1997年5月6日のオンエア情報です。

今週は通常の金曜放送ではなく、次週の火曜日に放送されていました。
日付チェックはできていたようですが、残念ながら前半30分しか録画されていませんでした。
97年の新年度からはFEATUREコーナーもある程度補完できるようになりましたが、やっぱり録画データが欲しいところです。

オーストラリアでBEAT UKの放送が始まったそうです。

今週のヘッドライン
オアシスのニューシングル決定
1997年はヴァーヴの年!!
レディオヘッド…OK!


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
緑字の部分は旧公式サイトからの引用です。
日本語黒字の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません…が、時々適当に訳してることもあります。ご了承ください。

今週は録画データが頭から30分のみになっています。ご了承ください。

BEAT UK  May.05.1997 On Air 
Voice / Neil Fox

OPENING
George Michael / Star People
George has notched up over 60 million record sales worldwide, eleven British Ni.1 singles and five No.1 albums in his illustrious 14 year career!
ジョージは、彼の輝ける過去14年間の活動の間に、11枚のUKトップ1シングルと、5枚のトップ1アルバムを達成し、世界中で6千万枚のレコードセールスを記録した。


TOP 20
20 ↓   Supergrass / Richard III
19 ↓   Smoke City / Underwater Love
18 N  KRS One / Step Into A World (Repture's Delight)

The first single from KRS One's forthcoming album 'I Got Next' features R&B newcomers Keva on vocals sampling Blondie's classic 80's hit 'Repure'.
間もなくリリースされる彼のニューアルバム“I Got Next”からのファーストシングル、90年代版ブロンディのカバー“Rapture”には、R&B;界の新星Kevaがヴォーカルとしてフィーチャーされている。
KRS Oneはニューヨーク出身のラッパーで、80年代後半に Boogie Down Productionsというヒップホップグループを創設し、社会派ラップグループとして頭角を現してゆきました。
93年からソロ活動を始め、こちらの曲は97年5月にリリースされる3rdアルバムI Got Nextからの先行2ndシングルです。
アルバムはアメリカのアルバムチャートで3位になるヒットとなり、キャリアの中で最もヒットしたものになっています。

17 ↓   No Doubt / Don't Speak
16 N  The Supernaturals / Smile

The Glaswegian five piece's first recording studio was next to a chicken farm but the power surges as the chickens were killed affected their recordings!
グラスゴーの5人組が、電流を使った養鶏場の隣のスタジオで初めてレコーディングをしたが、曲の途中で、ニワトリが殺され終わるまで待たなければならなかった。というのも、そのニワトリを殺す電流がレコーディング機器に影響を及ぼしてしまったのだ!
グラスゴーのバンド、スーパーナチュラルズの1stアルバムIt Doesn't Matter Anymore が5月5日にリリースされる前に、デビューシングルであるこの曲が再発されました。
この曲はポップなメロディとサビでSmile! と連呼するキャッチーさから、英国を始め国外でもCMソングとして色々なところで使われました。特に英国にはSmile Bankという銀行があり、そこのテーマソング的な曲でもあったようです。
日本でも当時はまあまあ人気のあったバンドで、後にマヨネーズのCMソングにも起用されていました。

15 N  Robert Owens / I'll Be Your Friend   PVなし  →音源を聴く
'I'll Be Your Friend' was originally a UK club anthem six year's ago, and now features up to date remixes from amongst others DJ's Oakenfold and Dekkard.
このシングルは、元々6年前のUKクラブ・ヒットソングでCDシングルにはOakenfoldとDekkardの別のミックスがフィーチャーされている。
現在ではハウス・クラシックであるロバート・オーウェンズのヒットチューンです。
ロバート・オーウェンズはアメリカのオハイオ州の生まれで、1985年にFingers Inc.というシカゴハウス系プロジェクトでデビューします。
この曲はソロとして91年にリリースしたもので、97年に再発されチャートインしました。ソロ名義ではありますが、共作者としてDJプロデューサーのデヴィット・モラレスとサトシ・トミイエの名があります。
英国版の音源はポール・オーケンフォールドのレーベルPerfectoからのリリースで(91年時も)、今回は12インチやCDが2種類ずつくらいのバージョンでリリースされています。

14 N  The Wannadies / Hit

Hailing from Sweden, the conquering heroes of last year's Swedepop invasion return with the latest single from their fourth album 'Bagsy Me'.
北スウェーデンはSkellefteaからやって来た彼らは、昨年UKで起こったスウェーディッシュ・ポップ・ブームの征服王。今回は4枚目のアルバムとなる“Bagsy Me”からの新曲を引っ提げて舞い戻ってきた。
スウェーデンのポップロックバンド、ワナダイズの97年1月にリリースされた4thアルバムBagsy Meからの3rdシングルです。ポップロックと言いつつ歌詞は若干ダークであり、エモだったりするワナダイズは90年代のスウェーデンシーンを牽引するバンドであります。
また97年10月にはアメリカ進出することになり、アルバムBagsy Meを元にしたコンピアルバムでアメリカデビューとなり、増々活躍を広げることになります。
バンドは2009年に解散していましたが、2016年に再結成しています。

13 N  2Pac & Snoop Doggy Dogg / Wanted Dead Or Alive

This is 3rd single to be released since the tragic death of rap star 2Pac, and is taken from the soundtrack to the forthcoming movie 'Gridlock'd'.
これが、ラップスター・2Pacの死後に発表された第2弾シングル。また、この曲はこれから公開になる映画、“Gridlock'd”のサントラにも収められている。
96年9月に2Pacが銃撃され亡くなりましたが、その後彼の別名義マキャベリとしてのアルバムや未発表のシングルがリリースされています。
この曲は97年1月に公開された2Pacとティム・ロスの主演映画Gridlock'd(邦題:グリッドロック)のサントラからのシングルで、スヌープ・ドギー・ドッグをフィーチャリングしています。
サウンドトラックはアメリカのアルバムチャートで初登場1位となるヒットになりました。
映画は1月公開でしたが、2Pacが亡くなる直前に撮影が終了していたので問題はなかったようです。

12 N  Faithless / Reverence

The Trio have just completed successful forty date European tour & will be following it up with a sell out jaunt across South Africa and the USA.
彼ら3人組は、40箇所を回る完売・ヨーロッパツアーを終えたばかり。また、これから同じくチケットが完売している南アフリカ、アメリカツアーに出発する。
フェイスレスの96年リリースの1stアルバムの表題曲で、そこからの3rdシングルになります。
先のシングルInsomniaのヒットによってアルバムチャートは最高26位止まりながら英国のみで最終的に30万枚売れ、リミックス入りの再発盤もリリースされました。
また世界ツアーを行えるレベルになったようで、この辺り伝播力の高いダンスアクトは強いですね。

11 ↓   Orbital / The Saint


ON STAGE
Cornershop / 6AM Jullander Shere

1995年6月20日にロンドンのアストリアで行われたThe BEATのイベントから、コーナーショップのステージです。動画元と曲名が違いますが、放送と同じものでした。


NEW RELEASES
Nas / Affirmative Action
22 year old Nasir Jones' latest release from his 2nd album 'Ti Was Written' includes rhymes from his crew of MC's known collectively as The Firm.
22歳のNasir Jonesのニューシングルは、彼のセカンドアルバム“It Was Written”からのカットで、The Firmの名で知られる、彼のコラボレーターMCによる韻文詩がフィーチャーされている。

The Seahorses / Love Is The Law
The debut album, 'Do It Yourself', from ex - Stone Roses guitarist John Squires latest venture features a track co-written by Liam Gallagher.
元ストーン・ローゼスのギタリスト、ジョン・スクワイヤーの新バンドからのデビューアルバム“Do It Yourself”には、リアム・ギャラガーと共同で作詞作曲された曲が収録されている。

Foo Fighters / Monkey Wrench
The video for this first single from their much anticipated 2nd album 'The Colour and The Shape' was directed by lead singer David Grohl!
彼らのお待ちかねセカンドアルバム“The Colour & The Shape”からのファーストシングルとなるこの曲のプロモーションヴィデオは、デビット・グロール自身の監督による作品!


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
20  Skunk Anansie / Stoosh
19  Jamiroquai / Travelling Without Moving
18  Kula Shaker / K
17  Lisa Stansfield / Lisa Stansfield
16  The Beautiful South / Blue Is The Colour
15  Suede / Coming Up
14  No Doubt / Tragic Kingdom
13  Wet Wet Wet / 10
12  Manic Street Preachers / Everything Must Go
11  U2 / Pop
10    Erykah Badu / Baduizm
  9    Reef / Glow
  8    Mary J Blige / Share My World  (Love Is All We Need)
  7    Blur / Blur
  6    Texas / White On Blonde
  5    Spice Girls / Spice
  4    Fun Lovin' Criminals / Come Find Yourself
  3    The Chemical Brothers / Dig Your Own Hole
  2    Cast / Mother Nature Calls
  1    Depeche Mode / Ultra  (It's No Good)


REQUEST
Underworld / Born Slippy


SPECIALIST CHART
カッコ内)は、放送されたPVです。
WORLD ALBUM CHART - BRUSSELS
1  Depeche Mode / Ultra
Lisa Stansfield / Lisa Stansfield  (The Real Thing)
3  Spice Girls / Spice
4  Toni Braxton / Secret
5  No Doubt / Tragic Kingdom


ONES TO WATCH
Sophia / Are You Happy Now?

Since the demise of his previous band, The God Machine, vocalist Robin Sheppard has set up his own label ' The Flower Shop' working with the likes of Ligament.
前身バンド、ザ・ゴッド・マシーンの消滅後、ヴォーカルだったロビン・シェファードは自らのレーベル‘Lo Recordings’を設立した。このレーベルには、LigamentやElevate、John Tyeらが所属している。
アメリカ出身のメタル色の強いオルタナティヴロックバンドで、英国に渡って活動していたザ・ゴッド・マシーンですが、カルト的人気を誇ったもののメンバーが亡くなり、2ndアルバムをもって実質上解散となりました。
その後ギターヴォーカルのロビンは自身でレコードレーベルThe Flower Shop(日本語解説のLo Recordingsは電子系レーベルです)を立ち上げ、更に自分のバンドSophiaとして活動を始めることになりました。
前身のゴッド・マシーンとは打って変わってアコースティックで内省的な感じの音楽性になりました。このバンドは現在でも継続して活動を続けています。

Terry Edwards And The Scapegoats / Boots Off
様々なインストゥルメンタルを幅広くこなすテリーは、元The Higsonsのオリジナルメンバーで、ニック・ケイヴやラッシュ、ティンダースティックス、ジュリアン・コープなどとのコラボレーションで知られている。

Kenickie / Nightlife
学校の友だちだったロウレン、エミー・ケイト、メアリィからのニューシングルは、彼女たちの待ちに待たれているデビューアルバム、“Kenickie At The Club”からのカット。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Nick Cave & The Bad Seeds / Royal Albert Hall, London, UK  19/20 May /
 Kongressouwa, Warsaw, Poland  22 May
  →19日20日22日のセットリスト

NORTH AMERICA
Metallica / Key Arena Of Seattle Center, Seattle, Washington, USA  20 May /
 General Motors Place, Vancouver, Canada   23 May
  →20日23日のセットリスト

ASIA
Audio Active / LIQUID ROOM, TOKYO, JAPAN     17 May /
 Club Quattro, Osaka, Japan  22 May
Ben Lee / Club Quattro, Tokyo, Japan  17 May
The Roots / Bay Side Jenny, Osaka, Japan  21 May /
  The Bottom Line, Nagoya, Japan   22 May /
  On Air East, Tokyo, Japan  23 May   


FEATURE
SUMMER FESTIVALS GUIDE (PART TWO)

T IN THE PARK
過去3年間、グラスゴー近郊のストラッチクライド・パークで行われていたこのフェスティバルが、新たにより広くてより環境の良いKinrossはBaladoに会場を移して開催される。このフェスティバルには、6つのステージが用意されている。 日程:7月12日/13日
場所:Balado Airfield, Nr. Kinross, Scotland
主な出演者:
(ライヴ)ザ・シャーラタンズ、ジェイムス、ジミ・テナー、ポール ・ウェラー、テキサス、ファン・ラヴィン・クリミナルズ、ザ・シーホーセス、マンサン
(DJ)ダフト・パンク、ローレント・ガルニエ、ナイトメア・オン ・ワックス、アンドリュー・ウェザーオール、 ジェイムス・ラヴェル、ジョン・カーター、カール・コックス

T・イン・ザ・パークは1994~2016年まで毎年7月にスコットランドで開催されていた大型フェスです。「T」はメインスポンサーであるビール会社「テネンツ」の頭文字です。BEAT UKのカメラは入りませんが、毎年英国のTVカメラが入るスコットランドを代表する音楽フェスです。
2007年からは3日間のフェスになり、またアイルランドのオキシゲン・フェスティバルと出演アーティストを連動したフェスでもあります。
97年度は2日間開催で、メインステージのヘッドライナーは、シャーラタンズとポール・ウェラーです。
BUK6月号によるT IN THE PARK解説


こちらは97年のT IN THE PARKに出演したケニッキーのライヴです。ケニッキーはレディング・フェスティバルにも出演します。


PHOENIX FESTIVAL 1997
第5回フェニックス・フェスティバルの主な見どころは、ゴールディのオーガナイズによるメタルヘッズ・サンデー・セッションや、デビット・ボウイ扮する‘ジギー・スターダスト’のステージなど。 日程:7月17日/18日/19日/20日
場所:Long Marston Airfield, Stratford-Apon-Avon
主な出演者:
ブラック・グレープ、ザ・シャーラタンズ、ライトニング・シーズ、ティーンエイジ・ファンクラブ、ベス・オートン、ジャミロクアイ、ラム、デビット・ボウイ、ノー・ダウト、テキサス、スピリチュアライズド、エイフェックス・ツイン、アイザック・ヘイズ、ザ・スペシャルズ、ザ・ゴー・ビトウィーンズなど。

その他のライブ&ダンス・アクトに関しては、順次発表される。

1993年より行われていたフェニックス・フェスティバルは、BEAT UKで毎年カメラを入れていたためON STAGEコーナーでもお馴染みのフェスです。
しかし実情はキャンプスペースがないのと(観光地なので宿泊施設は豊富らしい)音楽以外の催しが乏しかったため、客を集めるのに苦慮していたようです。96年度はメインステージも全て4日開催となり初めてチケットが売り切れましたが、この年休催したグラストンベリーフェスの客が流れてきただけ、という話で根本的な集客問題は解決していません。
残念ながらこのフェスは97年度が最後になってしまいましたが、出演ラインナップは毎年どのフェスにも決して見劣りしない良いものでした。そして最近フェスの復活の計画があるとのことです。(決定はしていない)
97年度メインステージのヘッドライナーは、ブラック・グレープ、シャーラタンズ、ジャミロクワイ、デヴィッド・ボウイです。

こちらはPhoenix Festival '97に出演したティーンエイジ・ファンクラブのステージです。


READING FESTIVAL '97
今年のレディング・フェスティバルも、例年通り8月のバンク・ホリデイ(国民の祝日)に催される。スケートボードの競技場や、壁登り競技などのアトラクションも用意されている! 日程:8月22日/23日/24日
場所:Richfield Avenue, Reading, Berkshire
主な出演者:
スウェード、キャスト、スリーパー、ステレオラブ、ケニッキー、ファウンテンズ・オブ・ウェイン、マニック・ストリート・プリーチャーズ、ザ・ヴァーヴ、イールズ、デス・イン・ヴェガス、ケイク、ジ・オーブ、ザ・レモンヘッズ、スーパー・ファリー・アニマルズ、メタリカ、テラーヴィジョン、エンブレイス、スリー・カラーズ・レッドなどなど

現在でも続いているヨーロッパでは最古級の音楽フェスであるレディング・フェスティバルは、毎年のようにBEAT UKのカメラが入り、ON STAGEでもライヴを楽しむことができています。
この時はラインナップがほぼ出揃っていました。
99年度からは観客が増えたこともあって、リーズ・フェスティバルと出演アーティストを連動させたフェスになりました。
97年度メインステージのヘッドライナーは、スウェード、マニック・ストリート・プリーチャーズ、メタリカです。


こちらはReading Festival '97に出演したジ・オーブのステージです。今回紹介したフェス動画群は、今後BEAT UKでは紹介されないものをセレクトしました。


WEBSITE OF THE WEEK
今週はデータなしです。


TOP 10
10↓   DJ Quicksilver / Bellissima
 9 N  The Lightning Seeds / You Showed Me

イアン・ブロウディとその仲間たちは、5月にリヴァプール・フットボール・クラブ・スタジアムで行われる、ヒルスバラ事件(サッカーの試合中に観客が将棋倒しとなり、多数の死者が出た)犠牲者の遺族のためのチャリティー・コンサートのヘッドライナーを務める。
この曲は1960年代末期にタートルズやバーズがリリースした同名曲カバーで、様々なアーティストがカバーする名曲です。4thアルバムDizzy Heightsから最後のカットとなる4thシングルです。
元曲テイストは残っていますがトリップホップ色の濃い出来になっていて、このバンド何でもできるんだなぁと思わせてくれます。

テロップの「ヒルズバラ事件」は「ヒルズボロの悲劇」とも表記される、1989年4月にリヴァプール対ノッティンガム・フォレストのサッカーの試合中に多数の死傷者を出した事件のことです。97年5月にこの事件を追悼・被害者支援するHillsborough Justice Benefit Concertというチャリティーライヴイベントが行われます。
イベント会場及び被害にあったチームのうちの一つがリヴァプールなので、地元のバンドであるライトニング・シーズがチャリティーコンサートのヘッドライナーなのでしょう。(96年にはサッカーソングのヒットもあるし)
このコンサートには他にもマニックススペースドッジーなど8バンドが出演していました。イベントに関しては今回のデータ冒頭で紹介したHO HOUのマニックスの記事にも情報があります。(記事内にリヴァプール対シェフィールド・ウェンズデイとありますが間違いです。事故現場の会場がシェフィールドでした)

 8 ↓   Blur / Song 2
 7 ↓   The Course / Ready Or Not
 6 N  Blackstreet / Don't Leave Me

2Pacの“I Ain't Mad Atcha”をサンプラーに使った、アメリカR&B;界のリーダー的存在の4人組が、英国内で彼らにとって最大のヒットを成し遂げた。
91年にニューヨークで結成されたテディ・ライリーのいるR&Bグループ、ブラックストリートによる96年リリースのヒットアルバムAnother Levelからの2ndシングルです。アメリカでは1月リリースでしたが、英国ではこの時期にリリースされたようです。
先のドクター・ドレーと一緒にやった大ヒットシングルNo Diggityに続き、こちらのシングルも英国シングルチャートに入って来ました。
グループは日本でも結構人気があり、メンバーの出入りが結構激しく、再結成してからも相変わらずメンバーがあまり安定していないようです。

 5 N  Daft Punk / Around The World

ヨーロッパ凱旋ツアーを終えたばかりの勇敢フレンチ2人組はデペッシュ・モード、ネネ・チェリー、ケミカル・ブラザースガブリエルなどを相手に、目下リミクサーとしての才能を発揮中。
フランスの電子系デュオとして現在では大御所になったダフトパンクの、97年1月にリリースされた1stアルバムHomeworkからの2ndシングルです。ダフトパンクの真の出世作となったこの曲…というかPVがこちらです。
これは凝ったPVで有名なミシェル・ゴンドリー監督の作で、振り付けはダンサーのブランカ・リーが手掛けています。一連のPVよりはお金がかかってない印象もありますが、各々一連の動きが楽しくて何度見ても面白く、地味ともとられてしまうこの曲を非常に印象付ける良PVです。
現在ではロボットになってしまった(という設定の)二人ですが、この頃はまだ顔出しをしています。
先週回でチラッと紹介した雑誌Muzikの表紙で二人の素顔が見られます。

 4    Shola Ama / You Might Need Somebody
 3 N  U2 / Staring At The Sun

彼らのマルチ・ミリオンセラーとなったアルバム、“Pop”からのセカンドシングルCDは、プロデュース・Floodで、クリスティムーアとブライアン・イーノが提供した曲が収められている。
U2の97年3月にリリースされた9thアルバムPopからの2ndシングルです。
4月末からU2の世界ツアーであるポップマート・ツアーが始まり、この頃はアメリカを回っています。この曲はツアーでもほとんど演奏されています。
テロップにある曲とはクリスティー・ムーアのNorth and South of the Riverと、以前ブライアン・イーノとU2がセッションして製作したPassengers名義のYour Blue Roomという曲のことで、後者はシングルによっては入っていないバージョンのものもあります。

 2→   R Kelly / Believe I Can Fly


ON STAGE
今週はデータなしです。おそらく過去に放送したライヴからのセレクトだと思われます。


NO.1
    N    Robbie Williams / Old Before I Die

カリスマ性溢れる23歳の彼は、8ヶ月間チャートを留守にしている間、デビュー・ソロアルバムの曲作りをかねて、マイアミに滞在していた。
ロビー・ウィリアムズの2ndシングルはオリジナルソングとなり、97年9月にリリースされる1stアルバムの1stシングルです。
曲自体は地元(マンチェスター)が同じオアシスの影響を受けているようで、アイドル時代とは違うロックテイストな曲になっています。
このシングルが出た次の週には、元テイク・ザットのゲイリー・バーロウのシングルが出ることになっているので、正統派アイドルのゲイリーとヤンチャなロビーとの比較・対決報道がなされていたのではないでしょうか。
BEAT UKでこの曲は1位になりましたが、英国公式チャートでは最高2位でした。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット