、デビューしてからリリースしたシングルが全てトップ20内にチャートインするという記録を、依然として更新中!
リバプールのロックバンド、キャストの2ndアルバムMother Nature Callsからの3rdシングルです。
デビューシングルが95年リリースで、今回がシングルとしては8枚目になりますが、未だ英国シングルチャートで20位以下になったことがありません。むしろ新人バンドで1stシングルがTop20入りしたのは、ブリットポップブームの恩恵があったとはいえ異例だったのです。
フロントマンであるジョン・パワーは元ラーズということもあって、メロディーセンスもそう遠くないキャストはラーズの後継バンドと見られていたのが大きいと言えます。

 4 N   Hanson / Where's The Love

Following their surprise hit 'Mmmbop' which was one of the few debut singles ever to go straight in at No.1, Hanson release 'Where's The Love'.
シングル“MMMbop”が驚くべき大成功を収め、デビューシングルが初登場第1位に輝くという貴重な快挙を成し遂げたハンソンが、この“Where's The Love”をリリース。
一気に時代の寵児バンドとなり、世界的ヒットとなったハンソンのMMMBopの勢いも冷めやらぬ中で、アルバムMiddle of Nowhereからの2ndシングルがこちらです。
個人的にこういった少年声ヴォーカルのアーティストは声変わりしたらどうするんだろう、人気低下と共に学業優先とかいう理由をつけてやめてしまうのでは、と思っていました。
今となってはそんな心配は杞憂でしたが、この頃彼らの非公式自伝が出回ったので、翌年には自分達の公式本を出してベストセラーになったり、ライヴツアーがあるなど忙しくしていたようです。

 3  ↓   Will Smith / Men In Black
 2  ↓   Chumbawamba / Tubthumping


ON STAGE
Fun Lovin' Criminals / King Of New York
1997年7月17日(木)、Phoenix Festival '97初日からファン・ラヴィン・クリミナルズのステージです。同じ映像は発見できませんでした。


NO.1
        N       The Verve / The Drugs Don't Work

The Verve finally achieve their first No.1 single with 'The Drugs Don't Work', topping their recent hit 'Bitter Sweet Symphony' which peaked at No.2.
ザ・ヴァーヴがとうとうこの“Drugs Don't Work”で第1位の快挙を達成。6月にリリースされた一つ前のヒット曲、“Bitter Sweet Symphony”は最高で第2位だった。
ザ・ヴァーヴの3rdアルバムUrban Hymnsのリリースを97年9月末に控え、先行2ndシングルがリリースされました。
ヴァーヴの再結成に伴ってリリースされた先の新曲Bitter Sweet Symphonyで否応なしに期待感が高まり、このシングルはとうとう英国シングルチャート1位になりました。
ヴァーヴの曲としての知名度はBitter Sweet Symphonyの方が有名ですが、名曲の後に出たシングルの方が順位が高いことは時々あることです。それだけ期待値が高いことを示しているとも言えます。
PVでは冒頭でBitter Sweet Symphonyの続きと思われるような感じで、メンバーが通りを歩く様子から始まり、自動販売機でFeelingsを買っています。この辺りはこれまでのヴァーヴファンがニヤリとする小ネタでもあるでしょう。
自販機でFeelingsを買うのは、前作アルバムA Northern SoulのLife's An Oceanという曲にそういう歌詞があって、アルバムジャケットの裏がそんなデザインになっています。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。



    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット