1995年9月15日のオンエア情報です。

今回FEATUREコーナーでブラーとオアシスの特集が組まれているのですが、先のシングルリリース週か対決結果週にやってくれればもっと盛り上がったんじゃないのかな、と思いました。
そもそも95年の時点で既に音楽性もスタイルもかなり違う両者は、メディア格好の比較対象のアイコン的バンドとなり、舌戦もあって大きな話題となりました。

いがみ合っていた両者でしたが、現在は当時のことを笑い合えるくらいになっているようです。


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字
はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
日本語の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません。ご了承ください。


BEAT UK  September.15.1995 On Air 
Voice / Paul K Joyce

TOP 20
20 N Smokie / Living Next Door To Alice

Smokie's latest version of the 1976 top 10 hit features extra vocals from UK comedian Roy Chubby Brown.
イギリスのロックバンド、スモーキーの1976年のヒット曲の再発で、「アリスは恋人」という邦題が付けられていました。再発とはいってもそのままの再発ではなく、コメディアンのロイ・チャビー・ブラウンをフィーチャリングしたコメディタッチな感じになっています。
またこの曲は95年にオランダのグループGompieが「Alice(Who The X Is Alice)」という改変バージョンをリリースし、ヒットさせています。他にも多数のカバー及び改変バージョンがあるので、パロディをしやすく、更にバンドもパロディに寛容なのでしょう。

19   Take That / Never Forget
18 N Michelle Gayle / Happy Just To Be With You
With four top 20 hits already under her belt, Michelle has now released the latest from her self titled album.
9月1日回でも同じ曲でテロップ入りニューエントリーでした。

17 N Lenny Kravitz / Rock And Roll Is Dead
After an absence of nearly 2 years, Lenny returns with a single written, produced & performed by himself.

16 N Celine Dion / Pour Que Tu M'aimes Encore

Celine has reverted back to her native language for this single from her latest album 'D'eux'.
BEAT UKでは他国のアルバムチャートが週替わりで発表されていますが、パリのチャートには春先からずっとセリーヌ・ディオンのアルバムD'euxが入り続けています。このアルバムは全編彼女の母言語であるフランス語で歌われていて、フランスと母国カナダで3月にリリースされていました。
5月にアメリカでリリースされる際にタイトルを「フレンチ・アルバム」としてリリースし、10月にはイギリスと日本でもリリースされることになりました。この曲は3月リリースの1stシングルで、「愛をふたたび」という邦題が付けられています。
PVが発見できなかったので、ライヴ映像をどうぞ。

15   Echobelly / Great Things
14   Scatman John / Scatman's World
13 N Aaliyah / The Thing I Like
The Detroit teenage swingbeat star's latest, is taken from her hit album 'Age Aint Nothing But A Number'.

12 N The Chemical Brothers / Life Is Sweet
The latest from their top LP 'Exit Planet Dust' features vocals from The Charlatans' singer Tim Burgess.

11 N Nightcrawlers / Let The Feeling Go
Front man John Reid leads the Nightcrawlers into the charts with their third top twenty hit this year.


ON STAGE
Public Enemy / So Whatcha Gonna Do Now?
1995年7月15日(土)、Phoenix Festival '95三日目からのステージです。この日の二番手だったパブリック・エネミーですが、映像が発見できませんでした。残念。


NEW RELEASES
Shaggy / Boombastic
Shaggy's unique blend of pop, ragga & classic Jamaican melody, returns with this brand new single.

Foo Fighters / I'll Stick Around

Ex-Nirvana drummer David Grohl & his band release the 2nd single from their debut LP 'This Is A Call'.
フー・ファイターズのセルフタイトル1stアルバムからの2ndシングルで、バンドにとって初PVのお披露目です。この曲はまだグランジの雰囲気が色濃くありますが、ニルヴァーナとは違ってダウナーな印象はかなり薄まっています。PVでチェス駒食べてるフロントマンのデイヴ・グロールは明るく社交的なので、性格が反映しているのかも。2ndアルバム以降はもっと明るい感じの曲が増えます。

Erasure / Stay With Me
One of the UK's most successful pop duos return with the 1st track from their ninth album 'Erasure'.


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
21  The Lightning Seeds / Jollification
20  The Cranberries / Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We?
19  Van Morrison / Days Like This
18  Portishead / Dummy
17  Bjork / Post  (Army of Me)
16  Seal / Seal II
15  Michael Jackson / HIStory - Past, Present And Future - Book 1
14  New Order / The Rest Of New Order
13  The Cranberries / No Need To Argue
12  The Offspring / Smash
11  Julian Cope / 20 Mothers  (Try Try Try)
10  Boyzone / Said And Done
  9  TLC / Crazy Sexy Cool
  8  Supergrass / I Should Coco
  7  Black Grape / It's Great When You're Straight...Yeah
  6  Oasis / Definitely Maybe
  5    Blur / Parklife
  4    Paul Weller / Stanley Road
  3    The Charlatans / The Charlatans
  2    Morrissey / Southpaw Grammar  (Dagenham Dave)
  1    The Levellers / Zeitgeist  (Hope Street)


WORLD ALBUM CHART
AMSTERDAM
Michael Jackson / HIStory - Past, Present And Future - Book 1
Bon Jovi / These Days
Live / Throwing Copper
TLC / Crazy Sexy Cool
Paul Weller / Stanley Road

PARIS
Celine Dion / D'eux
Michael Jackson / HIStory - Past, Present And Future - Book 1
Otis Reading / The Best Of
Indiens - Sacred Spirit / Chants Des Indiens D' Amérique
Various Artist / Bad Boys - OST

TOKYO
Kyosuke Himuro / The Sngles
Maki Oguro / La La La
Guru / Jazzmatazz, Vol. 2: The New Reality
The Cardigans / Life
Diana King / Tougher Than Love


REQUEST
Inspiral Carpets / I Want You


CHART BREAKERS
Love City Groove / Soft Spot
The London rap band's second single features the strings from two of the biggest British national orchestras.

Salad / Granite Statue

This latest track from their debut LP 'Drink Me' was remixed by The Lightning Seeds' singer Ian Brodie.
95年5月にリリースされた1stアルバム、Drink Meからのシングルです。アルバムもシングルもそこそこのヒットとなり、新人バンドとしては上々のデビューだったと思います。日本盤もリリースされていて、この時代の日本は、例えインディーバンドだとしても日本盤としてリリースする凄い時代でした。

Ruby / Paraffin

Formerly the singer for Silverfish, Lesley Rankin's latest project is with the hot new band Ruby.
ルビーはインディーバンドSilverfishの元メンバーであるレズリー・ランキンと、カナダの電子系ミュージシャンのマーク・ウォークの二人組です。このグループを組む前にPigfaceという様々なミュージシャンが参加するスーパーバンドで一緒にやっていたようです。この曲はグループの1stシングルで、トリップ・ホップ主体の音楽性になっています。
1stアルバムSalt Peterは95年11月にクリエイションからリリースされ、翌年にはリミックスアルバムがリリースされます。これも両方日本盤が出ていました。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Oasis / International Centre - Bournemouth, UK  18 September
Green Day / Brixton Academy - London, UK  20/21 September
Seal / City Hall - Sheffield, UK  21 September

ASIA
The Stone Roses / Century Hall - Nagoya, Japan  18 September
Vanessa Williams / Nagoya Geijutsu Gekijo - Nagoya, Japan  20 September
Incognito / Diamond Hall - Nagoya, Japan  22 September

NORTH AMERICA
Everclear / Salt Air Pavillion - Salt Lake City, Utah, USA  17 September
Eric Clapton / Madison Square Gardens - New York, USA  17/18 September
Del Amitri / Riviera Theatre - Chicago, Illinois, USA  22 September
Elton John / The Bowl Hollywood - California, USA  22/23 September


FEATURE
blur V oasis
Currently battling it out in the UK single & album charts are Colchester's Blur and the Manchester lads Oasis.
The battle finally came to a climax when the bands decided to release their singles on the same day.
Blur triumphed over Oasis with 'Country House' holding them off No.1 but Blur still under threat!
To see the continuing battle, whether Blur have ept their hold on the No.1 position, stay tuned to Beat UK.

ブラーvsオアシスの特集です。
1995年8月14日にシングルリリースをしたブラーのCountry Houseと、オアシスのRoll With It。両者のチャートポジション争いは時代を象徴するものとなり、「ブリットポップの戦い」として後年まで語られることになりました。
シングルの初週売り上げ枚数は公式発表でブラーが274,000枚でチャート1位、オアシスが216,000枚で2位となり、シングル対決はブラーの勝利となっています。
シングル対決結果週にも書きましたが、ブラーのシングルは通常盤とライヴ盤の2種類リリースされていて、これらが合算されたのかは不明です。集計の詳細は非公表でした。

シングル対決後、両者はアルバムリリースを控えていました。ブラーは4thアルバムThe Great Escapeを9月11日にリリース済、オアシスは2ndアルバム(What's the Story) Morning Glory?を10月2日にリリースします。

簡単にですが、改めてブラーとオアシスの紹介をしておきます。

Blur
1989年ロンドンにて結成、1990年10月に1stシングル「She's So High」でデビュー。この頃は数多あるシューゲイザーバンドの一角という認識でした。
92年にはシューゲ番長、ジザメリ・マイブラと共に初来日。この年はマネージャーがバンドの金を持ち逃げするという金銭トラブルでドサ廻りを強いられる羽目になり、バンドにとって不遇な年でもありました。
その後ポップでシニカル路線の3rdアルバムParklifeで人気バンドになりました。
ただしギタリストのグレアムはオルタナティヴ・ロック志向の人なので、この頃は音楽性の違いを感じていたようです。

Oasis
前身バンドを経て、1991年にリアム・ノエルのギャラガー兄弟が加入、インスパイラル・カーペッツのローディーだった兄ノエルがリーダーとなりメンバーが固定されます。93年にクリエイション・レコードと契約し、94年4月に1stシングル「Supersonic」でデビュー。ざらついたギターに、ビートルズやマンチェスターのバンドなどの影響を受けたロックバンドです。94年8月末にリリースされた1stアルバムは1位となり、華々しいスター街道を歩んでいます。
スターバンドとなってなお労働者階級の佇まいそのままの姿は、とても新鮮でした。

Blur / Sunday Sunday
Oasis / Live Forever
Blur / Parklife
Oasis / Whatever
Blur / Girls & Boys
Oasis / Roll With It
Blur / Country House
Oasis / Some Might Say (Live)

放送されたこのライヴは、1995年4月17日にイングランドのSouthend-on-SeaのCliff's Pavilionにて行われたものです。Some Might Sayは4月24日リリースなので、この時点ではあまり知られていない曲だったはずです。

Blur / There's No Other Way (Live)

すぐ終わってしまいますが、このライヴというか、この映像自体が今回の放送そのままの映像でした。標準録画でしょうか、自分の手持ちのものよりずっと綺麗です。
後半のライヴはBEAT UKの92年以前のライヴでしょう。(これはみたことない、うれしい)

この対決はイギリスのニュース番組で取り上げられる程で、またマスコミが煽りまくるような報道をして大変な騒ぎになりました。
イングランドの北部と南部、労働者階級と中産階級、音楽性等争う種はたくさんあったのでしょうが、煽られ過ぎてバンドは双方精神的に参ってしまったようです。特にブラーは一時期活動休止するほどでした。


ON STAGE
Chumbawamba / Homophobia

1995年7月14日(金)、Phoenix Festival '95二日目(メインステージは初日)のチャンバワンバのステージです。


OTHER CHART HIGHLIGHTS
RAP
Alliance Ethnik / Simple And Funky  →動画を見る
French newcomers Alliance Ethnik enter the rap charts close behind rap stars Dr Dre & Method Man.

R&B
Don-e / Rhythm Of Life
R&B is currently enjoying a growth in popularity with artists Don-e, Mary J Blige & Brownstone leading the way.


TOP 10
10  Montell Jordan / Something 4 Da Honeyz
 9   The Original / I Luv U Baby
 8→ TLC / Waterfalls
 7   De'Lacy / Hideaway
 6 N Donna Summer / I Feel Love  PVなし
This latest track from US disco queen Donna, is Junuor Vasquez's remix of her classic 1977 No.1 hit.

 5   Berri / Sunshine After The Rain
 4 The Rembrandts / I'll Be There For You  PVなし
 3   Oasis / Roll With It
 2 Michael Jackson / You Are Not Alone


ON STAGE
Public Enemy / Fight The Power
前半と同じく、Phoenix Festival '95からのステージ。同じ映像は発見できませんでした。


NO.1
   →  Blur / Country House



おまけ
ミニコーナー・BEAT UK INFORMATION
19950915_1
先週回に引き続き、鈴木結女さんの登場です。
今回も最後にCDプレゼント告知がありました。

19950915_2
ロンドンのヴァージン・メガストアの紹介です。
90年代は大型CDショップが徐々に増えていた時期で、ヴァージン・メガストアはイギリスとアイルランドだけでも125店舗ありました。日本では1990年に新宿で1号店がオープンし、その後小規模店を合わせると30以上の店舗がありました。
現在はヨーロッパ・北米・日本・オーストラリア全てで店舗を撤退させましたが、これから音楽CDの需要が増加しそうな中近東地域で新店舗を少しずつ増やしています。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。



    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット