1995年7月28日のオンエア情報です。

毎回自分のコメントも付けつつ地道に記録を進めているのですが、時々過去記事に手を入れることもあります。
93年度分のテロップ入れもそうですが、新たに知ったことや文章のアラなど、気になったことを書き直すこともやっています。
改めて読むと、文章がやたら長くて下手だなと思います。
簡潔に面白く、例えばミュージシャンの敬称に「~~クン」なんてやったり、砕けた表現にするのも考えたのですが、できるだけ丁寧にしたい、という意向もあるのでこんな感じでやっています。


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字
はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
日本語の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません。ご了承ください。


BEAT UK  July.28.1995 On Air 
Voice / Neil Fox

TOP 20
20   Brownstone / Grapevyne
19 N Dana Dawson / 3 Is Family
Hailing from Chicago, dance star Dana has released her UK debut from her first LP 'Black Butterfly'.

18   EMF / Reeves & Mortimer / I'm A Believer
17 N Seal / Kiss From A Rose
The video for this 2nd single to be taken from the 'Batman Forever' film was directed by Joel Schumacher.

16   Bobby Brown / Humpin' Around
15 N PJ Harvey / C'mon Billy

This is the second single to be released from Polly's latest album 'To You My Love'.
95年2月末にリリースされた、PJハーヴェイの3rdアルバムTo Bring You My Loveからの2ndシングルです。90年代から現在においてもですが、高評価される女性ロックミュージシャン、特にシンガーソングライターは「オルタナの女王」なんて言われ方をしていますが、彼女もそうです。アルバムの評価も良く、95年度のグラストンベリーフェスにも出演していました。

14 N Belly / Seal My Fate

This latest single from their album 'Star' was filmed at the twenty fifth Glastonbury festival earlier this year.
元スローイング・ミュージズの二人が組んだバンド、ベリーの2ndアルバムKingからの4thシングルです。バンドはもう末期状態ではありますが、イギリスではシングルチャート35位に入る健闘を見せています。残念ながらもうすぐ解散してしまいますが、その後フロントマンのタニヤ・ドネリーはソロ活動をしています。
更にその後、ベリーは2016年に再結成し、アメリカでライヴツアーを行いました。新曲が出るといいですね!

13   Jinny / Keep Warm
12   MN8 / Happy
11   Cast / Fine Time


ON STAGE
Cornershop / 6am Jullandar Share

1995年6月20日、ロンドンのアストリアで行われたと動画元にありました。
動画元は曲名が違っていますが、2ndアルバムにも入っている7時20分バージョン(これも同じステージ)との違いは自分にはよくわかりませんでした。


NEW RELEASES
Take That / Never Forget
Take That will be returning to the charts after this latest single minus former band member Robbie Williams.

Hole / Violet
To complete their first European tour Seattle based Hole will perform on the 1st day of Reading Festival.

Lightning Seeds / Perfect
The talented writer behind Lightning Seeds is frontman Ian Broudie who is also known for his work with The Fall.


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
21  Foo Fighters / Foo Fighters
20  Van Morrison / Days Like This
19  Sheryl Crow / Tuesday Night Music Club
18  Offspring / Smash
17  Pink Floyd / Pulse
16  Buffalo Tom / Sleepy Eyed
15  Celine Dion / Colour Of My Love
14  Guru / Jazzmatazz, Vol. 2: The New Reality
13  The Cranberries / No Need To Argue  (Zombie)
12  The Rolling Stones / Jump Back: Best of 71-93
11  Take That / Nobody Else
10  Michael Jackson / HIStory - Past, Present And Future - Book 1
  9  Alison Moyet / Singles
  8  The Rolling Stones / Vodoo Lounge
  7  Wet Wet Wet / Picture This  (Don't Want To Forgive Me Now)
  6  Bjork / Post
  5    Paul Weller / Stanley Road
  4    Annie Lennox / Medusa
  3    Bon Jovi / These Days
  2    Edwyn Collins / Gorgeous George  (Girl Like You)
  1    Supergrass / I Should Coco  (Lenny)


WORLD ALBUM CHART
DUBLIN
Michael Jackson / HIStory - Past, Present And Future - Book 1
Bon Jovi / These Days
Various Artists / The Best Classical Album in the World...Ever!
Various Artists / Dance Zone Level 5
Various Artists / Pulp Fiction OST

SEVILLE
Antonio Flores / Cosas Mias
Julio Iglesias / La Carretera
The Cranberries / No Need To Argue
Michael Jackson / HIStory - Past, Present And Future - Book 1
Luz Casal / Como La Flor Prometida

TOKYO
Guru / Jazzmatazz, Vol. 2: The New Reality
Diana King / Tougher Than Love
The Caedigans / Life
Bjork / Post
Michael Jackson / HIStory - Past, Present And Future - Book 1


REQUEST
The Shamen / Ebeneezer Goode


CHART BREAKERS
Weezer / Say It Ain't So

US Surf Punks Weezer, currently on tour in the UK, have released this to follow up their hit single 'Buddy Holly'.
ウィーザーの94年リリースの1stアルバムWeezerからの3rdシングルです。この曲はおそらくアルコール中毒であったリヴァースの父親のことを書いた曲だと思われます。
この曲はディストーションの効いたverと少ないverがあり、シングル(あり)、アルバム初期盤(少ない)・後期盤(あり)、デラックスエディション(両ver入ってる)等細かい違いがあります。

Buffalo Tom / Summer

This single has been released to coincide with their performance on the final day of the Reading Festival.
アメリカの3ピースロックバンド、バッファロー・トムの5thアルバムSleepy Eyedが95年7月にリリースされました。この曲はそこからの1stシングルです。
バッファロー・トムは80年代末期に結成、初期のアルバム2枚は交流のあったダイナソーJr のJマスシスがプロデュースしていました。音楽的にはグランジ~オルタナという、この当時の雰囲気を持った、「ある意味普遍的な」オルタナティヴロックバンドの音をしています。
正直言って地味です。しかし音には正々堂々さを持ち、聴けば聴くほど好きになる、今となっては郷愁さえ感じてしまういいバンドです。

Reef / Weird
These four lads are now touring all the UK festival & will soon announce their own tour dates.


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Neds Atomic Dustbin / Rock City - Nottingham, UK  29 July
REM / Milton Keynes Bowl - Milton Keynes, UK  29/30 July
  →29日のセットリスト  →30日のセットリスト

Wet Wet Wet / Wembley Arena - London, UK  30 July
Terence Trent D'arby / Barrowlands - Glasgow, Scotland  21 July

ASIA
Edwyn Collins / Club Quattro - Tokyo, Japan  29 July
Sound Of Blackness / Koseinenkin Kaikan - Tokyo, Japan  1 August

NORTH AMERICA
Mary J Blige / Giants Stadium - East Rutherford, New Jersey, USA  29 July
Gene / Black Cat - Washington DC, USA  30 July
Boyz II Men / Fiddlers Green Amphitheatre - Denver, USA  1 August
Bon Jovi / Montreal Forum - Quebec, Canada  2 Augst


FEATURE
EURO DANCE HITS
Beat UK's feature this week is a guide to the European dance music hits currently in the charts.
Europe has been leading the way with dance music over recent months with acts Dr Alban, Jinny & Whigfield.
Latest additions have been Diva from Norway, Eurogroove from London & the Italian Alex Party.

ユーロダンスのヒット曲特集です。
ユーロダンスとは、90年代始め辺りにルーツを持ち、ヨーロッパ各国で生まれ発展した音楽ジャンルです。
音楽的傾向としては、イタロ・ハウス、ハイエナジーなどのディスコ要素を含んだものが基本で、それに加えヴォーカルも多く入り(だいたい英語で歌われる)、女性ヴォーカルまたは男性ラップ、またはそれを組み合わせたパターンの曲が多いです。日本のユーロビートも同じようなルーツを持ちますが、ユーロダンスと比べるとBPMが速めの傾向があります。
90年代前半は更にジャーマントランスやテクノの要素も入るなど、更なる発展をしていた時期です。現在ではジャンル自体もう少し細分化されているようで、90年代のユーロダンスは「クラシック」と呼ばれています。

Diva / The Sun Always Shines On TV
Haddaway / Flyway
Clock / Whoomp! There It Is
Pizzaman / Sex On The Streets
Jam & Spoon / Right In The Night
Eurogroove / Dive To Paradise
T.O.F. / Funk It Up

T.O.F.はオランダのラッパーで、94年リリースのこの曲がデビューシングルです。96年には1stアルバムがリリースされますが、活動期間が短かったようで、以降新曲は出なくなってしまいました。

2 Unlimited / Nothing Like The Rain

2 Unlimitedはベルギーのプロデューサーコンビと、オランダのシンガーコンビのダンスプロジェクトです。テクノ要素を盛り込んだサウンドでヨーロッパのみならず、アメリカや日本でもヒットしました。
この曲は3rdアルバムReal Thingsからの4thシングルですが、ヨーロッパ各国ではリリースされたものの、イギリスではシングルリリースされませんでした。(でも最新PVを流してくれた、嬉しい)


ON STAGE
Spearhead / Piece Of Peace
同じ映像は見つかりませんでした。


OTHER CHART HIGHLIGHTS
INDIE
Heavy Stereo / Sleep Freak
UK Indie artists including Pulp, Salad & Gene are enjoying a surge but Supergrass are leading the way.

RAP
Scarface / Never Seen A Man Cry
The rap charts continue to overflow with American gangster rappers including Ice T, Ice Cube & Scarface.


TOP 10
10N Soul II Soul / Love Enuff
Jazzie B and his crew return with their first single for nearly a year with vocals from Penny Ford.

 9   Shaggy / In The Summertime
 8   U2 / Hold Me, Thrill Me, Kiss Me, Kill Me
 7   Edwyn Collins / Girl Like You
 6 N Kylie Minogue / Where Is The Feeling

The Australian songstress returns to the charts with this latest single taken from her self titled album.
カイリー・ミノーグの5thアルバムKylie Minogueからの3rdシングルです。歌唱力で勝負し、脱・アイドル路線を模索している彼女ですが、曲のクセが強くて押し負けてしまっている感じもあります。
この曲は93年に作曲者がWithin A Dream名義でやっていたユニットで製作したもので、カイリー・ミノーグのバージョンはカバーということになります。

 5 N Paul Weller / You Do Something To Me
Paul has released the latest single from his LP 'Stanley Road' after performing at Phoenix Festival.

 4 N Gene  / Olympian

Currently on tour in Japan, Gene will return to the UK to perform at the Reading Festival & T In The Park.
ジーンの1stアルバムと同名タイトルの曲で、アルバムからは最後となる4thシングルです。ジーンの人気もかなり上がっていて、この曲はバンド初めてとなるシングルチャートTOP20に入りました。サブステージではありますが既にグラストンベリーフェスにも出演しました。来年はフェスのメインステージに出られるかな!

 3   Diana King / Shy Guy
 2   Supergrass / Alright


ON STAGE
Cornershop / My Dancing Days Are Done
先のライヴと同じステージのようでしたが、こちらの映像は発見できませんでした。


NO.1
  →  The Outhere Brothers / Boom Boom Boom




ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。
    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット