1995年3月18日のオンエア情報です。

ヒットチャートで映画の主題歌が上位に入って来ることがあります。
日本では映画よりもドラマやCMソング、最近ではアニメ関連曲などもヒットする印象がありますが、海外だとドラマに主題歌ではなく、歌なしのテーマ曲の場合が多いので印象にないのでしょう。
イギリスでもリーバイスやギネスビールのCMソングが上位に入ったりするなど、一定の需要はありそうなのにそういったメディア展開はあまり聞きません。
そんな中、94年に始まったアメリカのドラマ「フレンズ」のテーマソングはとてもヒットしました。日本では当時WOWOWで放送していたので、覚えている方もいるでしょう。そのうちBEAT UKチャートにも入って来ます。


先週からのランキングの
  はダウン
  はアップ
 → は変化なし
N はNew Entry、R はRe-Entryです。
太文字
はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
基本オンエアそのままの表記ですが、スペルミスや追記が必要そうなときはその都度調整します。
ミュージックビデオはPV(プロモーションビデオの略称)と表記します。

英語テロップはBEAT UKの放送から引用しています。
日本語の説明部分は自分の感想であり、翻訳ではありません。ご了承ください。


BEAT UK  March.18.1995 On Air 
Voice / Neil Fox

TOP 20
20   Drizabone / Real Love
19   Scarlet / Independent Love Song
18   Elastica / Waking Up
17→ Ini Kamoze / Here Comes the Hotstepper
16 N Dodgy / Making The Most Of

Formed in Birmingham in the mid 80's, Dodgy have been through a lot from owning a club, to being arrested.
ドッジーは1990年結成。初期は自身でクラブイベントを主催するなど独自の活動をしていました。このシングルは94年10月にリリースした2ndアルバムHomegrown からのもので、公式シングルチャートで最高位22位となり、徐々に人気が出てきています。このアルバムがミュージシャンの広石武彦さんがパーソナリティをしていたラジオで紹介された時、「メロディー構成が予想を裏切り、いい感じにひねくれている」と評したのを聴いて曲を聴いたら、まさにその通りで面白かった記憶があります。

15   Elton John / Belive
14   Bon Jovi / Someday I'll Be Saturday Night
13   Annie Lennox / No More I Love Yous
12   N-Trance / Set You Free
11   Perfecto Allstarz / Reach Up


ON STAGE
Dodgy / Get Off Your High Horse

まとまったライヴ映像を発見。確認したところ全く同じ映像でした。The BEATのライヴイベントだったのかも。この曲は8分辺りからです。


NEW RELEASES
The Prodigy / Poison

The Essex Boys are currently on tour and will release this track from the LP 'Music For The Jilted Generation'.
プロディジーの2ndアルバムMusic For The Jilted Generation からの最後のシングルカットです。この曲のサンプリング元にはSkull Snapsの "It's a New Day"などが使われています。この曲ではロックテイストがかなり盛り込まれていて、翌年にリリースされる3rdアルバムへの繋がりを感じさせられます。

Brand New Heavies / Close To You
This is the latest track to be released from the funky US band's self titled album released earlier this year.

Warren G / Do You See
'Do You See' is the third single to be released from Warren G's laid back G-Funk album 'Regulate'.


UK ALBUM CHART
アルバムタイトルの後の(カッコ内)は、放送されたPVです。
21  Belly / King
20  Vanessa Mae / The Violin Player
19  Offspring / Smash
18  Garth Brooks / The Hits
17  Sting / Fields of Gold: The Best of Sting 1984-1994
16  John Lee Hooker / Chill Out
15  Massive Attack / No Protection
14  The Beautiful South / Carry On Up The Charts
13  Jimmy Nail / Crocodile Shoes
12  Sheryl Crow / Tuesday Night Music Club  (All I Wanna Do)
11  M People / Bizarre Fruit
10  Oasis / Definitely Maybe
  9  PJ Harvey / To Bring You My Love  (Down By The Water)
  8  The Cranberries / No Need To Argue
  7  Portishead / Dummy
  6  Tricky / Maxinquaye
  5    The Smith / Singles
  4    Celine Dion / Colour Of My Love
  3    Del Amitri / Twisted  (Here And Now)
  2    Blur / Parklife
  1    Bruce Springsteen / Greatest Hits  (Better Days)


WORLD ALBUM CHART
VIENNA
Nirvana / Unplugged In New York
Sting / Fields of Gold: The Best of Sting 1984-1994
Eric Clapton / Fields Of Gold
Sinple Minds / Good News From A New World
Schwester S. / S Ist soweit

BARCELONA
Various Artists / Pulp Fiction - OST
The Cranberries / No Need To Argue
Green Day / Dookie
Sinple Minds / Good News From A New World
John Lee Hooker / Chill Out

TOKYO
Bruce Springsteen / Greatest Hits
Snow / Murder Love
Van Halen / Balance
Kome Kome Club / Decade
Manhattan Transfer / Tonin'


REQUEST
Blur / To The End


CHART BREAKERS
Luscious Jackson / Deep Shag
Deep Shag is the second single to be released by this New York all girl band from their 2nd LP 'Natural Ingredients'.
アメリカのガールズバンド、ルシャス・ジャクソン92年のEP盤はビースティー・ボーイズのレーベルであるグランドロイヤルから出していましたが、94年のフルアルバムNatural Ingredientsはメジャーレーベルからも出しています。

Leftfield / Original

This is the second release from critically acclaimed dance group Leftfield who have run up the charts.
レフトフィールドの1stアルバムLeftism からのシングルで、若干ブリストル系に寄った曲です。ゲストヴォーカリストには、カーヴのトニ・ハリディを起用しています。レフトフィールドのゲストヴォーカルは、あえてハウス系のアーティスト以外のところから持ってくる場合が多いですが、単純にファンだからという理由もあるようです。

Dog Eat Dog / Who's The King?

Dog Eat Dog have been described as hip hopcore, mixing rap, hardcore and brass, & compared to the likes of RATM.
サックスの音が特徴的なドッグ・イート・ドッグは、アメリカのミクスチャーバンドです。テロップにはRATM、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのようだとあります。93年のEP盤に続き、94年にはフルアルバムAll Boro Kingsをリリースし、ヨーロッパにツアーで回ったりMTVでPVがたくさんかかったりしたので、ヨーロッパ各国ではチャートに登ったり活躍していました。しかし本国アメリカではあまりヒットしなかったようです。


WORLD GIG GUIDE
EUROPE
The Lightning Seeds / Loft - Berlin, Germany  20 March /
 Gino - Stockholm, Sweden  22 March
MN8 / Ahoy - Rotterdam, Holland  21/22 March /
 Palais De Sport - Toulouse, France  25 March

ASIA
Bryan Ferry / Sun Plaza Hall - Tokyo, Japan  21 March
C+C Music Factory / IMP Hall - Osaka, Japan  21 Maech
Shampoo / Club Quattro - Osaka, Japan  21 March

NORTH AMERICA
Black Crowes / Beacon Theatre - New York, USA  18-22 March /
 Orpheum Theatre - Boston, USA  24-26 March
Boyz II Men / Orlando Arena - Florida, USA  25 March


FEATURE
POSITIVA PROFILE

The Positiva records label was formed back in April '93 and is dedicated to finding 'Dance Music with an edge'.
EMI傘下のクラブ系レーベル、Positiva records の特集です。このレーベルは、1993年にXLレコーディングスの設立者のひとりであるニック・ホークスによって設立されました。この頃は現在からすると、当然ですがレーベル初期の段階です。現在でもレーベルは存続し、一貫してクラブ系音楽をリリースし続けています。最近ではデヴィッド・ゲッタやアヴィーチーなどもここから出していました。
(カッコ内)はリリースされたレコードのレーベル番号です。

Judy Cheeks / Reach  (TIV12)
Reel 2 Real / I Like To Move It  (TIV10)
リール・2・リアルはアメリカのハウスグループで、イギリスではポジティバからリリースしていました。彼らはレーベル最初の大ヒットアーティストです。特にこのシングルは英国オフィシャルチャートで最高位5位に入り、2005年にはこのカバー曲がアニメ映画「マダガスカル」のテーマソングになり、再びヒットしました。
アメリカではStrictly Rhythm というレーベルから出していて、イギリスのミュージシャンも多くこちらから出していました。レーベルロゴの背景がレンガのこのアナログレコードを当時はよく見かけました。現在はダウンロード販売のみのレーベルになっているようです。

Amos / Let Love Shine  (TIV24)

本名はAmos Pizzeyというイギリスのミュージシャンで、80年代から音楽活動をしていた人です。現在はアメリカへ移住し、会社経営者になっています。妻であるリサ・イアンソンはテレビの司会者で、95年度のブリット・アワードのベストシングル部門でプレゼンターをしていました。

Up and coming artists recently signed to the label include:-  Judy Cheeks, Eddy, The Whooliganz, Amos & more.

The Purple Kings ‎/ That's The Way You Do It  (TIV21)

Positiva records is one of the fastest growing dance labels in the UK, along with the infamous 'Deconstruction'.

Reel 2 Real / Conway  (TIV30)

The most successful artist to date signed to the Positiva label is Reel 2 Real and here is their new video.
リール・2・リアルの最新シングルです。結構ヒットを飛ばしているのですが、97年には解散しています。記憶に残る曲を残したアーティストです。

2 In A Room / El Trango  (TIV18)


ON STAGE
Echobelly / Four Letter Word

このステージもそのままありました。前週の特集でThe BEATのライヴイベントの裏側を撮影していましたが、その時のステージなのかもしれません。


OTHER CHART HIGHLIGHTS
HIP HOP
Johnny Moy / Squirt
This is the 2nd single to be released by the renowned Irish DJ Johnny Moy, with it's funky hip hop beat.

DUB REGGAE
Zion Train / Get Ready
Zion Train have been together as a sound system for 4 years now, & have been playing live gig all over Europe.


TOP 10
10N Faith No More / Digging The Grave
Faith No More return after a 3 year braek with this track taken from their LP 'King For A Day, Fool For A Lifetime'.

 9   Clock / Axel F
 8 N Radiohead / High And Dry

Formed in their school days, this critically acclaimed band have had hard. 'High & Dry' is not to be missed.
2ndアルバムThe Bendsが3月13日にリリースされました。レディオヘッドの中ではこのアルバムが一番好きだという人もいるでしょう。当初から評論家受けの良かったアルバムでしたがすぐには売れず、長期間に渡って徐々にセールスが伸びてゆきました。今は売れっ子プロデューサーになったナイジェル・ゴッドリッチがプロデューサー(ジョン・レッキー)のアシスタントでThe Bendsのレコーディングに入っていて、以後レディオヘッドの音楽制作に深く関わるきっかけになっています。

 7   MN8 / I've Got A Little Something For You
 6   Bucketheads / The Bomb
 5 N The Stone Roses / Ten Storey Love Song
This is The Stone Roses' second track to be released from their award winning album 'Second Coming'.

 4   Celine Dion / Think Twice
 3   Nightcrawlers / Push The Feeling On
 2   Alex Party / Don't Give Me Your Life


ON STAGE
Dodgy / So Let Me Go Far
この曲は前半の動画の一番最初の曲です。 →動画を見る
最後まで見ると、BEAT UKでもお馴染みの目玉のロゴマークが出て来ます。


NO.1
   N  The Boo Radleys / Wake Up Boo

This video of the Boo Radleys' latest single as filmed at Battersea Power station in the UK earlier this year.
ブー・ラドリーズの一番のヒット曲になったこの曲は、95年3月末にリリースされる4thアルバムWake Up! からの先行シングルでした。以前はクリエイションのバンドらしいシューゲイザーバンドだったのですが、大きな方向転換をしたのが見事に当たりました。このバンドは時代に合わせる柔軟性と対応力は確実にあるのですが、電子音を入れた時は残念ながら外してしまいます。
またこの曲は、イギリスのTomas Chamorro-Premuzic博士の研究で「史上最も気分の良くなる曲」に認定されたという話もあります。
日本ではバラエティ番組のテーマソングにもなっていました。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

Homegrown
Dodgy
Spectrum Audio UK
2009-03-24

    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット