1997年8月22日のオンエア情報です。

1997年の英国では総選挙で労働党が勝利し、トニー・ブレア首相が誕生しました。
彼はロック好きとしても有名で、音楽ニュースにも度々登場しています。
また同時に「クール・ブリタニア」という言葉が使われ始め、英国の都市やカルチャーを盛り上げようとする標語的な役割を担いました。
今日本で言われている「クール・ジャパン」もこれに倣っているのでしょうか。

1997年8月19日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
ブラーのツアー決定
アッシュに女性新メンバー加入
パルプ、映画サントラのカバー集に参加


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
緑字の部分は旧公式サイトからの引用です。
日本語黒字の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません…が、時々適当に訳してることもあります。ご了承ください。


BEAT UK  August.22.1997 On Air 
Voice / Neil Fox

OPENING
George Michael / You Have Been Loved
MTVのアンプラグド・ライヴをレコーディングしたばかりのジョージがこの“You Have Been Loved”をリリース。また彼は、今年の始めにはMTV、ブリット・アウォードの両方から『最優秀ブリティッシュ男性アーティスト』にノミネートされた。


TOP 20
20 N  Robyn / Do You Know (What It Takes?)

ティナ・ターナーのヨーロッパ・ツアーをサポートしたスウェーデンの天才児=ロビンが、アメリカでは既にトップ10入りしている“Do You Know”をリリース。
ロビンはスウェーデンのポップシンガーソングライターで、この頃18歳の若いアーティストです。
両親は俳優で、彼女は9歳から子役として活動している芸能一家です。
10代半ばになり音楽キャリアを始め、95年にデビューアルバムRobyn Is Hereをリリースし、英国でも96年にデビューしました。
この曲は1stアルバムからの3ndシングルで、製作・プロデュースには現在でも超売れっ子のマックス・マーティン(この人はスウェーデン人)が参加しています。

19 ↓   The Mamas & The Papas / California Dreamin'
18 ↓   Levellers / What A Beautiful Day
17 ↓   Boyzone / Picture Of You
16 ↓   Ultra Nate / Free
15 N  The Wildhearts / Anthem

Having recently completed a UK tour British pop/rock band The Wildhearts are now back in the studio to record their eagerly awaited fourth album.
ちょうどUKツアーを終えたばかりのブリティッシュ・ポップ/ロック・バンド=ワイルドハーツが、長いこと熱望されている4枚目のアルバムのレコーディングのため、スタジオ入りした。
英国のロックバンド、ワイルドハーツの新曲です。前年にレーベルを離れてから初めてのシングルになります。
4thアルバムEndless Namelessは97年10月にリリースされるので、この頃はレコーディングも佳境に差し掛かっている頃かも知れません。このシングルもそうですが、4thアルバムはこれまでより若干重ためな作風になっています。
PVを見てもわかりますが、この曲はヴォーカルのジンジャーではなく、ベースのダニーがリードヴォーカルをとっています。
ワイルドハーツは2019年に新作アルバムをリリースし、来日ツアー公演も行いました。その際ジンジャーがステージ上で観客と思われる人ににちょっかいを掛けられて乱闘騒ぎになっていたようで、その様子がYouTubeに上げられていました。

14 ↓   Oasis / D'you Know What I Mean?
13 ↓   Peter Andre / All About Us
12 ↓   Coolio feat. 40 thevz / C U When U Get there
11 N  Olive / Outlaw

Following their successful 'You're Not Alone' is 'Outlaw' the only track Olive have recorded since the re-release of their debut album 'Extra Virdin' in May.
大成功を収めた“You're Not Alone”に続く曲が、この“Outlaw”。この曲は、オリーヴが5月にデビューアルバム“Extra Virgin”を再リリースした後にレコーディングされた、唯一の曲。
オリーブは元シンプリー・レッドのティム・ケレット、DJプロデューサーのロビン・テイラー・ファース、シンガーのルース・アン・ボイルの3人組グループです。
5月には英国シングルチャート及びBEAT UKで1位になったYou're Not Aloneに続くシングルですが、この曲は96年にリリースされたシングルのリミックスとしての再発です。
オリーブは以後英国よりもアメリカでヒットし、Billboardのダンスチャートに登場します。


ON STAGE
Radiohead / Just

1997年7月4日(金)、ユーロケネス'97からレディオヘッドのステージです。Justはラスト曲で、だいたい50:23辺りから始まります。
この日の模様はフルライヴの模様が映像化されています。ジョニー・グリーンウッドのギターに「アタックNo.1」のステッカーが貼ってありますね!(2003年くらいまで貼ってあったらしい)


NEW RELEASES
Teenage Fanclub / I Don't Want Control Of You
Taken from their current album 'Songs From Northern Britain' the Glaswegian quartet have their first post-album release with 'I Don't Control Of You'.
グラスゴーの4人組が、最新アルバム“Songs From Northern Britain”から、リリース後発のシングル・カットを発売。

Foo Fighters / Everlong
The second single from 'The Colour And The Shape' album, the Foo Fighters recently played alongside the Prodigy and Blur at the V97 festival in the UK.
フー・ファイターズがアルバム“The Colour And The Shape”からのセカンドシングルをリリース。彼らは、先日、プロディジーやブラーと共にイギリスで行われたV97フェスティバルに出演した。

The Chemical Brothers / Elektrobank
With huge success both in the UK and in the States, The Chemical Brothers attempt a third consecutive No.1 - a fest only fourteen artists have ever achieved.
UKそしてアメリカでも大成功を収めている彼らが、3曲連続ナンバー1の座を狙っている。この快挙は、現在までに14組のアーティストしか達成していない。


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
20  Alisha's Attic / Alisha Rules The World
19  Billy Ocean / L.I.F.E. — Love Is For Ever
18  Blur / Blur
17  SWV / Release Some Tension  (Someone)
16  Bread / David Gates & Bread Essentials
15  Primal Scream / Vanishing Point
14  Beck / Odelay
13  Pink Floyd / The Piper At The Gates Of Dawn
12  Skunk Anansie / Stoosh
11  Spice Girls / Spice
10    Michael Jackson & Jackson Five / The Best Of
  9    U2 / Pop
  8    Paul Weller / Heavy Soul
  7    Fun Lovin' Criminals / Come Find Yourself
  6    The Seahorses / Do It Yourself
  5    Puff Daddy / No Way Out
  4    Sheryl Crow / Sheryl Crow
  3    Radiohead / OK Computer
  2    The Prodigy / The Fat Of The Land
  1    Texas / White On Blonde  (Halo)


REQUEST
DJ Shadow / Midnight In A Perfect World


SPECIALIST CHART
UK DANCE SINGLE CHART
1  Notorious B.I.G. / Mo Money Mo Problems
2  Lil' Kim / Not Tonight
3  Olive / Outlaw
4  Kym Mazelle / Young Hearts Run Free
5  Stretch' N' Vern presents Maddog / Get Up! Go Insane!

Coldcut / More Beats & pieces


ONES TO WATCH
Cornershop / Brimful Of Asha

Taken from their third album due to be released next month, 'Brimful Of Asha' refers to the renowned Indian film songstress Asha Bhosle.
来月リリースになる彼らのサード・アルバムからのカットとなるこの“Brimful Asha”は、インド映画で有名な歌手、Asha Bhosleについて書かれた曲。
英国のオルタナティブロックバンド、コーナーショップの3rdアルバムWhen I Was Born for the 7th Timeのリリースが97年9月に迫り、先行3rdシングルをリリースしました。
インド映画は歌とダンスで構成される超ミュージカル的な演出が特徴で、日本では98年に公開された「ムトゥ 踊るマハラジャ」で一気に知名度が上がります。インド映画は俳優と歌手が一緒ではなく、表に出ない専門の歌手の歌を俳優がリップシンクする手法を取っています。ここで歌われているashaとは映画専門のシンガー、アシャ・ボスレのことです。
このシングルはコーナーショップの中でも最も有名な曲となり、98年にノーマン・クックがリミックスしたちょっと早いバージョンは更なる大ヒットを飛ばすことになります。
とりあえずこの原曲、遅いバージョンをお聴きください。こんなに遅かったのか~と思うでしょう。

My Life Story / Duchess

My Life Story recently performed at the UK's largest Gay festival 'Pride '97', worshipped by girls and boys alike.  Here is their version of the Stranglers classic...
マイ・ライフ・ストーリーは先日、男の子からも女の子からも支持を得ている、イギリスで一番大きなゲイ・フェスティバル“Pride '97”でプレイした。そして、この曲はストラングラーズの彼ら風ヴァージョン。
英国の大所帯バンド、マイ・ライフ・ストーリーの2ndアルバムThe Golden Mileからの3rdシングルです。
この曲はテロップにあるようにストラングラーズのカバーです。元々はアルバムからYou Can't Uneat The Appleをシングルカットする予定で、プロモ盤及びPVも製作されていたようです。プロモ盤は世間の反応を見るためでもあると思いますが、正式リリースされないことはよくあります。
カバー曲の方が売れる可能性が高いと見たのでしょう。
バンドは2000年に解散していましたが2012年に再結成し、2019年9月6日に19年ぶりとなるアルバム、World Citizenをリリースしました。

Tanya Donelly / Pretty Deep

Formerly of the 'Throwing Muses' and frontwoman of 'Belly', this is Tanya's debut solo single release with an album due out next month.
元スローイング・ミュージーズ、そしてベリーのフロントウーマンだったタニヤ・ドネリーがソロ・デビュー。来月にはソロ・デビューアルバムもリリースされる。
スローイング・ミュージズ、ブリーダーズ、ベリーなどのバンドを経て、オルタナ界における有名女性ミュージシャンとして有名になったタニヤ・ドネリーがソロ活動を始めました。
この曲は2ndEPとしてリリースされたもので、97年8月にリリースされたソロ1stアルバムLovesongs for Underdogsにも収録されます。
彼女は97年9月に英国で行われるインターシティ・クロールにも全日参加し、3都市でライヴを行います。新人というわけではないので、完成されたいいステージだったのではないでしょうか。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Oasis / Specktrum - Oslo, Norway  8 September /
 Globe Arena - Stockholm, Sweden  9 September /
 Forum - Copenhagen, Denmark  10 September
  →8日のセットリスト (他の日も同じセットリスト)

KRS-One / Forum - Lodon, UK  12/13 September
Toni Braxton / Wembley Arena - London, UK  12/13 September

NORTH AMERICA
Wu-Tang Clan / Pacific Notional Exhibition - Vancouver, Canada  11 September

ASIA
The Charlatans / Heat Beat - Osaka, Japan  7 September

3 Colours Red / Club Quattro - Tokyo, Japan  6 September /
 Club Quattro - Osaka, Japan  8 September /
 Club Quattro - Nagoya, Japan  9 September
Supergrass / Diamond Hall - Nagoya, Japan  11 September


FEATURE
INTERCITY CRAWL

インターシティ・クロールの特集です。
1995年・1996年にロンドンのカムデン地区で開催された、ヴェニュー回遊型フェス「カムデン・クロール」が、今回97年度は規模を拡大し「インターシティ・クロール」という名になり、ロンドン・マンチェスター・グラスゴーの英国3都市で開催されます。
96年度はBEAT UKの96年10月11日10月18日回の二週にわたり特集され、またBUK96年12月号では記事として掲載されました。
今回は97年度・事前特集ということで、出演アーティストが紹介されます。

This year's annual Camden Crawl live extravaganza has expanded and will be visiting 3 cities and 16 venues across the UK on 17/18/19 September.
今年の“カムデン・クロール”ライヴ音楽祭は規模を拡大し、UK国内の3つの都市、計16箇所のヴェニューで9月17、18、19日の3日間に渡って繰り広げられる。

Each night features 15 'crawling' artists and 10 exclusive artists to either London. Manchester or Glasgow.
連日15組のアーティストが出演し、各都市によってはその他に計10組の地方限定アーティストが参加する。

Tickets entitle you to entry into all the venues, a free CD featuring some of the bands appearing and a booklet detailing who's playing, where and when!
チケットは当日リストバンドと交換され、これがあればどの参加ヴェニューにも自由に出入りできる。また、参加アーティスト達を収めた無料CDと、何処で何時にどのバンドがやるかが判る、タイムテーブル付きブックレットが貰える。
参加者は8ページのブックレット付CDを無料でもらえたようです。CD自体はジャケット色が赤・青・黄色の3パターンあり、内容は同じです。
チケット代はロンドン15ポンド、その他10ポンドという結構お得なイベントです。

Warm Jets / Never Never

ワーム・ジェッツは全日出演し、各都市を回ります。

BANDS PLAYING AT EACH DATE  全日程・全都市出演アーティスト
Dub Pistols
Groop Dogdrill
The High Fidelity
Lo-Fidelity allstars
Monk & Canatella
Overseer
Silver Sun
Snow Patrol
Tanya Donnelly
Topper
Ultrasound
Warm Jets
Velocette
Vitro
+Special guests


Mouse On Mars / Bib

マウス・オン・マーズはロンドンのみの出演です。

17th SEPTRMBER LONDON CAMDEN
LONDON VENUES  ロンドンの開催場所
Electric Ballroom
Dingwalls
Dublin Castle
The Forum
Monarch
Underworld

BANDS EXCLUSIVE TO LONDON  ロンドン地域限定アーティスト
Carrie
Mouse On Mars
Navigator
Peccadillos
Speak Or Bite Me
Third Eye Foundation
Toaster
Velvia
Wannadies
 +more bands to be announced


Goldblade / Black Elvis

ゴールドブレイドはマンチェスターのみ出演します。

18th SEPTRMBER MANCHESTER
MANCHESTER VENUES  マンチェスターの開催場所
Boardwalk
Canal Bar
Manchester University
Misic Box
Venue

BANDS EXCLUSIVE TO MANCHESTER  マンチェスター地域限定アーティスト
Dust Junkys
Goldblade
Novak
Wannadies
Witchman
 +more bands to be announced

Velocette / Get Yourself Together

ヴェロセットは全日出演し、各都市を回ります。

19th SEPTRMBER GLASGOW
MANCHESTER GLASGOW  グラスゴーの開催場所
Arts School
Cathouse
Garage
Nice & Steazy
King Tuts Wah Wah Hut

BANDS EXCLUSIVE TO GLASGOW  グラスゴー地域限定アーティスト
Arap Strap
Ganger
Magoo
The O More
 +more bands to be announced

出演アーティストは新人が多く、まだレーベル契約を結んでいない面々もいます。ここでいいギグが出来れば認知度が上がり、有名レーベルとの契約を獲得できるかも知れません。
ここではアナウンスされていませんが、シークレットアクトにエコー&バニーメンが出演しました。
情報は当日近くまで秘密だったようですが、英紙インディペンデントの記事によると既に「ゲストはエコー&バニーメンか」と噂になっていたようです。
96年度はBEAT UKのカメラが会場に入りましたが、97年度はそこまでしなかったようです。しかし前年度と同じく人は送ったようで、BUK97年10月号でライヴレポート記事になっています。



WEBSITE OF THE WEEK
Geek   (1999年2月当時。現在のGeek.comだと思われるページ)


TOP 10
10↓   Meredith Brooks / Bitch
 9 N  Lil' Kim / Not Tonight

Raunchy rapper Lil Kim releases 'Not Tonight' taken from both the movie soundtrack to 'Nothing To Lose and her aptly titled album 'Hardcore'.
猥褻ラッパーのリル・キムが“Not Tonight”をリリース。この曲は、映画“Nothing To Lose”のサウンドトラックと、相応しい名前を持つ彼女のアルバム、“Hardcore”の両方に収められている。
リル・キムの1stアルバムHard Coreは性的な歌詞が多いのでわいせつだのギャングスタ・ポルノ・ラッパーなどと言われてしまいましたが、売り上げは伸びて女性ラッパーの成功者になりました。
この曲は1stアルバムからの3rdシングルで、シングルカットはリミックスバージョンになっています。
曲には多くの人がフィーチャリングされ、ダ・ブラット、アンジー・マルティネス、レフト・アイ、ミッシー・エリオットが参加し、またPVにはSWV、メアリーJブライジ、T-Boz等多くのアーティストが参加しています。

 8 ↓    Notorious B.I.G. / Mo Money Mo Problems
 7 ↓    Backstreet Boys / Everybody (Backstreet's Back)
 6 ↓    Texas / Black Eyed Boy
 5 N   Wet Wet Wet / Yesterday

In their tenth year the Wets release this cover of The Beatles 'Yesterday', making this this the fifth cover version of the song to reach the Top 40.
10年目を迎えたウェット・ウェット・ウェットが、ビートルズの“Yesterday”のカバー・ヴァージョンをリリース。これが、この曲のカバー・ヴァージョンとしてトップ40入りした5枚目のシングルとなる。
ウエット・ウエット・ウエットの5thアルバム10からの3rdシングルは、ビートルズの超有名曲カバーです。彼らは1988年にビートルズのカバーでシングルチャート1位になったことがあり、今回もいいチャートアクションになりました。
この後バンドは金銭問題がきっかけとなって解散してしまうので、このシングルが解散前最後のシングルとなっています。

 4 N   Mary J Blige / Everything

Originally a hit for Diana Ross & Marvin Gaye Back in 1974, Mary releases this cover of 'Everything' from her Share My World' album.
この曲のオリジナルは、1974年にダイアナ・ロスとマーヴィン・ゲイのデュエットとして発表された。メアリーのカバー・ヴァージョンは、彼女のアルバム“Share My World”に収められている。
メアリー・J・ブライジの3rdアルバムShare My Worldからの3rdシングルです。
この曲はアメリカのソウルグループ、スタイリティックスの1971年のヒット曲You Are Everythingと、ジェームス・ブラウンの1974年のシングルThe Paybackのサンプリングがベースになった曲です。ダイアナ・ロスとマーヴィン・ゲイのYou Are Everythingはカバーです。
更に坂本九の「上を向いて歩こう」(海外では「Sukiyaki」ですね)の一節も入っているので、権利者の中には作曲者の中村八大の名もあります。
この曲で彼女は英国シングルチャート6位になり、英国では初のTop10入りを果たしました。BEAT UKだけ見てる分にはもっと上位に入っている印象がありますが、例えばメソッドマンが彼女をフィーチャリングした楽曲のヒットもあるので、印象が深いのだろうと思いました。

 3→   Gala / Freed From Desire
 2 ↓    Puff Daddy featuring Faith Evans / I'll Be Missing You


ON STAGE
Jamiroquai / Alright

1997年7月19日(土)、Phoenix Festival '97から二日目のヘッドライナーであるジャミロクワイのステージです。


NO.1
       N     Will Smith / Men In Black

Knocking Puff Daddy and Faith Evans off the top spot is Will Smith's first entrance into the charts since his 1993 Boom! Shake the Room' hit.
パフ・ダディとフェイス・エヴァンズをトップの座から引きずりおろしたウィル・スミスのこの曲は、彼にとって1993年の“Boom! Shake The Room”以来のチャート・イン・ヒット。
アメリカ人ラッパーで俳優のウィル・スミスは、高校生だった1985年に幼馴染とジャジー・ジェフ&フレッシュ・プリンスというラップグループを結成し、翌年にデビューしました。「フレッシュ・プリンス」が彼の芸名です。
音楽で成功するものの税金未納からの資産差し押さえを経て92年からは俳優業も始め、バッド・ボーイズやインディペンデンス・デイなどヒット作に恵まれました。
この曲は彼のソロデビューシングルで、ウィル・スミスがトミー・リー・ジョーンズ(宇宙人ジョーンズのCMでお馴染みですね)と共に主演した映画「メン・イン・ブラック」の主題歌でもあります。
アメリカではシングルリリースされなかったそうですが、英国ではシングルが1位になりました。これはテロップにもある通り、ジャジー・ジェフ&フレッシュ・プリンスの93年のシングルBoom! Shake The Room以来の1位となります。Boom! Shake The RoomはBEAT UKでも93年10月に1位を獲得しています。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

ボーン・フォー・ザ・セブンス・タイム
コーナーショップ
ダブリューイーエー・ジャパン
1997-09-25


    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット