1995年4月1日のオンエア情報です。

1995年頃は音楽雑誌も時々買っていました。現在でも音楽誌はいくつかありますが、なくなったものも当然色々あります。
そのなくなってしまった雑誌の中に、「クロスビート」という洋楽専門誌がありました。現在でもある雑誌「ロッキング・オン」と似たテイストの雑誌です。
この中に「今月のジョー・マー」というコーナーがありました。ジョー・マーって誰だよ、ジョニー・マーかよと思ったら本当にその通りで、いわゆる先月分の正誤表コーナーなのでした。
このコーナーは毎月密かな楽しみではありましたが、今となっては完璧なものを作ることの難しさを感じます。
まぁ、某ゲーム雑誌のような「インド人を右に」(正しくは「ハンドルを右に」)などというウルトラ誤植で伝説になる場合もあるっちゃありますが…


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字
はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
日本語の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません。ご了承ください。


BEAT UK  April.01.1995 On Air 
Voice / Paul K Joyce

TOP 20
20 N Human League / One Man In My Heart
Human League's 'One Man In My heart' is the second single to be released from the album 'Octopus'.

19 N Sophie B Hawkins / As I Lay Me Down

Born in Manhattan, New York, Sophie B Hawkins has released her latest single from her LP 'Whaler'.
ソフィー・B・ホーキンスはアメリカのシンガーソングライターで、1992年デビューです。この曲は1994年の2ndアルバムWhaler からの3rdシングルで、ビルボードのアダルトコンテンポラリーチャートで1位獲得、Hot100でも6位に入る、彼女の代表曲の一つになりました。

18 N Rednex / Old Pop In An Oak

The Country pop stars return to the charts with the second single to be released from their debut album.
スウェーデンのカントリー系ダンスグループ、レッドネックスの1stアルバムが2月末にリリースされました。この曲は大ヒット曲Cotton Eye Joeに続く2ndシングルで、リリースは94年です。ヨーロッパでは既に広くヒットしています。こういうのもアイデア勝負、やったもん勝ちです。

17 N Tin Tin Out / Always

'Always' was released as a limited edition and sold out in one morning it also features Vanessa of Espiritu.
イギリスのダンス系デュオ、ティン・ティン・アウトは94年デビュー。自身の曲をリリースしつつ、様々なアーティストのリミックスを行っています。この曲の収録されているアルバムAlwaysは98年のリリースとなり、この頃最も活動が活発になります。

16 N East 17 / Let It Rain
The Boys from Walthamstow return to the charts with this latest single from their second album 'Steam'.

15 N Duran Duran / Perfect Day

This is the first single to be released from the long awaited Duran Duran album simply titled 'Thank You'.
先のアルバムはヒット曲も出し新しいファン層を開拓しました。95年には全曲カバーのアルバムThank Youを4月にリリースし、この曲はその先行シングルでした。アルバムのカバー元はドアーズ、レッド・ツェッペリン、パブリック・エネミーなどで、これはルー・リードの1972年の曲です。
個人的にはそれほど悪くないと思うのですが、このカバーアルバムは評論家からの評価がとても低かったようです。「ポップバンド風情が売れ線狙って楽してるんじゃねーよ」的な何かがあったのでしょうか。(想像です)

14   The Boo Radleys / Wake Up Boo
13   Des'ree / You Gotta Be
12 N Warren G / Do You See
Warren G has released the third single from his million selling debut album 'Regulate... The G Funk Era'.

11   Clock / Axel F


ON STAGE
Thurman / Talk To Myself

おそらく95年3月11日回で特集されたイベントでのライヴからのステージだと思われます。Talk To Myself は最初の曲です。映像ではセピア色になっていますが、放送ではカラーでした。


NEW RELEASES
Take That / Back For Good
'Back for Good' is the long awaited single by the Manchester boys taken from their 3rd album 'Nobody Else'.

Reel 2 Real / Conway
World famous for their hit 'I Like To Move It', Reel 2 Real are currently finishing work on their debut album.

Bitty McLean / Over The River
The Birmingham boy returns to the charts with this single which follows his hits 'It Keeps Raining' & 'Sweet'.


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
21  The Beautiful South / Carry On Up The Charts
20  Megadeth / Youthanasia  (Train Of Consequences)
19  Oasis / Definitely Maybe
18  The Smith / Singles
17  Leftfield /Leftism
16  Stevie Wonder / Conversation Peace  (For Your Love)
15  Del Amitri / Twisted
14  Offspring / Smash
13  Janet Jackson / Janet Remixed
12  Hootie And the Blowfish / Cracked Rear View
11  Portishead / Dummy
10  Blur / Parklife
  9  Kirsty MacColl / Galore - Greatest Hits Of
  8  Moby / Everything Is Wrong
  7  The Cranberries / No Need To Argue
  6  Celine Dion / Colour Of My Love
  5    Radiohead / The Bends  (High & Dry)
  4    Bruce Springsteen / Greatest Hits
  3    Faith No More / King for a Day... Fool for a Lifetime
  2    Annie Lennox / Medusa
  1    Elastica / Elastica  (Waking Up)


WORLD ALBUM CHART
FRANKFURT
Annie Lennox / Medusa
Various Artists / Bravo Hits 9
Bruce Springsteen / Greatest Hits
The Cranberries / No Need To Argue
Faith No More / King for a Day... Fool for a Lifetime

AMSTERDAM
The Cranberries / No Need To Argue
Annie Lennox / Medusa
Faith No More / King for a Day... Fool for a Lifetime
Celine Dion / Colour Of My Love
Bruce Springsteen / Greatest Hits

PARIS
Stevie Wonder / Conversation Peace
Bruce Springsteen / Greatest Hits
The Cranberries / No Need To Argue
Various Artists / Ludwig Van Beethoven - OST
Faith No More / King for a Day... Fool for a Lifetime


REQUEST
Shampoo / Trouble


CHART BREAKERS
Kingmaker / You & I Will never see Eye To Eye

Kingmaker return to the charts after a long break to work on their latest LP called 'In The Best Possible Taste'.
キングメイカーの95年4月リリースのアルバムIn the Best Possible Tasteからの先行シングルです。ブリットポップの波には乗るべくアルバムを出してきましたが、アルバムはあまり売れず、残念ながら95年に解散してしまいました。2010年に再結成していますが、ギターヴォーカルのロズ抜きでの再結成です。解散後ロズは友達のエラスティカの曲を作ったりポルノ映画のサントラに参加したりしていたようです。

Bomb The Bass / One To One Religion
Tim Simenon, the face of Bomb The Bass is an ex London DJ and is known for his work with Seal & Neneh Cherry.

Judy Cheeks / This Time
Judy Cheeks continues her excellent track record with her record company 'Positiva' with this single 'This Time'.


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
Witeout / Manchester Four Aces - Manchester, UK  1 April
Carter USM / Strom - Munich, Germany  4 April
Janet Jackson / Arena Sheffild, UK  4 April /
 Arena Birmingham, UK  7 April

ASIA
The Grid / The Metro - Melbourne, Australia  3/4/5 April
James Taylor Quartet / Club Quattro - Tokyo, Japan  1 April
Slayer / Sun Plaza Hall Tokyo, Japan  4 April /
 Koseinenkin Kaikan - Osaka, Japan  6 April

NORTH AMERICA
Sheryl Crow / Palace Theatre - Louisville, Kentucky, USA  1 April
The Cranberries / Seattle Centre - Seattle, Washington, USA  1 April


FEATURE
FAITH NO MORE

The group began in '82 with a debut LP released in '85, there has since been various changes to the line up. The current line up includes Mike Patton the ex vocalist from the Seattle punk band Mr Bungle, who joined in 1989.
They have toured with some of the best known names in rock including Metallica & The Red Hot Chili Peppers. They have now released their 5th LP & Beat UK caught up with them on their UK tour at The Forum in London.

フェイス・ノー・モアの特集です。
アメリカのサンフランシスコ出身のフェイス・ノー・モアは1979年にSharp Young Menというバンドを結成。1982年にFaith No MenFaith No Moreへ改名しました。83年に自主製作でレコードデビュー、85年に1stアルバムWe Care a Lotをリリースします。自分は知らなかったのですが、82~84年までは女性ヴォーカルで、ヴォーカリストがなんとコートニー・ラブだったのでした。(音源にはなっていない模様)
1995年、5thアルバムKing for a Day... Fool for a Lifetimeを3月末にリリース、世界的なセールスと活躍が期待されています。
以降バンドは98年に解散、2009年に活動を再開し、2011年に再度解散。2013年からは活動再開し現在に至っています。

Faith No More / From Out Of Nowhere →Epic

いきなり曲名を間違えていましたが、フェイス・ノー・モアといったらこの曲、と言えるくらいの代表曲です。オルタナ系に造詣の深い方にはお馴染みですね。この曲は1989年の2ndアルバムThe Real Thingからの2ndシングルで、間違っていた方のFrom Out Of Nowhereは1stシングルでした。89年にオルタナティブ・ロックという言葉はまだなかったと思うのですが、メタルなのかロックなのかレコードショップの分類上困る音をしていたと思います。(ニルヴァーナがメタルコーナーに置いてある時代だったし)

Faith No More / Midlife Crisis
92年の3rdアルバム、Angel Dustからの1stシングルです。

Faith No More / Easy

この曲はカバーで、原曲は1977年にリリースされたコモドアーズの曲で、当時バンドに在籍していたライオネル・リッチーが作詞作曲を手掛けたものです。
3rdアルバムのAngel Dustの初回盤以降の盤にこの曲が収録されていたようです。初回盤に色々付くというのはよくありますが、それ以降に追加されるのは珍しいのではないでしょうか。

Faith No More with Boo-Yaa T.R.I.B.E. / Another Body Murdered
映画「ジャッジメント・ナイト」のサントラとして製作された曲です。ヒップホップとロックのアーティストをコラボさせた意欲的な企画で、今で言うミクスチャーロックだらけのサントラになっています。

Faith No More / Digging The Grave

最新アルバムKing for a Day... Fool for a Lifetimeからの先行1stシングルです。アルバムリリース時には色々なところでプロモーションをしたそうです。ここでの特集もその一環だったのでしょうか。

Faith No More / What A Day
この曲はシングル曲ではありませんでしたが、ライヴ映像が流れました。


ON STAGE
Collapsed Lung / Dis MX
1994年8月26日(金)、Reading Festival '94初日からのステージです。この映像は見つかりませんでした。


OTHER CHART HIGHLIGHTS
TECHNO
Traci Lords / Control

This track is one of many techno songs which dominate the charts along with The Prodigy, Moby and Orbital.
トレイシー・ローズという人を知っているでしょうか?詳細は割愛しますが、彼女がティーンの頃から知っている方はかなりマニアックな人だと思います。大人になりテレビや映画での女優業を始める一方、イギリスで音楽活動も行うことになり、95年2月末に1stアルバム1000 Firesをリリース。レイヴミュージック界隈ではかなりヒットしました。以後女優業がメインになっていますが、散発的に音楽活動もしているようです。
また彼女は92年のマニック・ストリート・プリーチャーズのシングル、Little Baby Nothing にゲスト参加し、PVにも出演しています。

ROCK
Corrosion Of Conformity / Albatross
Rock continues a steady input into the charts with the help of English rockers Megadeth & America's Faith No More.


TOP 10
10  Janet Jackson / Whoops Now/What'll I Do
 9 N Leftfield / Original
Leftfield release their third single to be released from their successful debut album simply titled 'Leftism'.

 8   Celine Dion / Think Twice
 7   Alex Party / Don't Give Me Your Life
 6   Nightcrawlers / Push The Feeling On
 5   Bucketheads / The Bomb
 4 N Wet Wet Wet / Julia Says
The Glaswegian Wets have released the first single to be taken from their brand new album called 'Picture This'.

 3   The Outhere Brothers / Don't Stop  PVなし
 2   Freakpower / Turn On, Tune In, Cop Out


ON STAGE
Thurman / Famous
前半コーナーと同じ日のステージだと思われます。動画には3曲分あったのですが、この曲は入っていませんでした。


NO.1
  Cher, Chrissie Hynde & Neneh Cherry with Eric Clapton / Love Can Build A Bridge

これはカバー曲で、原曲は1990年にリリースされたアメリカの母娘フォークデュオ、ザ・ジャッジの同名曲です。この曲はルワンダの子供たちを支援するためのチャリティーソングで、95年度のコミック・リリーフ公式ソングになりました。英国公式シングルチャートでも1位になりました。
コミック・リリーフとはイギリスの慈善団体で、2年に一度チャリティーTV番組をしています。若干違いはあるでしょうが、日本で毎年夏にやっている24時間テレビみたいなものでしょう。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

1,000ファイアーズ
トレイシー・ローズ
MCAビクター
1995-03-24

    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット