1995年4月7日のオンエア情報です。

今週からBEAT UKは毎週金曜深夜の放送になりました。
番組編成上時々は曜日が前後することもありますが、ほぼ金曜(日付で言えば土曜)の深夜2時過ぎからの放送です。
初期の頃はリアルタイムで見ることも時々ありましたが、この頃はもうほぼ録画を通して観ていました。それが普通ですよね、夜は眠いし。


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字
はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
日本語の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません。ご了承ください。


BEAT UK  April.07.1995 On Air 
Voice / Paul K Joyce

TOP 20
20   Rednex / Old Pop In An Oak
19   Clock / Axel F
18   The Boo Radleys / Wake Up Boo
17   Leftfield / Original
16 N New Power Generation / Get Wild
Symbol & his NPG are enjoying lots of publicity at the moment & this single comes after his tremendous UK tour.

15   Alex Party / Don't Give Me Your Life
14 N Shut Up And Dance / Save It Till The Morning After

Taken from their 3rd album, 'Save It Till The Mourning After' is a remix of Duran Duran's massive hit in the '80s.
Shut Up And Danceなんていうと、ウォーク・ザ・ムーンの大ヒット曲を連想してしまいますが、ここは1995年、そんなわけはありません。このグループはPhilip JohnsonとCarl Hymanの二人組で、80年代後半から活動しています。ヒップホップとハウスを融合させたような音楽性で、流行りのブリストル系とも違ってダークさはありません。95年には3rdアルバムBlack Men Unitedをリリース。この曲は1stシングルです。

13   Janet Jackson / Whoops Now/What'll I Do
12   Nightcrawlers / Push The Feeling On
11   East 17 / Let It Rain


ON STAGE
Skunk Anansie / Selling Jesus
この動画は発見できませんでしたが、音声のみのものがありました。聴き比べてみたところほぼ同じです。BEAT UKで3月11日回で放送したバックステージの様子からして、ここで放送されたライヴは95年2月27日に行われたものだと思われます。
音源を聴く


NEW RELEASES
Boyz II Men / Thank You
Boyz II Men will release this 3rd single from their 2nd album 'II' to coincide with their UK tour dates in May.

Hole / Doll Parts

This is the 2nd single to be taken from their 2nd LP 'Live Through This' out to coincide with their European tour.
ホールの2ndアルバムLive Through Thisからの2ndシングルです。94年の11月に既にリリースされていますが、別レーベルからもこの曲のいくつかのバージョンがあります。B面もCDと7インチで違ったりしています。94年はバンドやコートニー・ラブにとってトラブル続きでしたが、アルバムはヒットし知名度は上がってゆきました。

Snap / The First The Last Eternity

After a tour with Hammer and their own tour of Nigeria, Snap return with a new single from their latest album.
スナップの3rdアルバムWelcome to Tomorrowからの2ndシングルで、1stシングルと同様にアメリカのシンガーSummerをヴォーカルに起用している曲です。イギリスでよりも、オランダ、ベルギー、ドイツでのほうがチャート上位に入っています。


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
21  Leftfield /Leftism
20  Moby / Everything Is Wrong
19  Del Amitri / Twisted
18  The Orb / Orbus Terrarum  (Pomme Fritz) この曲はアルバムに入っていません。
17  REM / Monster
16  Nirvana / Unplugged In New York
15  Sheryl Crow / Tuesday Night Music Club
14  Green Day / Dookie  (Longview)
13  Portishead / Dummy
12  Kirsty MacColl / Galore - Greatest Hits Of
11  Radiohead / The Bends
10  Faith No More / King for a Day... Fool for a Lifetime
  9  Jimmy Nail / Crocodile Shoes
  8  The Cranberries / No Need To Argue
  7  Blur / Parklife
  6  Gene / Olympian  (Haunted By You)
  5    Bruce Springsteen / Greatest Hits
  4    Elton John / Made In England
  3    Elastica / Elastica
  2    Celine Dion / Colour Of My Love
  1    Annie Lennox / Medusa  (No More I Love You)


WORLD ALBUM CHART
LOS ANGELES
Annie Lennox / Medusa
Various Artists / Sensual Classics 2
Elastica / Elastica
Bruce Springsteen / Greatest Hits
Massive Attack / Protection

DUBLIN
Various Artists / Pulp Fiction - OST
Celine Dion / Colour Of My Love
Annie Lennox / Medusa
Blur / Parklife
Nirvana / Unplugged In New York

TOKYO
Dreams Come True / Delicious
Stevie Wonder / Conversation Peace
TRF / dAnce To Positive
Bruce Springsteen / Greatest Hits
Snow / Murder Love


REQUEST
Manic Street Preachers / Suicide is Painless


CHART BREAKERS
10cc / I'm Not In Love
A re-release of the old track but not exactly the same, this single coincides with their new album 'Mirror Mirror'.

Jann Arden / Could I Be Your Girl
This is the 1st track released from the award winning Canadian musicians' second LP titled 'Living Under June'.

Reef / Good Feeling
Reef release their debut single after successfully supporting Paul Weller last year at The Royal Albert Hall.
95年新年展望回でも紹介しましたが、今回は新しく作られたPVになっていました。1stアルバムReplenishは6月リリースです。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Blameless / Roadhouse - Manchester, UK  13 April
Warrior Soul / Rockhaus - Vienna, Austria  10 April /
 Terminal 1 - Munchen, Germany  11 April
Corrosion Of Conformity / Palseur - Rome, Italy  10 April

ASIA
James Brown / Osakajo Yagai Ongakudo - Osaka, Japan  11 April
Earth Wind & Fire / Osakajo Hall - Osaka, Japan  17 April
Dodgy / Club Quattro - Osaka, Japan  13 April

NORTH AMERICA
Boyz II Men / Hilton Coliseum - Ames, Iowa, USA  12 April
Everclear / Cicero's University City - Missouri, USA  10 April /
 The Hurricane - Kansas City, Missouri, USA  12 April


FEATURE
THE CRANBERRIES PROFILE

From very small towns in Ireland, they'd not been heard of 2 years ago, now they have two platinum albums.
クランベリーズの特集です。
アイルランドのリムリック郡出身のクランベリーズは、マイクとノエルのホーガン兄弟とドラマーのファーガル、初代ヴォーカルのニールの4人で1989年に結成。ニールが抜け、バンドはヴォーカルのオーディションでドロレスを採用します。その時バンドの曲に歌詞をつけてきたのが採用の決め手だったようです。

The Cranberries / Linger

ドロレス・オリオーダンがバンド加入の決め手となったのは、バンドの曲に付けた"Linger"の歌詞を書いたことでした。1stアルバムの"Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We?"(邦題:ドリームス)の2ndシングルです。アルバムは93年の3月にリリース(プロモ版は92年に出ていた模様)されましたが、いきなり売れたわけではありませんでした。アイルランドでヒットしイギリスで知られるようになり、ザ・ザやスウェードとアメリカツアーを回ります。そしてイギリスでは94年6月に1stアルバムがチャート1位になりました。

The Cranberries / Ode To My Family   →動画を見る
The Cranberries / Zombie

'Zombie' as the 1st single from their 2nd album which has been quoted as 'the most played single on college radio'.
2ndアルバムNo Need to Argueは94年10月リリースでした。その先行1stシングルとなったZombieは、バンドキャリアの中で最大のヒットシングルになりました。この時代まだくすぶっている北アイルランド問題を取り上げた反戦歌を重々しく表現しています。

The Cranberries / Wanted  (Fleadh '94 Live)
The Cranberries / Empty  (Fleadh '94 Live)

94年6月11日、ロンドンのフィンズベリー・パークにて開催されたFleadh(フラー) Festival '94からのステージです。ケルト系地域や音楽にルーツのあるアーティストが多く出演しているフェスで、BEAT UKでもカメラを入れ、番組でライヴ映像を見ることができました。

The Cranberries / How  (Fleadh '94 Live)

The Cranberries / Dreams

クランベリーズのデビューシングルです。ドリームスはPVが3パターン製作されましたが、一番見かけたのはこの一番最初に作られたPVでした。今回の放送でも初期型です。今となっては逆にバージョン2バージョン3の方がレアかも?

The Cranberries / I Can't Be With You
This single is the 3rd to be released to coincide with their UK tour after a highly successful tour around the USA.
最新シングルです。クランベリーズは以後世界各国でライヴツアーを行いました。しかしその疲れからか、ドロレスが体調不良になったりしています。

以後バンドはカーペンターズのトリビュートアルバムに参加するなど、アメリカでの知名度や人気を上げました。またロック色を強くしたアルバムをリリースしたりもしています。
アメリカのドラマ「チャームド」(シーズン2)で、主人公姉妹が経営するクラブにクランベリーズが本人役でライヴ出演していたのも日本で観る機会がありました。
クランベリーズはは2004年に活動休止。バンドメンバーはそれぞれ活動をしていましたが、2008年に復活。以後2枚アルバムをリリースし、2017年4月の最新アルバムSomething Elseでは過去の曲のアコースティックバージョンと新作3曲が収録されています。

(追記)
2018年1月15日、クランベリーズのヴォーカリストのドロレス・オリオーダンが滞在先のロンドンで亡くなりました。46歳でした。
死因はわかっていませんが、時々体調不良があったということです。
バンドの行く末はまだわかりませんが、ドロレスの死はバンドメンバーのみならず、アイルランド、そして世界中で惜しむ声が聞かれました。


ON STAGE
Marion / The Only Way

マリオンはこの時点でまだシングル2枚しかリリースしていない新人です。これからが期待されます。これの動画元には、95年2月28日アストリア2で行われたライヴだとあります。詳しく調べたところ、これはThe BEATのイベントで、28日にEMF, Salad, Thurman, Marion, Molly Half Head がアストリア2(地下)、27日にはEchobelly, Skank Anansie, Dodgy, Reef のライヴがアストリア(上階)で行われたことがわかりました。


OTHER CHART HIGHLIGHTS
RAP
Dr Dre And Ice Cube / Natural Norn Killaz
Rap continues to feature predominately in the charts with help mainly from the American rappers Dr Dre & Ice Cube.

SOUL
Brownstone / If You Love Me
Recently signed to Michael jackson's record label, Brownstone continue the steady soul input into the chart.


TOP 10
10  Bucketheads / The Bomb
 9 N Massive Attack / Karmacoma
This latest single is from Massive Attack's second album 'Protection' produced by Nellee Hooper.

 8→ Celine Dion / Think Twice
 7   Freakpower / Turn On, Tune In, Cop Out
 6   Wet Wet Wet / Julia Says
 5 N Strike / U Sure Do

Making their name as one of the strongest UK House acts, their latest single features Victoria Newton.
ストライクは94年結成、FreestylersのMatt CantorとAndy Gardner、そしてヴォーカリストのVictoria Newtonの3人グループです。マットとアンディは掛け持ちでした。この曲は2ndシングルでグループの最もヒットした曲になっています。最初は94年12月にリリース、95年に再発し大ヒットして英国オフシャルチャートで最高位4位になっています。

 4 N The Beatles / Baby It's You
This is a re-release of the successful singles first released off their album 'Please Please Me' in June 1963.

 3   Cher, Chrissie Hynde & Neneh Cherry with Eric Clapton / Love Can Build A Bridge
 2 N Bobby Brown / Two Can Play That Game
This track, released from Bobby's platinum selling self titled album, has since been remixed by K Klass.


ON STAGE
Skunk Anansie / I Can Dream
こちらの音源をアップされた方は95年3月17日(イギリスでの放映日?)と書いていましたが、ライヴは2月27日じゃないかな~と思えてなりません。少なくとも、BEAT UKで放映されたライヴは95年2月27日のイベントで確定でしょう。


NO.1
     The Outhere Brothers / Don't Stop (Wiggle Wiggle)  PVなし

アウトヒア・ブラザーズはアメリカのグループで、ヒップホップにハウステイストを入れた感じのサウンドが特徴です。アメリカではあまりヒットしませんでしたが、イギリスを中心としたヨーロッパで大ヒットしました。このPVでの歌詞はマイルドになっているそうで、実際の音源の方の歌詞ははもう少し卑猥なようです。
あと今回はPVがなかったのですが、放送では壁にスプレーで落書きをしている少年の動画が流れ、1位の表示があってから即エンドロールが始まります。自分が知る中では、最も短かった1位PVでした。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

SOMETHING ELSE
CRANBERRIES
RYKOD
2017-04-28


    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット