1997年3月21日のオンエア情報です。

他人へのフォローをすっかり忘れ、ラジオと音楽のことを適当にしかつぶやかない自分のツイッターではありますが、最近通知がそこそこ来ていたのです。
何か面白いこと書いた記憶…ないなぁ…と思って見たら、2016年に上げたミニコミ誌Delic編集によるプロディジー初来日告知チラシの件でした。
そうか、キース・フリント関連でこんなものも多少注目されるのかと思うと懐かしく、そして今回の訃報は悲しい出来事でありました。
このブログで3rdアルバムFat Of The Landが登場するのはもう少しだけ先になります。


今週のヘッドライン
マニックスのリッチー発見はガセネタ?
シャーラタンズ、サポートメンバーを入れる
マニックス、スタジアムでギグ


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
緑字の部分は旧公式サイトからの引用です。
日本語黒字の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません…が、時々適当に訳してることもあります。ご了承ください。


BEAT UK  March.21.1997 On Air 
Voice / Neil Fox

TOP 20
20 ↓   No Mercy / Where Do You Go
19 N  Dodgy / Found You

Nigel has revealed how he was almost killed whilst attempting a bungee jump, and now insists he will never try again nearly crushing his skull.
ヴォーカリストのナイジェルが、バンジージャンプに挑戦した時、もう少しで頭を打って死にそうになったことを激白!彼はもう2度とやらないと語っている。
ドッジーの3rdアルバムFree Peace Sweetから、最後の4thシングルカット曲です。
この曲は英国シングルチャートで最高19位に入り、3rdアルバムからのシングルカット曲全てがTop20入りするヒットになりました。
アルバムも英国だけで40万枚売れるなど、ドッジーの大きな飛躍となったのでした。

18 N  3 Colours Red / Sixty Mile Smile

This is not the first musical venture for any of the band - Pate was a member of Diamond Head, Chris was in Forgodsake, Ben was a member of The Senseless Things, while Keith was in Skyclad.
このバンドが彼らにとって最初の音楽キャリアではない。ピートは元ダイアモンド・ヘッドのメンバー、クリスはフォーゴッドセイク、ベンはセンスレス・シングス、キースはスカイクレイドでそれぞれ活動していた。
3カラーズ・レッドの3rdシングルです。この曲はバンドキャリアの中で初めてTop20入りした曲となり、知名度も徐々に上がっている時です。
テロップにある通り、メンバーそれぞれバンド歴があるのでおそらく最初から上手いバンドであり、ライヴ映えもしたと思います。
1stアルバムPureは97年5月のリリースになります。

17 ↓   Robin S / Show Me Love
16 ↓   Republica / Ready To Go
15 ↓   Peter Andre / Natural
14 N  Ant & Dec / Shout

This new single co-written by the cheeky Newcastle television twosome features backing vocals from Erasure's flamboyant frontman Andy Bell.
ニューキャッスルのいたずらっ子テレビスター2人組によって書かれたこの曲には、イレイジャーの華麗なるヴォーカリストアンディ・ベルがコーラスで参加している。
PJ & Duncanから改名したAnt & Decの新曲です。既に3rdアルバムのリリースが97年5月に決まっていて、そちらに収録される先行3rdシングルとなります。
既に落ち目と言われているようですが、一番最初にヒットした94年のシングルLet's Get Ready to Rhumbleからこのシングルまで全てTop20入りしており、またアジア方面での人気、コンビでのテレビ出演もあってまだまだいけそうな感じもします。
あとこの曲はポップロックになっていて、この時代のブリットポップの雰囲気が影響しているのかも知れません。

13 ↓   Blue Boy / Remember Me
12 N  Sneaker Pimps / Spin Spin Sugar

During their recent US tour, the Sneaker Pimps were bombarded with celebrity guests at their gigs, including REM, Wesley Snipes and the Spice Girls.
最近のUSツアー中、スニーカー・ピンプスの面々は、一緒にプレイしたREMやWesley Snipes、スパイス・ガールズなどから彼らの折り返し地点を祝う祝福攻めにあった。
トリップホップ系グループ、スニーカー・ピンプスによる96年の1stアルバムBecoming Xからの4thシングルです。
以前Beat UKのFEATUREではアメリカでヒットしたアーティスト特集が組まれていましたが、このグループも結構ヒットしていて、この曲はBillboard USダンスチャートで2位になっています。
アメリカでのライヴも盛況だったようで97年には春と、夏フェスシーズン後の秋にもアメリカツアーを行うなど精力的な活動を行っています。
この曲は98年にも再発されます。

11 ↓   Foxy Brown featuring Blackstreet / Get Me Home


ON STAGE
Manic Street Preachers / Everything Must Go

1996年7月19日(金)、Phoenix Festival '96二日目からマニック・ストリート・プリーチャーズのステージです。


NEW RELEASES
The Chemical Brothers / Block Rockin' Beats
Tom & Ed return to the fold with this track featuring a sample from 'old skool' hip hop maestro Schoolly D & is taken from their new album, "Dig Your Own Hole".
トムとエドが、彼らのニューアルバム“Dig Your Own Hole”からの、この新曲を引っ提げて帰ってきた。この曲には‘オールド・スクール’ヒップホップの巨匠、Schooly Dのサンプルが使われている。

The Charlatans / North Country Boy
This first single to be released from the Charlatans forthcoming fifth album, "Telling Stories" was recorded a few months before the untimely death of keyboard player & founder member Rob Collins.
間もなく発売になる彼らの5枚目のアルバム“Telling Stories”からの最初のシングルとなるこの曲は、キーボーディストであり初期メンバーであるロブ・コリンズの死の数カ月前にレコーディングされた。

Sheryl Crow / Hard To Make A Stand
After scooping the Best International Female award at the Brit Awards, Sheryl now releases the third single from her self titled second album.
今年のブリット・アワードで最優秀インターナショナル女性ソロ・アーティスト賞を受賞したシェリルが、自分の名前をつけたセカンドアルバムから、この新曲をリリースする。


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
21  Texas / White On Blonde
20  Various Artists / Evita - OST
19  Fun Lovin' Criminals / Come Find Yourself
18  Republica / Republica
17  George Michael / Older
16  Mansun / Attack of the Grey Lantern
15  No Doubt / Tragic Kingdom
14  Jamiroquai / Travelling Without Moving
13  The Bee Gees / The Very Best of the Bee Gees
12  Van Morrison / The Healing game  (The Healing game)
11  Robert Miles / Dreamland
10  Crowded House / Recurring Dream - The Very Best Of
  9  Beck / Odelay
  8  NIck Cave & The Bad Seeds / The Boatmans Call  (Into My Arms)
  7  Kula Shaker / K
  6  Eels / Beautiful Freak
  5    Lighthouse Family / Ocean Drive  (Goodbye Heartbreak)
  4    Spice Girls / Spice
  3    Manic Street Preachers / Everything Must Go
  2    Ocean Colour Scene / B-sides, Seasides and Freerides
  1    U2 / Pop  (Discotheque)


WORLD ALBUM CHART
DUBLIN
U2 / Pop
Manic Street Preachers / Everything Must Go
Ocean Colour Scene / B-sides, Seasides and Freerides
Spice Girls / Spice
Lighthouse Family / Ocean Drive

PARIS
U2 / Pop
Andrea Bocelli / Romanza
Gloria Estefan / Best of Gloria Estefan
NIck Cave & The Bad Seeds / The Boatmans Call
Toni Braxton / Secrets

TOKYO
Mr. Children / Bolero
U2 / Pop
Swing Out Sister / Shapes & Patterns
Yumi Mathtoya / Cowgirl Dreamin'
Mayo Okamoto / Smile

 →1997年3月21日付の世界6か所チャート


REQUEST
Duran Duran / Girls On Film


CHART BREAKERS
Wilco / Outta Mind (Outta Site)

This is the first offering from their 2nd album "Being There" which was written towards the end of the a 200 date tour by-Uncle Tupelo singer Jeff Tweedy.
これがこのアメリカバンドのセカンドアルバム“Being There”からのファーストシングルとなる。この曲は、Uncle Tupeloで有名なシンガー、ジェフ・トゥウィーディーが、200日に及ぶツアーの終わりに向かって書き上げた。
ウィルコは前身バンドを経て94年に結成された、アメリカのシカゴを拠点に活動するオルタナティヴロックバンドです。メンバーチェンジはありますが2019年現在でも活動していて、フジロックでヘッドライナーを務めたこともある日本でも知られているバンドです。
前身バンドはオルタナティブ・カントリー的なサウンドで、ウィルコの95年リリースの1stアルバムA.M.もその流れを汲んだサウンドでした。
この曲は96年10月にリリースされた2枚組の2ndアルバムBeing Thereからの1stシングルとして、97年にリリースされたものです。今作は結構音楽性が変わっていて、サイケポップ的な要素を含んでいます。以後も音楽性はちょこちょこ変わってゆきます。

Fun Lovin' Criminals / King Of New York
When a gig at The Boardwalk in Manchester was delayed for over an hour, singer Huey made it up to the fans by offering them all a free drink at the bar!
彼らのマンチェスター・ボードウォークでのギグは、開演時間が1時間以上も遅れた。そのためファンは、フロントマンHueyの計らいで、ドリンクをタダで飲めた!

Echo Park / Razor Kiss

Echo Park are Tony Willson (DJ Spykid) and Jon Tye, backed by ex-Quickspace singer Wendy Harper on this track due out at the end of April, with the added bonus of a remix from Dom & Roland.
このグループはDJ SpykidことAnthony F. Wilsonと、レコードレーベルを運営しているJon Tyeのコンビです。
この曲はJon TyeのレーベルであるイーストロンドンのLo Recordingsからリリースされたグループのデビューシングルです。元々は同レーベルで96年に出ていたコンピ盤に収録されていた曲で、これを97年にシングルとしてリリースしたものです。
音楽的にはトリップホップにロック要素を入れ込んだもので、この頃流行の兆しのあるビッグビートっぽいかな~と思いきや、ポップ色が薄くてハードなギターを利かせた個性的な音になっています。
98年にはこの曲も収録された1stアルバムがリリースされるのですが、ソニック・ユースのサーストン・ムーアやポストロックバンドMainのロバート・ハンプソンなどがギターで参加するなど意欲的なものになっています。
PVは残念ながら発見できませんでした。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Ben Folds Five / University Bristol, UK  22 March /
 Wulfrun Hall - Wolverhampton, UK  23 March
The Orb / Brixton Academy - London, UK  22 March
Jimi Tenor / Leadmill - Sheffield, UK  22 March /
 King Tut's - Glasgow, UK  23 March /
 Boardwalk - Manchester, UK  24 March /
 100 Club - London, UK  25 March

NORTH AMERICA
Beck / Ryman Auditorium - Nashville, Tennessee, USA  24 March

ASIA
Everything But The Girl / Blitz - Tokyo, Japan  24/25/26 March /
 Diamond Hall - Nagoya, Japan  28 March


FEATURE
NEW LOOK BEAT UK

BEAT UKの新アイキャッチ特集です。

After it's run of six years, the 4th April will finally see the start of the new look Beat UK with the following new graphics & additional sections...
94年6月に現在のアイキャッチに替わってから2年7か月経ちました。
今回97年4月度からは新しいBGMとグラフィック、そして構成やコーナーも変更となります。
テロップには6年ぶり及び4月4日から変更とありますが、4日は放送が休みなので11日からの新構成となります。

19970321_119970321_2
The Beat UK team began filming the sequences for the new graphics on a cold February day at one of London's best known landmark's Big Ben.
ビートUKの撮影チームは、2月にロンドンの有名ランドマークであるビッグベンで新しい映像の撮影を始めました。
手に持っているのは7インチ盤で、両手に持ったり掲げたり中身を出したりしていました。CDでは見栄えしなさそうですしね。
日本では80年代まではシングルといえば7インチ盤でしたが、この頃はほぼ見なくなっていました。せいぜいクラブDJが扱うくらいだったでしょうか。

19970321_319970321_419970321_5
The Beat UK team then moved on to St. James's Park in Westminster, with Buckingham Palace as the backdrop for the New Releases sequence.
その後撮影チームはNEW REREASEコーナーのために、バッキンガム宮殿を背景映像としたウエストミンスターのセントジェームズパークに移動。
こちらでは黒い犬を放して芝生で遊ばせています。かわいい。

19970321_619970321_7
Down At the Astoria Theatre, one of London's best known venue's, we continued filming for the updated look of our extensive World Gig Guide.
更にビートUKではお馴染みの、ロンドンで最も有名なヴェニュー(ライヴ会場)のひとつであるAstoria Theatreへ移動。WORLD GIG GUIDEのための映像を撮影しました。
アストリアの前でジャンプする女性の映像が印象的です。たぶん先の7インチを持ったり犬を連れていたのと同じ女性だと思われます。

19970321_8
There will be additional sections in the programme including an exciting look at The Web Site Of The Week, & a guide to new artist's - One's To Watch.
WEB SITE OF THE WEEK、新アーティストのガイドコーナーのONE TO WATCHなど、番組には追加のコーナーもできることになります。
上の画像はONE TO WATCHで使用され、WEBSITE OF THE WEEKではモニターを持ったおじさまの映像になっています。
その他にも駅で靴ひもを結ぶ映像や、石階段をバックにしたギターなど色々撮影したようです。

19970321_9
97年4月11日以降番組タイトルロゴも変更になり、TV番組表には「be@t」と表記されていました。
2002年の最終回まで約5年間、この時撮影されたアイキャッチが使用されることになります。


OTHER CHART HIGHLIGHTS
INDIE
Luscious Jackson / Naked Eye
Luscious Jackson's third album 'Fever In, Fever Out' includes the vocal talents of N'Dea Davenport of the Brand New Heavies and Emmylou Harris.

DANCE
JT Playaz / Just Playin'
This European quartet have finally releases this huge club hit on independent da ce label Pukka home of dance stars such as Duke & Kelly Llorenna.


TOP 10
10↓   The Source feat. Candi Staton / You Got The Love
 9 ↓   The Bee Gees / Alone
 8 N  Monaco / What Do You Want From Me?

Frontman Peter Hook of New Order & Joy Division fame, claims that had he not been a rock'n'roll star he would have ended up working in a scrap yard!
元ニューオーダー&ジョイ・ディビジョンとして有名なフロントマン・ピーター・フックは、彼はロックンロール・スターになった訳ではなく、ただゴミ置き場で仕事しただけさ!と主張している。
モナコはニュー・オーダー、ジョイ・ディヴィジョンのベーシストであるピーター・フックと、これ以前に1989年に彼が作ったバンドのリヴェンジ解散後に、元メンバーのデヴィッド・ポッツと二人で組んだバンドです。
サウンドはピーター・フック特有のベースを利かせたポップロックサウンドで、97年3月にリリースされたこの曲がデビューシングルになり、1stアルバムMusic for Pleasureは97年6月にリリースされます。
ニュー・オーダーはメンバーが別々に活動し始めると毎度のように解散か…という噂話が来るのですが、この時もバーナード・サムナーがエレクトロニックとして活動しているので、やはり解散の噂が立っていたのでした。

 7 N  Mark Morrison / Moan & Groan

Leicester's soul sensation is currently enjoying chart success across the Atlantic, while releasing his 5th single from "Return Of The Mack" in the UK.
レスター出身のソウル界の風雲児が、彼のデビューアルバム“Return Of The Mack”からの5枚目のシングルをリリース。大陸をもめぐるチャート・ヒットを楽しんでいる。
マーク・モリソンの1stアルバムReturn Of The Mackから最後のシングルカットとなる6thシングル(リミックスも含めれば7thシングル)です。
英国のラッパーとしては珍しくアメリカでもヒットしたアーティストですが、彼はアメリカに住んでいたこともあるそうで、シーンもわかっているのでしょう。
この頃は96年に空気銃を持っていたことによる裁判から始まり、銃関連のトラブルが多くなっていました。

 6 ↓   Eternal / Don't You Love Me
 5 ↓   Sash! / Encore Une Fois
 4 ↓   Kula Shaker / Hush
 3 N  Fugees Featuring A Tribe Called Quest, Busta Rhymes & Forte / Rumble In The Jungle

The Fugees, whose new single is featured on the soundtrack to the new Mohammed Ali biopic "When We Were Kings", recently received Grammy Awards for Best R&B Group and Best Rap Album.
今年のグラミー賞で最優秀R&B;グループ賞と最優秀ラップアルバム賞を獲得した彼らのニューシングルは、モハメッド・アリを描いた新作映画のサントラに収められている。
フージーズ、ア・トライブ・コールド・クエスト、バスタ・ライムス、そしてフージーズの楽曲製作にも関わったプロデューサーのジョン・フォルテが参加したこのシングルは、96年の映画When We Were Kings(邦題:モハメド・アリ かけがえのない日々)のサントラとして使用されています。
以後フージーズは各々ソロ活動を始め、グループは解散することになります。

 2    No Doubt / Don't Speak


ON STAGE
Ash / Lost In You

1996年8月25日(日)、Reading Festival '96三日目からアッシュのステージです。


NO.1
    N     Spice Girls / Mama/Who Do You Think You Are   PVはMama

Mel B, Mel C Emma Victoria & Geri have become the first act in UK chart history to have the first four singles from their debut LP enter straight in at No.1!
スパイス・ガールズは、英国チャート史上初の、デビューアルバムからのシングル4枚が全てが初登場第1位に輝く、という快挙を成し遂げた!
スパイス・ガールズの名を冠した1stアルバムからの4thシングルです。残念ながらBEAT UKでは3rdシングルのクリスマスソングが年末年始放送の関係上1位を逃してしまいましたが、英国シングルチャートでは4枚連続初登場1位となるとんでもない記録になり、絶大な人気アイドルグループになりました。
この曲はWho Do You Think You Areとの両A面シングルで、どちらももPVがNEW REREASEで紹介されましたが、そのうちもう一方もチャートで放映されるかもしれません。
MamaのPVには、メンバーの実の母親が出演しています。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

ビーイング・ゼア
ウィルコ
ワーナーミュージック・ジャパン
2015-01-28


    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット