1995年12月28日のオンエア情報です。

今週回は木曜放送でした。公式サイトでは29日付表記となっています。
1995年の放送は今回が最後で、次週の96年1月5日回はライヴ特番になります。
更にその次週である1月12日は年始展望回で、通常放送は1月19日からになります。

このアーカイブブログとしましては、次回の記事はBEAT UKの記録ではなく、ちょっと脱線して一回別番組の記事を書きたいと思います。
この機会に書かないとダメな番組なので、気が向いたらそちらもご覧ください。


太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
日本語の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません。ご了承ください。

今週は年末特番の為、チャート情報はありません。


BEAT UK  December.28.1995 On Air
Voice / Neil Fox

NO.1s 1995  Jan-Feb
1995年度の1位を全て網羅します。いつ1位になったかも独自に記載してゆきます。
Oasis / Whatever   1月14日  (この曲は今回の番組で放送されていません)

今週回でPV放送がなかったのと、1月14日の放送を録り逃したゆえに、このアーカイブを書くまでの20数年間、この曲が1位になった認識がありませんでした。
この曲はオアシスのクリスマスソングで、日本でいくつかのCMに使用されています。

Rednex / Cotton Eye Joe   1月21日、1月28日

Swedish producer Pat Reniz & his barn dance reached No.1 throughout Europe with this 1st UK No.1 of '95.
これはスウェーデンのダンスプロジェクト、レッドネックスのヒット曲です。北米の民謡Cotton Eye Joeを現代的にアレンジしたものです。
今週回の一曲目はこれでした。ゆえに公式HPのチャート情報にあった95年初週1位が本当にオアシスだったのか、他に調べる術がないのでとても不安でした。

N-Trance / Set You Free   2月4日、2月11日
This was also a UK top 40 entry in April of '94 & was the 1st single be taken from their LP 'Electronic Pleasure'.
初出は92年の曲です。何度か再発するロングセラーとなり、95年には大ヒットしました。

Celine Dion / Think Twice   2月18日、3月11日
The French/Canadian diva is celebrating after having a worldwide No.1 single & a UK No.1 LP 'The Colour Of My love'.
セリーヌ・ディオンはシングル・アルバム共に世界で大ヒットし、フランス語圏のみでリリースしていた、フランス語歌詞オンリーのアルバムも世界でリリースされました。

Annie Lennox / No More I Love You's   2月25日
This, the first single from the former Eurythmics star's covers album 'Medusa' was originally a hit for Lover Speaks.
元ユーリズミックスのメンバー、アニー・レノックスのソロ第二弾アルバムはカバーアルバムでした。カバーアルバムも結構流行していたと思います。


FEATURE
INDIE MUSIC 1995

1995年のインディーシーンの特集です。
インディーといっても、ロックバンドの特集になっています。

Oasis / Roll With It
Indie music in the UK in '95 was again led mainly by Manchester's Oasis who had 2 consecutive No.1 singles.

Blur / The Universal
Blur had their first No.1 single with 'Country House' after a head to head battle with Oasis' single 'Roll With It'.

Cast / Fine Time
Formed by former La's member John Power, newcomers Cast crashed into the top ten with their debut 'Alright'.

Northern Uproar / Rollercoaster
'95 was the year for new teenage up & coming indie bands with youngsters Northern Uproar leading the fray.

Heavy Stereo / Sleep Freak

Heavy Stereo continued the influx of teenage indie bands with the release of this their successful debut single.
ヘヴィー・ステレオのデビューシングルです。ヴォーカルのゲム・アーチャーは後にオアシスへ加入し、オアシス解散後はリアムのバンド、ビーティ・アイへ。2016年にはノエルのバンドに参加しています。

The Verve / History
The hot indie band The Verve decided to call it a day and split after they released this as their final single.
ヴァーヴは95年に1度目の解散をしました。この曲はラスト・シングルです。この曲ではリアム・ギャラガーが手拍子で参加しています。

Gene / Olympian
The fierce arrogance of Gene shone through again throughout 1995 with numerous top ten hit singles.

The Stone Roses / Begging You
Yet another Manchester band who led the indie world throughout 1995 with this smash hit single.


NO.1s 1995  March
Madonna / Bedtime Story   3月4日
the first single from Madonna in '95 was her 35th consecutive top 20 hit from her eleven year chart career.
マドンナがどぎついセクシー路線から若干修正した作風になった、94年リリースのアルバムの表題曲です。この曲はまだPVができていなかったようで、過去PVにフラクタル画像を重ねた短い1位映像でした。

The Boo Radleys / Wake Up Boo   3月18日

This first number one for Liverpool's Boos was the title track taken from their equally successful album.
シューゲイザーバンドとして活動していたブー・ラドリーズでしたが、時代を見据えて音楽性を変え大ヒットしました。この曲は日本でもバラエティー番組のテーマ曲となりました。

Freakpower / Turn On, Tune In, Cop Out   3月25日
Freakpower achieved cart success in the UK only after this single was featured in a 'Levi Jeans' commercial.
ノーマン・クックがやっていたグループの曲です。イギリスではリーバイスの印象的なCMで使われてヒットしました。このCMは日本でも「面白CM」として時々紹介されます。
 →リーバイスのCM


NO.1s 1995  April-May
Cher, Chrissie Hynde & Neneh Cherry / Love Can Build A Bridge   4月1日
This single brought together 3 of the best known female singers and was released in aid if a British charity.
女性シンガーを集めた、ルワンダの子供を支援するチャリティーソングです。

The Outhere Brothers / Don't Stop, Wiggle Wiggle   4月7日
The US duo's single entered at No.1 & was taken from their debut album '1 Polish, 2 Biscuits & A Fish Sandwich'.
アメリカのヒップハウスデュオ、アウトヒア・ブラザーズはヨーロッパで広くヒットしました。1位になった時はまだ正式なPVがなく、曲がすぐ終わってしまいました。メンバー二人メインのPVもあります。

Take That / Back For Good   4月15日~5月5日、4週連続1位

This was the first single to be released from their number one album of 1995 'Nobody Else'.
テイク・ザットのキャリアの中で最大のヒット曲になりました。アメリカのチャートにも入り、日本でもオリコンシングルチャートで2位になっています。

Oasis / Some Might Say   5月12日、5月19日
Oasis had their first No.1 of the year with the first single taken from their second album 'What's The Story...'.
1位になった時は正式なPVができていなかったらしく、SupersonicのUS版PVに音をかぶせた映像が放送され、短めの1位映像でした。Some Might Sayの公式PVと見比べると、US版Supersonicは同じ映像がたくさん入っています。
今回放送されたのは、1995年4月17日にイングランドのSouthend-on-SeaのCliff's Pavilionにて行われたライヴ映像でした。


FEATURE
EURO DANCE HITS 1995
Eurodance had a big impact on the UK charts in 1995. Here's Beat UK's selected highlights from the year...
Having had two huge dance hits this year, Pizzaman is doing well alongside German duo Jam & Spoon.

このコーナーは、95年7月28日のFEATUREと同じ特集です。アーティストのPVと順番も同じで、放送を流用しているようです。テロップは新しく作ったようです。
クラブミュージックのシーンは国や地域によっても特色がありますが、基本的にはヨーロッパのシーンの中心はロンドンとなっています。英語で歌えば世界に広がってゆくきっかけにもなるのでしょう。

Diva / The Sun Always Shines On TV
Haddaway / Flyaway
Clock / Whoomp! There It Is 
Pizzaman / Sex On The Streets
Jam & Spoon / Right In The Night
Eurogroove / Dive To Paradise
T.O.F. / Funk It Up
2 Unlimited / Nothing Like The Rain
Although they've had a fairly quiet year 2 Unlimited won the MTV Awards for Best Dance Act of '95.


NO.1s 1995  May-June
Robson & Jerome / Unchained Melody   5月26日~6月9日、3週連続1位
UK actors Robson & Jerome were the surprise of the year when this cover became the biggest selling single of '95.
ドラマ由来の、俳優コンビによるカバーヒットです。カバーアルバムも大ヒットしています。

Pulp / Common People   6月16日

After 14 years Sheffield's Pulp finally got their first No.1 which was written by singer Javis for their sixth album.
苦節十数年、ようやくパルプの時代がやってきた!!!
時代を象徴するヒット曲で、クセは強いですが、こういう時代だったのです。

U2 / Hold Me, Thrill Me, kiss Me, Kill Me  6月23日、6月30日
U2 topped the charts with this single which was the soundtrack for the hit Hollywood movie 'Batman Forever'.
映画「バットマン・フォーエヴァー」のテーマソングです。エンディングテーマにはシールの94年の曲Kiss From A Roseも使われ、こちらも改めてヒットしました。アメリカではエンディングテーマの2曲目だったシールの曲の方が人気があったようです。


TOP ALBUMS OF '95
1995年の年間アルバムチャートです。
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
 21    Supergrass / I Should Coco
 20    M People / Bizarre Fruit  (Moving On Up)
 19    Alison Moyet / Singles
 18    Queen / Made In Heaven
 17    Portishead / Dummy
 16    Bruce Springsteen / Greatest Hits
 15    Bon Jovi / These Days  (Livin' On A Prayer)
 14    Blur / Parklife
 13    The Cranberries / No Need To Argue
 12    Oasis / Definitely Maybe
 11    The Beautiful South / Carry On Up The Charts  (Everybody's Talkin')
 10    Annie Lennox / Medusa
   9    Michael Jackson / HIStory - Past, Present And Future - Book 1
   8    Blur / The Great Escape
   7    Take That / Nobody Else
   6    Wet Wet Wet / Picture This
   5    Paul Weller / Stanley Road
   4    Robson & Jerome / Robson & Jerome  (I Believe)
   3    Simply Red / Life
   2    Celine Dion / Colour Of My Love
   1    Oasis / (What's The Story?) Morning Glory  (Roll With It)
オアシスはブラーとのシングル対決には負けましたが、アルバムはオアシスの方がヒットし、国内のみならず世界中でヒットしています。現在でもオアシスの名盤アルバムとして知られています。


FEATURE
RISE OF BRITPOP IN 1995
Pulp flew the flag for Britpop on 1995 along with Menswear who were big news before their 1st gig.
Supergrass celebrated with a No.1 single, while Sleeper and Marion all had top ten hits throughout '95.

1995年のブリットポップ特集です。
ブリットポップというのは厳密な音楽ジャンルではありませんが、広義に解釈すると「90年代半ばに活躍したイギリスのオルタナティヴロック系バンド」だと思います。その中でもパルプを中心としたポップ寄りなバンドを紹介します。

Pulp / Disco 2000
この曲は1位になりませんでしたが、1位になったMis-Shapesより印象に残る曲になりました。

Menswear / Daydreamer
Supergrass / Alright

95年のブリットポップを代表する曲としては絶対外せません。1stアルバムI Should Cocoは若さ溢れる本当にいいアルバムでした。

Sleeper / Inbetweener
Marion / Let's All Go
Nancy Boy / Johnny Chrome
Elastica / Waking Up
The darlings of Britpop have had a fairly quiet year having lost their bass player and only released 1 LP.


NO.1 REQUEST OF '95
East 17 / Hold My Body Tight


NO.1s 1995  July-Aug
Foo Fighters / This Is A Call   7月7日
Former Nirvana guitarist David Grohl's new band debuted in the UK single & album charts at number one.
ニルヴァーナのメンバーだったデイヴ・グロールを中心とした新バンド、フー・ファイターズのデビューシングルです。この曲はPV自体が存在しませんが、1995年6月3日にロンドン大学で行われたライヴ映像(リンク先はサウンドのみ)のスロー映像に音をかぶせた短い1位映像でした。

The Outhere Brothers / Boom Boom Boom   7月14日~8月4日、4週連続1位

The 2nd single from this Chicago duo Malik & Hila followed the success of their debut entering in at number one.
ヨーロッパで大ヒットした、アウトヒア・ブラザーズ。本国アメリカでは残念ながらヒットしませんでしたが、ヨーロッパに進出して正解でした。

Take That / Never Forget   8月11日、8月18日
With help from Jim Steinman, this was Take That's final single with band comedian, Robbie Williams.
ロビー・ウィリアムズ脱退後にリリースされた、彼が在籍する最後のシングルです。PVがこれまでのテイク・ザットを振り返る内容になっていました。


FEATURE
A FEATURE OF RAP 1995
Rap has continually dominated the UK charts in recent months so here is a Beat UK pick of the best...

このコーナーは、95年11月3日のFEATUREと同じ特集です。テロップの文言も全く同じでしたが、Coolio featuring LVのGangsta's Paradiseだけは外されていました。
ラップ、ヒップホップのシーンはやはりアメリカになるでしょう。しかしヨーロッパやほかの地域にもそういったシーンがあり、その一部はトリップ・ホップになるなど独自の進化をしています。

Luniz / I Got 5 On It
Alliance Ethnik / Simple & Funky
Rap is massive in the UK and France, Alliance Ethnik are leading the way for French artists in the UK charts.

PM Dawn / Downtown Venus
The UK's best known homegrown rappers PM Dawn returned to the UK charts after an absence of over a year.

Rappin 4 Tay / Playaz Club
Cypress Hill / Throw Your Set In The Air

US rap continues to lead the way, look out in the future for Battlecat, Diamond D-Roc, Coz and Scarface.

Lordz Of Brooklyn / Saturday Night Fever
Scarface / I Never Seen A Man Cry 


NO.1s 1995  Aug-Sept
JX / Son Of A Gun   8月25日
Originally in the top 20 back in April 1994, this re-release was the only single from UK dance act JX in '95.
初出は94年にリリースされた曲で、95年に再発してPVも一新し更なるヒットになりました。

Blur / Country House   9月1日~9月15日、3週連続1位

Blur reached number one with this single from the LP 'The Great Escape' after a head to head battle with Oasis.
ブラーとオアシスははブリットポップを象徴するバンドとなり、シングルリリースを同日にして対決させることになってしまいました。このシングル対決はブラーが制しました。

N-Trance / Stayin' Alive   9月22日
N-trance had their 2nd Number One of the year with this club hit of the Bee Gees top 10 hit single.
ビージーズのステイン・アライヴのカバー曲です。


NO.1s 1995  Oct-Dec
Shaggy / Boombastic   9月30日
Shaggy's unique blend of rap and reggae was the 2nd No.1 single this year to be used in a Levi's commercial.
シャギーの最大のヒット曲で、アメリカでもヒットし始めました。この曲はリーバイスのCMソングになっていました。

Simply Red / Fairground   10月6日
The long awaited single in '95 from Manchester's Simply Red entered at No.1 & was taken from the LP 'Life'.
シンプリー・レッドの新機軸となる、The Goodmenの曲をサンプリングしたダンサブルなシングルでした。

Pulp / Mis-Shapes   10月13日~10月27日、3週連続1位
Pulp scored their second consecutive No.1 with 'Mis-Shapes' taken from their latest album 'Different Class'.
大ヒットアルバムDifferent Classからの2ndシングル。パルプの最もヒットしたシングルになっています。

Coolio featuring LV / Gangsta's Paradise   11月3日、11月10日

This is the first single from rapper Coolio to reach No.1 & was taken from the hit movie 'Dangerous Minds'.
アメリカでも大ヒットした、ク―リオがシンガーのLVをフィーチャーした曲です。クーリオは現在音楽活動を続けながら、料理研究に力を入れているようです。(料理研鑽のためにこの曲の権利を売った)

Oasis / Wonderwall   11月17日、11月24日

This was their 2nd single to reach the top in 95 & it has been successfully covered by The Mike Flowers Pops.
オアシスを代表する曲となったワンダーウォールはアメリカでもヒットし、2ndアルバムは世界的なヒットになりました。

Blur / The Universal   12月1日
This epic ballad from Britpop band Blur is the 5th top ten hit of their career & is from their latest album.
この曲のPVは、映画「時計仕掛けのオレンジ」のオマージュになっています。

Passengers / Miss Sarajevo   12月8日
Passengers are the combined talents of Bono, The Edge, Pavarotti & Brian Eno & highlights the war in Sarajevo.
U2の覆面バンドです。アルバムは「架空映画のサントラ」というコンセプトがつけられています。

Michael Jackson / Earth Song   12月15日
Michael Jackson has continued to astound his critics throughout 1995 with this No.1 single & his No.1 LP.
マイケル・ジャクソンによる壮大なロック・オペラ・ソングです。英国シングルチャートではクリスマスのナンバーワンソングでした。


FEATURE
On tour with... TAKE THAT
Earlier this year, BEAT UK caught up with the fab five in Germany during their European tour.

このコーナーは、95年6月2日回と同じ映像でした。テロップは一部替えています。
この時代のヨーロッパにおけるアイドルグループの最高峰といえば、テイク・ザットです。95年7月にロビー・ウィリアムズが脱退し、4人体制になりました。来年にも期待したいところです…

Take That / Sure
Take That / Babe
Take That / Everything Changes
Take That / Back For Good  (Live)
Sadly this was one of the last times Robbie appeared with the band. Look out for news on all of them in 1996.


NO.1 SINGLE
The Beatles / Free As A Bird   12月22日、12月28日

Their 18th No.1 song comes 15 years after the murder of John Lennon on the Streets of New York City, USA.
BEAT UKでは、この曲が95年のクリスマスNo.1でした。ジョン・レノンが生前残したデモテープを元に、残りのメンバー3人が共同で製作した曲です。4人で作った最後の曲と言えるでしょう。
95年リリースのアルバム、アンソロジー1のオープニングナンバーです。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

Now 1995
Various Artists
EMI Import
1999-07-13



    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット