1995年6月2日のオンエア情報です。

学生の頃に携帯音楽プレイヤーを持っている子がいて羨ましかった思い出があります。
カセットテープのものが多かったですが、後にCD版、MD版も出ていました。
アレがあればいつでも音楽聴き放題!羨ましい~~とか思いながら、好きな曲を脳内再生する日々を送っていました。
それから相当年月が経ち、MP3プレイヤーをいただく機会があったのですが、外出時に持ち歩くことは最初のうちだけで、ほとんど使わずじまい。脳内再生で事足りちゃうんですよね。貧乏習慣恐ろしい。
その代わり、ラジオ機能が活躍しまくりなプレイヤーとなりました。


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字
はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
日本語の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません。ご了承ください。


BEAT UK  June.02.1994 On Air 
Voice / Neil Fox

TOP 20
20   Love City Groove / Love City Groove
19 N Elton John / Made In England
Elton celebrated 25 years in the music busuness this month with the release of this new single from his latest LP.

18   Tina Arena / Chains
17 N The Orb / Oxbow Lakes

'Oxbow Lakes' is the latest track to be taken from The Orb's recent album titled 'Orbus Terrarum'.
ジ・オーブの3rdアルバム、Orbus Terrarum からのシングルです。正式なシングルとしては、92年のAssassin 以来となります。宇宙から地球の自然へ帰ってきたようなアルバムで、イギリスでは前作より評価は良くなかったようですが、アメリカでは好意的に受け止められていたようです。

16 N Everton Football Club / All Together Now

The winners of the British FA Cap Final have released this cover of The Farm's hit featuring Keith from the band.
フットボール関連曲がまた来ました。この曲は1990年のザ・ファームの曲がオリジナルで、それを彼らの地元リバプールのチームであるエバートンFCバージョンとして使われヒットしました。放送ではアーティスト名がEverton Cup Finalとなっていました。良く聴くとパッヘルベルのカノンっぽくも聞こえますが、これはコードを意図的に同じにしています。以後この曲は、様々なフットボールソングとして使われることになりました。

15 N The Charlatans / Bullet Comes
The lads have finished their first UK tour after 3 years on the road and plan to release their 4th LP this summer.
先週回放送したJust Lookingと両A面のシングルです。こっちのPVは何故か見つからず…

14   Bob Marley / Keep On Moving
13 N Nightcrawlers / Surrender Your Love
Scottish born singer John continues the chart success of his band's hit 'Push The Feeling' with this latest track.

12   Celine Dion / Only One Road
11 N Incognito / Every Day

This song was remixed by 'The Masters At Work' and is the first single from their new LP '100 Degrees & Rising'.
インコグニートはイギリスのアシッドジャズを代表するバンドといっていいでしょう。この曲は95年の6月リリースのアルバム100 Degrees & Rising からのシングルです。東京のアルバムチャートにも入っていて、日本ではかなり評価されていたようです。2017年にも来日公演があり、その中では中心メンバーのブルーイが新たに組んだ新バンドも演奏していました。


ON STAGE
Jhelisa / Whirl Keeps Turning
ソウルシンガー、ジュリサ・アンダーソンのライヴです。シェイメンのアルバムBoss Drumでは、ゲストヴォーカルで活躍しました。同じ動画は見つかりませんでした。


NEW RELEASES
Joe Cocker / Have A Little Faith In Me
Joe Cocker the legend from Sheffield, returns to the charts with the title track from his eighteenth album.

Lady Smith Black Mambazo Featuring China Black / Swing Low Sweet Chariot
The latest cover of the England Rugby Team Anthem is released to coincide with the World Cup Final in South Africa.

Pulp / Common People
'Common People' was written by vocalist Jarvis Cocker and is taken from the Sheffield band's 6th album.


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
21  The Real McCoy / Another Night
20  The Stranglers / About Time
19  Weezer / Weezer
18  Offspring / Smash
17  Green Day / Dookie
16  Naughty By Nature / Poverty's Paradaice  (Craziest)
15  Annie Lenox / Medusa
14  The Boo Radleys / Wake Up!
13  White Zombie / Astro Creep: 2000
12  Abba / Gold - Greatest Hits
11  Bruce Springsteen / Greatest Hits Vol.1
10  Oasis / Definitely Maybe
  9  The Cranberries / No Need To Argue
  8  Salad / Drink Me  (Your Ma)
  7  Portishead / Dummy
  6  Celine Dion / Colour Of My Love
  5    Wet Wet Wet / Picture This
  4    Take That / Nobody Else
  3    The Stone Roses / Complete
  2    Supergrass / I Should Coco  (Mansize Rooster)
  1    Paul Weller / Stanley Road  (Changing Man)


WORLD ALBUM CHART
FRANKFURT
Take That / Nobody Else
The Cranberries / No Need To Argue
Offspring / Smash
Adiemus / Songs Of Sanctuary
2Pac / Me Against The World

PARIS
Celine Dion / D'eux
Fredericks Goldman Jones / Du New Morning au Zénith
The Cranberries / No Need To Argue
Naughty By Nature / Poverty's Paradaice
Luciano Pavarotti / Friends II

DUBLIN
Paul Weller / Stanley Road
The Stone Roses / Complete
Various Artists / On A Dance Tip 2
Celine Dion / Colour Of My Love
Various Artists / Pulp Fiction OST


REQUEST
St Etienne / Who Do You Think You Are


CHART BREAKERS
Hammer And Deion Sanders / Straight To My Feet
Hammer's latest is taken from the soundtrack of 'Street Fighter' which features Kylie & Jean Claude Van Damme.

Brandy / I Wanna Be Down
15 year old Brandy has released this debut single from her self titled LP to coincide with her UK tour dates.

Moloko / Where Is The What If The What Is In The Why

Mark from Moloko has co-written & produced for many established artists including Boy George & Karen Wheeler.
モロコはプロデューサーのマーク・ブライドンと、ヴォーカリストのロイシーン・マーフィーの男女デュオです。これはデビューシングルで、この頃流行っていたブリストル系のダウナーサウンドに乗せて、妖しい魅力を放っています。驚くことに、ロイシーンは音楽経験が全くない素人でした。1stアルバムは95年10月にリリースされます。
90年代末に入るともっとポップな作風になり、チャートにも登場してきます。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
The Rolling Stones / Olympic Stadium - Stockholm, Sweden  3 June /
 Olympic Stadium - Helsinki, Finand  6 June
Joe Cocker / Gwardia Stadium - Warsaw, Poland  3 June

ASIA
Machine Head / Baysaide Jenny - Osaka, Japan  8 June
Andru Donalds / Liquid Room - Tokyo, Japan  4/5/6 June /
 Club Quattro - Nagoya, Japan  8 June

NORTH AMERICA
Luscious Jackson / Rosemont Horizon - Chicago, Illinois, USA  2/4 June /
 Palace Of Auburn Hills - Michigan, USA  6/7 June
Santana / Sunken Gaedens - San Antonio, Texas, USA  2/3 June /
 Florida Theatre - Jacksonville, Florida, USA  6 June


FEATURE
On tour with.. TAKE THAT
While on tour in Germany, Beat UK caught up with the fab five who are due to tour japan in the near future.
テイク・ザットの特集です。
ドイツ公演に密着取材した番組独自映像でした。
19950602_1
Hello !  We're Take That !
You're Watching BEAT UK !!
と、番組名のコールをしてくださいました。





19950602_219950602_3








映像からすると、テイク・ザットPopsツアーの、1995年4月のドルトムント公演のようです。
wikipediaでは7日公演が抜けてます。
若い女の子率高めですが、ロビーのファンだという若い男性もいました。

Take That / Sure
Take That / Babe
Take That / Everything Changes
Take That / Back For Good  (Live)
19950602_4楽屋でBack For Goodを演奏してくれました。
右の二人は何故か飴を舐めながら参加しています。
ステージ映像もあったのですが、同じ映像が見つかりませんでした。

Take that's latest single and brand new album are currently enjoying enormous success all over the world.

残念ながら、95年7月にロビー・ウィリアムズが脱退してしまい、以後4人での活動になります。
翌年解散してしまうので、95年の10月が最後の来日公演になります。


ON STAGE
Bush / Everything Zen

ブッシュのデビューシングルです。ニルヴァーナに影響を受けたグランジバンドで、イギリスよりも北米で大ヒットしました。BEAT UKのTV収録ライヴイベントへは今後呼べなくなると思いますので、結構貴重でしょう。この曲は動画の2曲目で、その前のMachineheadもブッシュのヒットシングルになっています。


OTHER CHART HIGHLIGHTS
ROCK
Faith No More / Richochet
Rock has recently been swamped with exciting new acts emerging on the scene like Skunk Anansie, Reef & Bush.

WORLD MUSIC
Natacha Atlas / Leysh Nat'arak

The World Music Chart is growing with help from unusual bands such as Cornershop & Transglobal Underground.
ナターシャ・アトラスはベルギー出身のシンガーソングライターで、95年にソロデビューしました。Transglobal Underground が彼女の3月リリースの1stアルバムのプロデューサーをしていますが、彼女のソロ以前にはこのグループでシンガー兼ベリーダンサーをしています。全編アラビア語になっているのは、彼女のルーツがそちらにあるからなのでしょう。


TOP 10
10  Montell Jordan / This Is How We Do It
 9 N The Future Sound Of London / The Far Out Son Of Lung And The Ramblings Of A Madman

Future Sound Of London's success continues with this latest single taken from their new album 'ISDN'.
フューチャー・サウンド・オブ・ロンドンの6月リリースのアルバムISDNからの曲で、この曲はEP盤としてリリースされました。アルバムは一万枚の初回限定版が既に94年12月にリリースされていましたが、今回は若干曲を変更してリリースされています。アルバムタイトルになっているISDNとは、この頃最新技術であったデジタル回線網のことです。この技術を用いて配信されたライヴ音源を編集した、当時としては最先端の実験作なのでした。(今となってはネット経由でデータ送ってるだけ、とも言える)
ISDNはより高速になった(アナログ回線ではあるが)新技術ADSLにほぼ駆逐され、現在では光回線も普及しつつあることを考えると、我々は技術の進歩を何段階も直面してきたことを感じます。

 8   Ali Campbell / That Look In Your Eye
 7   Oasis / Some Might Say
 6   Livin Joy / Dreamer
 5→ Scatman John / Scatman (ski-ba-bop-ba-dop-bop)
 4   Billy Ray Martin / Your Loving Arms
 3 N McAlmont & Butler / Yes

Ex-Suede guitarist Bernard, returns with this collaboration with the African vocalist David McAlmont.
元スウェードのギタリストだったバーナード・バトラーと、シンガーのデヴィッド・マッカルモントがコンビを組んだ作品で、この曲がデュオとしての1stシングルです。1stアルバムは95年11月にリリースされますが、アルバムリリースによるライヴツアーは行っておらず、二人はすぐに解散してしまいました。その後2002年に和解し、活動再開しています。

 2→ Perez Prado / Guaglione


ON STAGE
Jhelisa / Nothing's Wrong
同じ動画は見つかりませんでした。


NO.1
  →  Robson & Jerome / Unchained Melody

先週に引き続き、ロブソン・グリーンとジェローム・フリンのコンビです。この曲はドラマ由来のヒットで、きっかけとなった実際のドラマの映像はこちらだと思われます。
95年11月には自身たちの名を冠した1stアルバムをリリース。オリジナル曲はなく、全編カバーのアルバムでしたが大ヒットします。しかしドラマで演じたカバー曲での大ヒット、更にカバーアルバムでのヒットということで、音楽評論家受けが非常に悪かったようです。一部歌ってない疑惑があったりしたのと、評判になったのでやってるだけ、などとと取られたのかも知れません。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

SIXTEEN STONE
BUSH
LEGAC
2015-08-08

    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット