1997年8月1日のオンエア情報です。

今年はサマーソニックのライヴがYou Tubeでやっていて、日本でも観られます。
コーチェラやフジロックのように、4時間くらい巻き戻しても見られる…かと思いきや!
なんと12時間も巻き戻せる素敵仕様になっていました。これは親切!

1997年7月29日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
オアシス、イギリスの夏を席巻!
北国の夏はアッシュにまかせろ!
夢を売ったテイク・ザットの現実は…


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
緑字の部分は旧公式サイトからの引用です。
日本語黒字の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません…が、時々適当に訳してることもあります。ご了承ください。


BEAT UK  August.01.1997 On Air 
Voice / Neil Fox

OPENING
Boyzone / Picture Of You
The B-side of 'Picture Of You' is the previously un-released 'Let The Message Run Free' which the boys performed at the recent Eurovision song contest.
この“Picture Of You”のB面には、先日のユーロヴィジョン・歌謡コンサートで特別に披露された未発表曲、“Let The Message Run Free”が収められている。


TOP 20
20 ↓   911 / The Journey
19 N  Gary Barlow / So Help Me Girl

Take That's former lead singer enters the chart eight places lower than Robbie Williams who also has a single out this week.
元テイクザットのリード・シンガー、ギャリーが、同じく今週シングルをリリースしたロビー・ウィリアムスよりも、8ランク下にチャート・インした。
ゲイリー・バーロウは元テイク・ザットとして最も早くソロデビューし、1年が経ちました。同時期にデビューシングルを出したロビー・ウィリアムズとは世間やマスコミから常に比較され、シングルも同じ時期にリリースするなど対決姿勢の様相を帯びています。
これまでシングルは連続1位になり正統派アイドルとしてのイメージもあって、ゲイリーの方がロビーより評価が高い頃でした。
このシングルは97年5月にリリースされた1stアルバムOpen Roadからの3rdシングルで、最高11位になりました。先の2つのシングルは1位になったのですが、そこから考えると物足りない順位ではあります。

18 N  Bone Thugs-N-Harmony / Look Into My Eyes

Layzie, Krayzie, Wish, Bizzie & Flesh 'N' Bone have previously recorded tracks with the deceased East & West coast rappers Notorious B.I.G. & Tupac Shakur.
レイジー、クレイジー、ウィッシュ、ビジー、フレッシュそしてボーンが帰ってきた。ボーンは過去に、イースト&ウエストのラッパーだった故ノートリアスB.I.G.、2Pacともレコーディングをしている。
97年のグラミー賞では楽曲Tha Crossroadsでベストラップパフォーマンス賞を獲得した、アメリカのハーモニーを利かせたサウンドが特徴のラップグループのボーン・サグスン・ハーモニーの新曲です。
97年7月末に3rdアルバムThe Art of Warをリリースし、この曲はそこからの先行1stシングルです。
英国ではシングル16位でしたが、アメリカではBillboard Hot 100で4位に入りました。この曲は映画バットマン&ロビンのサントラにも入っています。

17 N  Super Furry Animals / The International Language Of Screaming  →PVを見る
Apparently, During a recent tour of Japan, fans world give S.F.A. gifts of alcohol thanks to a Japanese Interviewer portraying the lads as 'alcoholic nutters'!
先日の日本公演で、日本の雑誌がSFAのことを「アルコール中毒のキ印」と書き立てたことによって、日本のファンたちから山のようなお酒のプレゼントを貰ったはず。
ウェールズのオルタナティヴロックバンド、スーパー・ファーリー・アニマルズの2ndアルバムRadiatorからの2ndシングルです。
SFAはメジャーレーベルではなくインディーバンドで(オアシス等と同じクリエイションのバンド)シングルは20位前後のことが多いですが、ヴァージンメガストアのチャートではだいたい20位以内に入って来ます。クリエイションが信頼されてるレーベルであるのと、たぶんヴァージンメガストアでも推してるバンドなのだと思います。

16 ↓   Babyface feat. Stevie Wonder / How Come, How Long
15 ↓   Todd Terry / Something Goin' On   PVなし
14 N  Delirious? / Promise

With 70,000 album sales behind them, vocalist Martin Smith says "if Kula Shaker sing about Eastern religions there's no reason why we can't sing about Christianity".
7万枚のアルバム・セールスの後ろ盾を得て、ヴォーカルのマーティン・スミスは、「クーラ・シェイカーが東洋の宗教について唄っているんだとしたら、僕らがキリスト教について唄ってはいけない、という理由なんてどこにもない筈さ」と語っている。
英国のクリスチャンバンド、Delirious?の97年6月リリースの2ndアルバムKing Of Foolsからの3rdシングルです。バンド名は日本語的に読むと「デリリアス」になるようです。
バンドの経歴は先のシングルDeeperがチャートインした97年5月23日回に書きましたが、英国でクリスチャンバンドがヒットまでするのは非常に珍しいです。ラジオで頻繁にエアプレイされるタイプのバンドではなかったそうですが、それでもヒットしたのは楽曲が良かったからなのでしょう。

13 ↓   R Kelly / Gotham City
12→ The Verve / Bitter Sweet Symphony
11 N  Robbie Williams / Lazy Days

Overcoming drink & drugs & commencing a legal battle with his first solo manager, Robbie still manages to make it into the Top 20 with 'Lazy Days'.
お酒とドラッグを克服し、最初のソロ・マネージャーとの法廷争いを控えながらも、バッド・ボーイ・ロビーが、“Lazy Days”で相変わらずのチャート・インを果たした。
元テイク・ザットの中で最初に脱退したものの、裁判もあってなかなかデビューできなかったロビーは1年前ようやくデビューにこぎつけ、その後もゲイリー・バーロウとのシングル対決やマスコミによる比較合戦などを経て今日に至ります。
この曲はロビーのソロ3rdシングルです。これまではライバルのゲイリーとのシングルリリースは一週のズレがあり、対決と言っても順位対決の話でした。しかし今回はリリースを同週に持ってきて、オアシス・ブラー直接対決のような雰囲気にしたかったのではないかと思うのです。
しかし今回はそこまで盛り上がらず、ゲイリー11位・ロビー8位という結果になりましたが、ロビーは今回初めてゲイリーに勝ったと言えます。


ON STAGE
16 Horsepower / Brimstone Rock
フランスのベルフォートにて開催されたユーロケネス '97からの、シックスティーン・ホースパワーのステージです。番組中では「ベルフォート・フェスティバル」と呼ばれていました。同じ映像は発見できませんでした。


NEW RELEASES
Faith No More / Last Cup Of Sorrow
This is taken from Faith No More's latest cheekily-titled long-player "Album Of The year" which features contributions from new guitarist John Hudson.
フェイスのアルバムからのカットで、ギタリスト、ジョン・ハドソンとのコラボレーションによる曲。フロントマンのパットンは、今でも「イカれた連中や道端の浮浪者、大ボラ吹きの疲れ切ったかたわ者たち」と一緒にいる時こそ、家庭の中にいるような気分になると話している。

Notorious B.I.G. / Mo Money Mo Problems
Without further clues as to who killed Biggie Smalls, the East Coast rapper's label 'Bad Boy' release this single recorded before his untimely death.
ノートリアスB.I.G.ことビッギー・スモールの殺害について何の手がかりもつかめていないまま、この東海岸出身のラッパーが所属していたレーベル‘バッド・ボーイ’が、生前にレコーディングされていたこの曲をリリース。

Paul Weller / Brushed
With a reprimand on the 'Heavy Soul' album cover to all who have put him down, Weller claims 'essentially I don't really see how you could dislike what I do'!
“Heavy Soul”アルバムのカバーに関する非難について、ウェラーは「基本的に、みんなが僕のやっていることをどんな風に嫌ってるかなんてことは僕には判らないよ!」と反論している。


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
20  Michael Jackson / Blood On The Dance Floor
19  Erykah Badu / Baduizm
18  The Charlatans / Tellin' Stories
17  Spice Girls / Spice
16  Sash! / It's My Life - The Album
15  The Brand New Heavies / Shelter
14  Texas / White On Blonde
13  Skunk Anansie / Stoosh
12  Michael Jackson & Jackson Five / The Best Of
11  Beck / Odelay
10    Paradise Lost / One Second
  9    Sheryl Crow / Sheryl Crow
  8    Paul Weller / Heavy Soul
  7    Echo And The Bunnymen / Evergreen  (Nothing Lasts Forever)
  6    No Doubt / Tragic Kingdom
  5    Fun Lovin' Criminals / Come Find Yourself
  4    Radiohead / OK Computer
  3    The Seahorses / Do It Yourself
  2    Primal Scream / Vanishing Point
  1    The Prodigy / The Fat Of The Land  (Breathe)


REQUEST
The Beatles / Fool On The Hill

BEAT UKは英国の音楽番組ではありますが最新の楽曲中心のプログラムのため、再発を除けばFEATUREかリクエストでもないと以前の楽曲は流れません。それもで70年代以前の曲がかかるのはまれです。
英国を代表するロックバンドと言えばこちらのビートルズです。バンド来歴の詳細は皆さまご存知か、そうでなければネットでいくらでも情報が得られるので割愛します。
この曲は1967年にビートルズが製作・主演を務めたTV映画「マジカル・ミステリー・ツアー」の挿入歌に使われたもので、PVもそこからのものです。
ここで使用された楽曲群は2枚組EPとしてリリースされました。アメリカや日本ではLPとしてリリースされ、1987年にはCD化されています。


SPECIALIST CHART
UK INDIE -  SINGLE CHART
1  Oasis / D'You Know What I Mean?
2  Gala / Freed From Desire
3  Coolio featuring 40 Thevz / C U When U Get There
4  R Kelly / Gotham City
5  Super Furry Animals / The International Language Of Screaming

18  Laurent Garnier / Flashback


ONES TO WATCH
Coldcut / More Beats & Pieces

Along with their own chart success, the duo have worked with the likes of INXS and Queen Latifah & also have their own radio show on London's Kiss FM.
チャート内での成功によって、コールドカットはインエクセスやクイーン・ラティファーのような人たちと一緒に仕事をするようになった。また、この才能溢れるデュオはロンドンのキッスFMでも、自分達の番組を持っている。
英国の電子系デュオ、コールドカットの新曲です。毎度実験色が強いものの、どことなく面白みのあるサンプリングを特徴としています。また、このところ流行しつつあるビッグ・ビート元祖的存在のグループでもあります。
前作シングルは色々と付けてしまったためにシングル扱いにはならずチャートインできませんでしたが、今回は37位になり久々のTop40入りになりました。
97年6月始めには自分たちが設立したレーベル、Ninja Tuneから4thアルバムとなるLet Us Play!がリリースされます。アルバムはLP及びCD以外にVHSでもリリースされました。
あとラジオ番組では自分達でDJミックスを行っていたようです。

Arkarna / So Little Time

With a debut album due for release, Arkarna already have a huge following. They raised the root at Brighton Essential Festival & played the main stage Phoenix.
デビューアルバムのリリースを控えて、アーカーナは既に大規模なファン層を身に付けている。彼らはブライトンのエッセンシャル・フェスティバル出演でその突破口を開け、フェニックス・フェスティバルではメインステージに登場した。
ロンドンのエレクトロ・ロックバンド、アーカーナは94年に結成されました。これを含めてシングルを5枚出していますが、既に夏フェスには呼ばれているようです。
このバンドのヴォーカルであるOllie Jacobsは父親がレコーディングスタジオを持っていたため、自身もそこで働いていたそうです。その後自分でも作曲やバンドを始め、ピーター・アンドレのミステリアス・ガールの製作・プロデュースを行っています。
97年8月後半に1stアルバムFresh Meatをリリースし、これからの活躍が期待されます。
またこの曲は後に、アメリカで曲タイトルと同名ドラマのテーマ曲になったそうです。

Belle & Sebastian / Lazy Line Painter Jane

The members of the band first together on a government training scheme where they met, making a record for their music business course.
このバンドのメンバーたちは政府の職業訓練施設で出会い、専門学校のミュージック・ビジネスコース向けのレコードを最初に一緒に作った。
グラスゴーのロックバンド、ベル・アンド・セバスチャン、通称ベルセバの2枚目のEPです。この曲では同郷のシンガー、モニカ・クイーンをフィーチャリングしています。
この頃リリースしている一連のEPはアルバムには収録されていませんが、2000年にこの曲がタイトルになったボックスセットにまとめて収録されることになります。
テロップにある職業訓練の話は日本では信じられないかもしれませんが、英国では職業訓練の一環として音楽プログラムがあります。税金で音楽を教えるのか、という否定的な感覚に陥ることもあるかも知れませんが、それがきっかけで食えるようになるどころか、まれにベルセバのように外貨まで稼いで国に還元することもあるので侮れません。確かスウェーデンにも似たようなプログラムがあります。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Songs & Visions / Wembley Stadium - London, UK  16 August
Rod Stewart / Toni Braxton / Mary J Blige / k.d. lang

V97 / Hylands Park - Chelmsford, UK  16 August /
 Temple Newsam - Leeds, UK  17 August
Blur / kula Shaker / Teenage Fanclub / Pavement
 →ブラーのセットリスト(16日17日
 →クーラ・シェイカーのセットリスト(16日17日

V97 / Temple Newsam - Leeds, UK  16 August /
 THylands Park - Chelmsford, UK  17 August
The Prodigy / Beck / Foo Fighters
 →プロディジーのセットリスト(16日17日
 →ベックのセットリスト(16日17日
 →フー・ファイターズのセットリスト(16日17日

Reading '97 / Rivermead - Reading, UK  22 August
Cast / Stereolab / The Jon Spencer Blues Explosion / 16 Horsepower

U2 / Zeppellinfelst Stadium - Nurnberg, Germany  18 August /
  Expo Gelände - Hannover, Germany  20 August /
 Wembley Stadium - London, UK  22 August
 →U2のセットリスト(18日20日22日

NORTH AMERICA
Lollapalooza / Shoreline Amphitheater - Mountain View, California, USA  16 August /
 Meadows Amphitheater - Irvine, California, USA  17 August
Korn / Tool / Snoop Doggy Dogg / The Prodigy
プロディジーはロラパルーザに参加していましたが、同日V97に出演するため抜けたようです。

ASIA
Reggae Sunsplash '97 / Bayside Square - Tokyo, Japan  16 August
Big Mountain


FEATURE
SPICE GIRLS One Year On

スパイス・ガールズのデビュー1周年特集です。
96年の今頃にスパイス・ガールズがシングルWannabeでデビューし、瞬く間に英国のみならず世界中でとんでもないセールスをあげました。
今回は彼女らの軌跡を振り返ってゆきます。

Spice Girls / Wannabe

This month it will be 12 short months since Posh, Ginger, Scary, Sporty and Baby Spice released their first single, 'Wannabe'...
...in that time they've notched up 14 million album sales of their debut 'Spice', sold 8 million singles & even managed to eclipse the success of Oasis.
今月、ポッシュ/ジンジャー/スカーリー/スポーティ/ベイビー・スパイスたちがファーストシングルをリリースして、ちょうど1年を迎える。現在までに彼女たちは1千4百万枚のアルバム・セールスを記録し、8百万枚のシングル・セールスを達成している。依然としてオアシスの成功が光彩を失うほどの勢いである。
オアシスは人気に裏打ちされたビッグマウスっぷりで、文句言えるアーティストが誰もいなくなる状況でした。
そんな中オアシス以上のセールスを上げたスパイス・ガールズは、1997年度のブリット・アワードで堂々と挑発返しができるアーティストになったのでした。

March 1994 - July 1996
1994年3月~1996年7月8日までの歴史
An ad is placed in the UK magazune 'Stage' posing the question, "are you streetwise, ambitions, didcated?" - 400 girls are auditioned with the intention of creating a female Take That.
イギリスの演劇雑誌「ステージ」に、1本の広告が打たれた---「あなたはストリートワイズですか?野心家ですか?献身的ですか?」。その問いを受けて、400人の女の子たちがガールズ版テイクザットを創り上げるためのオーディションに参加した。

5 girls are chosen and originally named 'Touch', they are: Mel Brown, Mel Chisholm, Victoria Adams, Geri Halliwell & Michelle Stephenson.
最初は、「タッチ」という名の元に、5人の女の子たちが選ばれた---メラニー・ブラウン、メラニー・チスホルム、ビクトリア・アダムス、ゲリ・ハリウェルそしてミシェル・ステファンソン。

Michelle leaves 2 month later and is replaced by Emma Bunton.
The girls change their name to Spice.
ミシェル・ステファンソンは2ヶ月後に脱退し、代わりにエマ・バントンが入って、彼女たちは名前をスパイス・ガールズと改めた。

There manager Simon Fuller alers several recors companies to his new act, but doesn't send out tapes - instead the firls perform live for interested labels.  In September 1995 they sign to Virgin for a reported advance of £2 million.
彼女たちのマネージャーであるサイモン・ヒューラーは、彼の新しいプロジェクトのために、慎重なレコード会社選びを開始。テープをレコード会社に送るかわりに、興味を示してきたレーベルを彼女たちのパフォーマンスに招待した。1995年9月にいよいよヴァージンと契約を交わしたが、この時の契約金は推定で2百万ポンド(約4億円)だったと言われている。

In April '96 the Spice girls take over London's St. Pancras Hotel for the video shoot of their debut single "Wannabe", which is then released on July 8th...
1996年4月、スパイス・ガールズはロンドンのセント・パンクラス・ホテルでファーストシングル“Wannabe”のプロモーション・ヴィデオ撮影を敢行。
1996年7月8日、“Wannabe”が英国内でリリースされる。

Spice Girls / Say You'll Be There

スパイス・ガールズの2ndシングルです。このシングルも1位になり、この後リリースされた1stアルバムも世界的なヒットになりました。

Spice Girls / Who Do You Think You Are

BEAT UKでは3rdシングルとなるクリスマスソングのチャートインが年末年始と被ってしまい1位を逃しましたが(英国シングルチャートではクリスマス週に1位)、4thシングルとなったこちらはBEAT UK及び英国公式チャートで1位になりました。
この曲はMamaと両A面になり、どちらも番組でPVが流れました。


The Present And Future
現在、そして未来
There would seem to be no end to the procession of Spice events and no sign of let-up in the girls' workoad which, followed by 2 weeks off in August, includes recording tracks for their new album suring breaks from filming the £10 million film 'Spice - Movie in London'.
スパイスの快進撃には終わりがないようにさえ見える。8月に2週間のオフを取った後は、当分の間休息さえもなさそう。総制作費1千万ポンド(約20億円)の初主演映画“Spice - The Movie In London”撮影の合間には、ニューアルバムのレコーディングも待ち受けている。

The film is scheduled to open on Boxing Day (26th December) in the UK and will feature 4/5 songs from their second album which is due out in November.
この映画は、英国内ではボクシング・デイ(12月26日)に公開される予定で、11月にリリースされるセカンド・アルバムからも4、5曲がフィーチャーされている。

The next single will be a "pop dance track" and is earmarked for release in October.
次のシングルは「ポップなダンス・チューン」になるとのことで、10月のリリースが予定されている。
新曲は前述の映画でも使用されるSpice Up Your Lifeで、予定通り10月にリリースされます。

N-Tyce / hey DJ! (Play That Song)

It was only matter of time before every other major record label on the planet decided to find their own Spice Girls...
これが、他のレコード・レーベルがこぞって自分達の「スパイス」ガールズたちを発掘しそうなちょうど直前の、正念場かも知れない。

telstar (home Ant & Dec) are putting their money on N-Tyce, while London Records are pinning their hopes on All Saints - watch next week to see their debut!
テルスター(アント&デックのレーベル)はN-Tyceに巨額を投じているし、ロンドン・レコードはAll Saintsに社運を賭けている。来週のプログラムでは、彼女達のデビューシングルをフィーチャー!お見逃しなく!
ひとつのトップがいて、それに似たものが続くのは世の常です。N-Tyceはそこそこの成功でしたが、All Saintsはかなりのヒットグループになりました。
その他には既に人気グループであるエターナルを始め、楽曲製作能力に長けたアリーシャズ・アティック、ステップス、アトミック・キトゥンなどたくさんのグループが続き、アイルランドのB*Witched、デンマークのAqua、ビヨンセがメンバーだったアメリカのディスティニーズ・チャイルドなどが英国でも人気を博しました。


WEBSITE OF THE WEEK
BEAT UK公式サイト(1998年2月当時)
→Reading Festival '97公式サイト
こちらは発見できませんでした。当時はレディング大学のサーバーを使っていたようです。98年度からは独自ドメインを取得していました。


TOP 10
10→ Shaggy feat Marsha / Piece Of My Heart
 9 ↓   Sash! featuring Rodriguez / Ecuador
 8 N  Changing Faces / G.H.E.T.T.O.U.T.

The New York based duo Changing Faces a.k.a. Cassandra Lucas and Charisse Rose release theis US hit which was written mixed and produced by R Kelly.
チェンジング・フェイセスはアメリカ・ニューヨークを拠点に活動する女性二人組です。デビュー前はシビルのバッキングヴォーカルをしていたそうです。
デビューは94年で、R・ケリーがプロデューサー兼楽曲製作を行っています。今回リリースしたシングルもまたR・ケリーのプロデュースでした。英国ではこの時期にシングルが出ていますが、本国アメリカではシングルが4月、2ndアルバムAll Day, All Nightが97年5月末にリリースされヒットしています。

 7 ↓   Michael Jackson / History / Ghosts  (PVはGhosts)
 6   Ultra Nate / Free
 5 N  The Seahorses / Blinded By The Sun

The Seahorses 2nd single was written by vocalist Chris (who was discovered busking in his hometown of York) & is taken from their debut 'Do It Yourself' LP.
ザ・シーホーセスが、デビューアルバム“Do It Yourself”から2枚目のシングルをリリース。この曲は、地元ヨークの街頭でバスキングしていたところをスカウトされた、ヴォーカルのクリス・ヘルムによって書かれている。
1stアルバムの評判・セールスも上々なシーホーセズが2ndシングルをリリースしました。
テロップにあるように、この曲はジョン・スクワイアではなく、ヴォーカルのクリス・ヘルム製作の曲です。元々地元で音楽活動をしていたこともあって楽曲製作能力があり、バンドを解散してもソロで活動できる程です。
今回こちらをシングルカットに選んだのは、ジョン・スクワイアのワンマンバンドではないんですよー、というアピールも含まれていたのではないかと思います。

 4 ↓   Coolio feat. 40 thevz / C U When U Get there
 3→  Gala / Freed From Desire
 2→  Puff Daddy featuring Faith Evans / I'll Be Missing You


ON STAGE
Radiohead / Exit Music (For A Film)

前半と同じユーロケネス '97から、レディオヘッドのステージです。


NO.1
       →     Oasis / D'you Know What I Mean?




ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

LET US PLAY
コールドカット
トイズファクトリー
1997-09-01


    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. BEATUK
    • 2019年08月21日 00:53
    • お久しぶりです。
      アーカイブスは保存されているやつは全て書き残すおつもりですか?
      2000年の5月くらいからビートUKを知ってリアルタイムでした。(青春期)
      00年の映像は無いようですが、ここから03、04年くらいがUK音楽業界の最後の明瞭期だったような気がしています。
      思い出の時期に突入するのでどのような解説を主さんがされるのか密かに楽しみです。
    • 2. びぞ
    • 2019年08月21日 20:07
    • お久しぶりです、コメントありがとうございます!

      手持ちデータは後年になる程抜けが多くなりますが、幸いBEAT UK旧公式サイトに1995年以降の番組データが残っていましたので、そちらを参考&引用しつつ、2002年の最終回まで記録する予定です。
      あと1991年4月からのシングルチャートデータも入手したので、そちらの補完も追々する予定です。

      2000年代突入までまだ時間はかかると思いますが、また適当に見に来てください。
    • 3. BEATUK
    • 2019年08月27日 01:35
    • 返信ありがとうございます。
      なんと完全板を製作するおつもりですか。すごいです。
      ビートUK最終回は3月22日だったと思います。
      その週の1位はウィルヤングのエバーグリーンでした。
      最後の最後に、英語は分かりませんが、今までありがとうのような感謝の
      ナレーターが入って感動したのを覚えています。それと同時に終了の落胆もありました。
      その後はザビートに移行しましたが、それを発見するまでに何ヶ月かかかって
      夜中、偶然に発見した時はそれもそれで感動でした。
      その時はホリーバランスのキスキスが1位だったのを覚えています。
      昨日のことのようで思い出すと懐かしいです。
      大仕事になりそうですが、これからも頑張ってくださいませ。
    • 4. びぞ
    • 2019年08月27日 22:30
    • BEAT UKが終了して自分もガッカリしましたが、しばらくしてTHE BEATが始まりすぐ録画しました。といいつつすぐに録画しなくなってしまいましたが。
      ホリー・バランスのキスキス(これも懐かしい!)が1位だったその回は2002年5月17日で、実はTHE BEATの初回です。運が良かったですね。

      アーカイブ化頑張ります!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット