1996年9月6日のオンエア情報です。

現在の洋楽のヒットチャートは「ゆるいヒップホップ祭り」です。
ロックバンドもシーンにあった曲をやっているグループが上位に入って来ています。
最近韓国のグループBTSがビルボードチャートで上位に入ったことが話題になりましたが、アメリカのシーンに合わせた曲を製作していて研究してるな、と思いました。
今はリリックが文学的過ぎるとダメっぽい。ヒットするのはわかりやすくする必要があるってことか、難しいな。


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
緑字の部分は旧公式サイトからの引用です。
日本語黒字の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません。ご了承ください。


BEAT UK  September.06.1996 On Air 
Voice / Neil Fox

TOP 20
20   Nas / If Ruled The World
19 N The Smashing Pumpkins / Zero
The Pumpkins have replaced their late keyboardist Jonathan Melvoin with the 'Frogs' Dennis Flemion.
彼らは故Jonathan Melvoinの代わりのキーボーディストの'Frogs' Dennis Flemionを連れて残りのツアーをまわる。
スマッシング・パンプキンズの3rdアルバム、Mellon Collie and the Infinite Sadnessからの4thシングルです。
このシングルは、ラストに収録されている曲が様々な曲から集めたメドレーになっていて、20分以上にもなっています。当時ラジオ番組でこのメドレーをフルでかけているのを聴いてすぐ買いに行った思い出があります。ダークで重くてカッコイイ!
テロップにあるジョナサン・メルヴォインですが、ドラッグの過剰摂取で亡くなったらしく、その時ドラマーのジミーが一緒にいたようです。彼も後に薬物問題で脱退してしまいましたが。
このPVの中で、間奏中にピアノを弾いているのがジョナサンです。

18 N Hysteric Ego / Want Love

Hysteric Ego is Rod White, dance music writer, producer and performer and is released with mixes from Brothers Grim.
Hysteric Egoとはダンス・ミュージック・ライター/プロデューサーのRob White。このシングルはBrothers Grimのミックス入り。
このイギリスのハウスプロジェクトは、Craig CampbellとRob Whiteの二人組で、この曲がグループのデビューシングルとなります。
グループは現在でも継続しているようで、2007年にはこの曲のリミックスバージョンがリリースされています。

17   Bone Thugs-n-Harmony / Tha Crossroads
16 N Junior Vasquez / If Madonna Calls

Junior was inspired to write this song after his good friend Madonna left a message for him on his answer machine.
この曲は彼の友人のMadonnaが彼に残した留守伝を元に作った曲。
アメリカのDJプロデューサー、ジュニア・ヴァスケスがマドンナからかかってきた留守番電話をサンプリングに使用した曲です。
これは無断サンプリングだったので、友人だったマドンナが非常に怒って、以後彼との友情は終了し、彼との仕事は一切しなくなってしまいました。
後にマドンナの別の曲をファッションショーのためのみにリミックスしたこともあるようですが、こちらはリリースしようとしたところマドンナ側によって止められている徹底ぶりです。

15   Dodgy / Good Enough
14 N De'lacy / That Look

De'lacy second single 'That Look', was written and produced by the legendary New Jersey duo 'Blaze'.
95年にリリースした1stシングルがヒットし、満を持して2ndシングルをリリースしてきたDe'lacy。以後はメンバーが脱退し3人編成になり、2001年以降は新曲もリリースしていないようですが、一応解散はせず現在でも活動しているとのこと。それ以外にも各々別に活動しているようです。

13   Los Del Rio / Macarena
12→ Underworld / Born Slippy
11→ Bryan Adams / Let's Make A Night To Remember


ON STAGE
Suede / Lazy

1996年7月28日のPOP STOCK '96から、大トリのスウェードのステージです。


NEW RELEASES
Fugees / Ready or Not
'Ready or Not' follows 'Killing Me Softly' which currently holds the title of best selling single of '96.
今回公式サイトでこちらの説明はありませんでした。

Kula Shaker / Hey Dude
Kula Shaker were recently personally chosen by Noel Gallagher to support Oasis at Knebworth last month.
Kula Shakerは、Knebworthでのプレイを観ていたNoel直々にOasisのサポートバンドに選ばれた。

MN8 / Tuff Act To Follow

British born KG, G-Man, Dee-Tails, Kule-T, aka MN8, are back with a new album titled "Freaky".
英国の4人組のMN8が新しいアルバム“Freaky”とこのシングルでカムバック。
R&B系ポップグループMN8の新作がリリースされました。2ndアルバムFreakyもリリースされ順風満帆と行きたいところですが、シングルはそこそこいいのですが、2ndアルバムはチャートに入らなくなり、人気に陰りが見え始めています。
97年以降新作はリリースされておらず、99年以降活動休止してしまいましたが、メンバーのG-Manによると、「現在でもMN8として活動することができて、作品もある」とのことなので、機会があればまたグループの姿を見る機会があるかも知れません。


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
21  Beck / Odelay  (Where It's At)
20  Underworld / Second Toughest In The Infants
19  Celine Dion / Falling Into You
18  The Who / My Generation: The Very Best of The Who
17  Sleeper / The It Girl
16  Oasis / Definitely Maybe
15  Cast / All Change
14  Gabage / Gabage
13  The Smurfs / The Smurfs Go Pop!  (I've Got A Little Puppy)
12  Fugees / The Score
11  Neil Diamond / The Ultimate Collection
10  Ash / 1977
  9  The Levellers / Best Live: Headlights, White Lines, Black Tar Rivers
  8  George Michael / Older
  7  Dodgy / Free Peace Sweet
  6  Manic Street Preachers / Everything Must Go
  5    Pulp / Different Class  (Common People)
  4    Oasis / (What's The Story?) Morning Glory
  3    Crowded House / Recurring Dream
  2    Ocean Colour Scene / Moseley Shoals
  1    Alanis Morissette / Jagged Little Pill  (You Oughta Know)


WORLD ALBUM CHART
AMSTERDAM
Pearl Jam / No Code
Alanis Morissette / Jagged Little Pill
Toni Braxton / Secrets
Fugees / The Score
Bette Midler / Experience The Divine: Greatest Hits

DUBLIN
Alanis Morissette / Jagged Little Pill
Oasis / (What's The Story?) Morning Glory
Various Artists / Trainspotting OST
Ocean Colour Scene / Moseley Shoals
Crowded House / Recurring Dream

TOKYO
The Cardigans / First Band On The Moon
Los Del Rio / Fiesta Macarena
Deni Hines / Imagination
Southern All Stars / Young Love
Toni Braxton / Secrets

 →96年9月9日付の世界7か所チャート


REQUEST
James / Sit Down - '91 version


CHART BREAKERS
Kenickie / Punka

Taking their name from a character in the movie 'Grease', the band have just signed to Bob Stanley's new label.
Kenickieという名前は映画“Grease”のキャラクターからとったもの。彼らはBob Stanleyの新しいレーベルと最近契約を交わした。
ケニッキーはイギリスのサンダーランドのバンドで、ポップパンクなロックバンドです。
結成は94年で、最初はクリエイションと交渉をしていたそうですが契約には至らず、EMIのA&R経験もあるセイント・エティエンヌのボブが作ったEMI系列のレーベルEMIDiscと契約し、こちらがリリースされています。

Moonshake / Cranes
This is the first single from London's Moonshake since 1994 and their departure from Too Pure records.
ロンドン出身のMoonshakeの、Pure Recordsを94年に離れて以来初のシングル。

Sparklehorse / Rainmaker
Their singer has been recovering from a freak accident which has prevented Sparklehorse from touring until now.
シンガーが事故から回復したため、彼らは初めてのツアーに出かけている。
マーク・リンカスの足は良くなったようですね。よかったよかった。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Tina Turner / New Amsterdam Arena - Amsterdam, Holland  6/7 September
  →6日のセットリスト  (7日も同じ、8日も同会場で公演あり)

David Holmes / Voodoo - Liverpool, UK  7 September
The Frank & Walters / Olympia - Dublin, Ireland  10 September
Drugstore / Crossing Border Festival - Den Haag, Holland  13 September

NORTH AMERICA
Soul Coughing / Black Cat - Washington DC, USA  7 September
George Clinton / Blockbuster Pavilion - Charlotte, North Carolina, USA  8 September
kd lang / Ryman Auditorium - Nashville, Tennessee, USA  8 September
Sting / C.W. Mitchell Pavilion - Woodlands, Texas, USA  8 September

Oasis / Independence Arena - Charlotte, North Carolina, USA  11 September
 こちらの公演は行われていない可能性があるようです。

ASIA
60ft Dolls / Club Quattro - Tokyo, Japan  11/12 September


FEATURE
MERCURY MUSIC PRIZE '96 NOMINEETS

The UK's Mercury Music Prize, now in it's 5th year, was set up to celevrate the best in British and Irish music.
The shortlist was picked from a record entry of over 140 albums. Here's a look at the chosen few...

音楽アルバムの祭典、マーキュリー・ミュージック・プライズ 1996の特集です。
1992年から始まった音楽アルバムの賞であるマーキュリー・プライズは96年度で5年目になり、8月には96年度のノミネートアルバムが発表されました。
賞の決定は9月になりますが、96年度のBEAT UKにおけるFEATUREコーナーでは、マーキュリー・プライズの結果発表特集回が今後ありませんので、今回はノミネートアルバムと同時に、受賞アルバムも独自に紹介します。
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。

  Mark Morrison / Return Of The Mack  (Return Of The Mack)
  Black Grape / It's Great When You're Straght... Yeah!  (Kelly's Heroes)
  Underworld / Second Toughest In The Infants  (Pearl's Girl)
  Pulp / Different Class  (Disco 2000)
  Manic Street Preachers / Everything Must Go  (A Design For Life)
  Various Artists / Help - Artists For War Child  (Radiohed / Lucky)
Oasis / (What's The Story?) Morning Glory  (Wonderwall)

OTHER NOMINEETS
以下のPV等は放送されませんでしたが、こちらもノミネートされています。
  Sir Peter Maxwell Davies - "The Beltane Fire & Caroline Mathilde"
(one of British's most influential composers)

  Norma Waterson - "Norma Waterson" (English fork singer)

  Courtney Pine - "Modern Day Jazz Stories"  (Virtuoso saxophonist)

Last year's winner was Portishead with "Dummy", this year's will be announced in London next week.


1996 WINNER
  Pulp / Different Class


こちらはBBC2で1996年9月10日に放送された、マーキュリー・プライズの会場Grosvenor House Hotelの様子です。(こちらはBEAT UKでは今後も放送されません)
イベントでは以下のライヴパフォーマンスなども放送されました。生放送ではないので、(カッコ)なしのものはフル演奏で、それ以外は一部のみの放送でした。
 Pulp / Bar Italia
 Oasis / Some Might Say  (at Maine Road, Manchester, England、96/4/26 or 27、冒頭のみ)
 Norma Waterson / There Ain't No Sweet Man
 BBC Philharmonic / Extract from: The Beltane Fire
 Underworld / Pearl's Girl  (PV、冒頭のみ)
 Black Grape / Reverend Black Grape  (一部)
 Manic Street Preachers / A Design For Life  (一部)
 Courtney Pine / The 37th Chamber
 Tony Crean, Co-orgniser, Help Album  (インタビュー、BGMはRadioheadのLucky)
 Mark Morrison / Return Of The Mack

受賞の審査は結構長引いたようで、パルプとフォークシンガーのノーマ・ウォーターソンが最終候補に挙がっていたようです。
受賞したパルプのジャーヴィスはステージ上のコメントの中で、「今夜はここで新しい音楽賞、"The Pulp Music Award" の受賞を発表します」と発言し、チャリティーアルバムであるHelp - Artists For War Childのプロデューサー、ブライアン・イーノとトニー・クレーンを舞台上に呼び、マーキュリー賞の賞金にパルプが2万ポンドプラスした2万5千ポンドを授与するという、粋なパフォーマンスを行いました。

イベント直前にオアシスのノエルがインタビューされていて、「マーキュリー賞に受賞しなきゃならない」などと発言しているなど自信が伺えましたが,、オアシスは受賞を逃しました。


ON STAGE
The Prodigy / Poison

1996年7月18日(木)、Phoenix Festival '96からのステージです。96年度はメインステージも4日間開催になっています。プロディジーは翌19日のサブステージにも登場していましたが、映像からすると木曜のメインステージのようです。


OTHER CHART HIGHLIGHTS
HOUSE
Mother / All Funked Up
This classic house tune has been re-released featuring vocals from Primal Scream's Denise Johnson.

INDIE
Octopus / Saved
Scottish psychedelic popsters Octopus will be coming to Japan for the second time this year in November.


TOP 10
10  Pet Shop Boys / Se a vida é (That's the Way Life Is)
 9→ OMC / How Bizarre
 8 N Louise / Undivided Love

At the tender age of 21, Louise releases her 4th single, taken from her top 20 debut solo LP 'Naked'.
トップ20入りしたデビューアルバム“Naked”からの4枚目のシングル。彼女は21才という若さ。
元エターナル、という肩書がもう必要ないくらいソロでも活躍しているルイーズの4thシングルです。
1stアルバムNakedは評論家受けがいまいちだった割には結構売れているので、脱退して正解だったようです。今後の活躍が楽しみです。

 7 N Shed Seven / On Standby

When shooting this video Rick Witter found the experience of being locked in a prison cell extremely unnerving!
シェッド・セヴンの2ndアルバムA Maximum Highからの最後の5thシングルです。前作アルバムは新人バンドっぽい荒っぽさもありましたが、今作はブリットポップシーンに合致したサウンドとなり、1996年はトップ20に3曲を送り込むとても人気のあるバンドに成長しました。
デビュー時のライバルだったオアシスを始め、シェッド・セヴンなどのブリットポップバンドのピークがこの時期だったのではないでしょうか。
今回公式サイトでこちらの日本語説明がありませんでした。

 6   Backstreet Boys / We've Got It Goin' On
 5   3T feat. Michael Jackson / Why?
 4   Spice Girls / Wannabe
 3 N REM / E-Bow The Letter

REM have just signed the biggest record deal in history with Warner Brothers for a reported £53 million.
REMは史上最高金額のレコード・ディールをワーナーと交わした。53000000ポンドだとか。
REMの96年9月にリリースされる10thアルバム、New Adventures in Hi-Fiの先行シングルです。8月にはテロップにもありますが、ワーナーと高額契約を交わしています。
この曲のタイトルになっているE-Bowとは、主にエレキギター演奏で使用される機器で、このPV中でもピーター・バックが使用しているのが見られます。
この曲はパティ・スミスがバッキングヴォーカルを務めていて、ライヴではこのパートをトム・ヨークが務めたこともあるそうです。

 2 N Jamiroquai / Virtual Insanity

This is their highest UK chart entry ever and is taken from the brand new LP 'Travelling Without Moving'.
最新作のLP“Travelling Without Moving”からのテイク。彼らの初登場順位で最高のエントリーとなった。
ジャミロクワイというと、まずこの曲とPVが思い出される程有名な、バンドの代表曲です。
3rdアルバムTravelling Without Movingの先行シングルで、アルバムは8月末に日本先行発売でリリースされ、イギリスでは9月9日にリリースされます。このアルバムは、アシッドジャズやファンクのジャンルの音楽としては最も売れたアルバムになりました。
よく「床が動くミュージックビデオ」という表現をされていますが、実際に動いているのは壁で、視覚効果を上手く使った非常に印象的なPVです。
最近では日本で2010年に、一部加工されてはいますがPVと曲がほぼそのまま使用された、日清カップヌードルのCMが話題になっていました。


ON STAGE
Suede / She

こちらも前半と同じくPOPSTOCK '96から、スウェードのステージです。


NO.1
     N   George michael / Spinning The Wheel

This is George's third number one solo hit, and is released alongside a dance remix CD by Forthright.
彼の3曲目のナンバーワンヒット。プロデューサーForthrightによるダンスミックスCDと一緒にリリースされた。
ジョージ・マイケルの3rdアルバムOlderからの3rdシングルです。
一見すると、この曲の歌詞は何を表現しているのかよくわからないのですが、先程調べたら不特定多数と関係を持つ恋人のことを心配している、ということを表現しているらしいです。また曲の時代背景として「広まりつつあるエイズへの恐怖の時代(たぶん1980年代だろう)」とあり、こういうのを総合して考えると…性的指向がわかってしまう気がします。
BEAT UKでは1位になりましたが、英国オフィシャルチャートではスパイス・ガールズが強すぎて、最高2位止まりでした。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

Mercury Music Prize 1996
Various
Clancy Webster


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット