1995年度のブリット・アワードのまとめです。

ノミネート等の詳しい情報はウィキペディア英語版にありますが
更に詳しくまとめている海外のブログを今回も参照してゆきたいと思います。

太文字はアーティスト名で、/ の後に曲名が続きます。
サントラ部門賞では、サントラ名の後にアーティスト名が続きます。

動画が多いので、少し重いかもしれません。



The BRIT Award 1995
1995年2月20日開催
開催場所は三年連続でロンドンのアレクサンドラ・パレス。
総合司会はイギリスの司会者、クリス・エバンスです。


Best British Album
ベスト・ブリティッシュ・アルバム
プレゼンターはシンディー・ローパー

ノミネートされたのは以下のアルバムです。
ブラー / Parklife
エターナル / Always & Forever
マッシヴ・アタック / Protection
オアシス / Definitely Maybe
ピンク・フロイド / The Division Bell

ベスト・ブリティッシュ・アルバム受賞は
ブラー / Parklife


Best British Dance Act
ベスト・ブリティッシュ・ダンスアクト、クラブミュージックの賞です。
プレゼンターはアイザック・ヘイズ

ノミネートされたのは以下のアーティストです。
ブラン・ニュー・ヘヴィーズ
エターナル
マッシヴ・アタック
Mピープル
ザ・プロディジー


ベスト・ブリティッシュ・ダンスアクト受賞
Mピープル


Best British Female Solo Artist
ベスト・ブリティッシュ・女性アーティストです。
プレゼンターはパルプジャーヴィス・コッカー

ノミネートされたのは以下のアーティストです。
ケイト・ブッシュ
デズリー
ミシェル・ゲイル
エディ・リーダー
リサ・スタンスフィールド


ベスト・ブリティッシュ・女性アーティストの受賞者
エディ・リーダー


Best British Group
ベスト・ブリティッシュ・グループ
プレゼンターはヴィック・リーヴス&ボブ・モーティマー
Vic&Bobのコメディアンコンビで、93年度もベストグループのプレゼンターでした。

ノミネートされたのは以下のグループです。
ブラー
エターナル
Mピープル
オアシス
ピンク・フロイド


ベスト・ブリティッシュ・グループ受賞
ブラー


Best British Male Solo Artist
ベスト・ブリティッシュ・男性アーティスト
ここの映像は見つからなかったので、プレゼンターが誰かわかりませんでした。

ノミネートされたのは以下のアーティストです。
エリック・クラプトン
エルヴィス・コステロ
モリッシー
シール
ポール・ウェラー


ベスト・ブリティッシュ・男性アーティスト受賞者
ポール・ウェラー


Best British Newcomer

ベスト・ブリティッシュ・ニューカマー、新人賞です。
ウィキペディアではNewcomerがBreakthroughと記載されています。
プレゼンターはキンクスレイ・デイヴィス

ノミネートされたのは以下のアーティストです。
エコーベリー
エターナル
オアシス
PJ&ダンカン
ポーティスヘッド

 
ベスト・ブリティッシュ・ニューカマー受賞
オアシス


Best British Producer
ベスト・ブリティッシュ・プロデューサー
ここの映像は見つからなかったので、プレゼンターが誰かわかりませんでした。

ノミネートされたのは以下の方々です。
エド・ブラー
フラッド (マーク・エリス)
ネリー・フーパー
トレヴァー・ホーン
ステファン・ストリート


ベスト・ブリティッシュ・プロデューサー受賞者は
ネリー・フーパー


Best British Single
ベスト・ブリティッシュ・シングル
プレゼンターはリサ・イアンソン
この賞はBBCラジオ1のファン投票で決まります。

ノミネートのアーティストと曲は以下の通りです。
オアシス / Live Forever
ブラー / Parklife
イースト17 / Stay Another Day
ブラー / Girls & Boys
ウェット・ウェット・ウェット
/ Love Is All Around

他にもノミネートされたアーティストがいます。1曲縛りではないようです。

China Black / Searching
D:Ream / Things Can Only Get Better
Michelle Gayle / Sweetness
Tom Jones / If I Only Knew
Oasis / Whatever
The Grid / Texas Cowboys

ベスト・ブリティッシュ・シングル受賞曲
ブラー / Parklife


Best British Video
ベスト・ブリティッシュ・ビデオ
昨年度はブリティッシュの名前がありませんでしたが、95年度は戻っていました。
プレゼンターはシモン・エンジェルトミー・ヴァンス

ノミネートされたのは以下のビデオです。
ブラー / Parklife
ジャミロクワイ / Space Cowboy
ローリング・ストーンズ / Love is Strong
シール / Prayer for the Dying
スウェード / The WIld Ones

ベスト・ブリティッシュ・ビデオ受賞
ブラー / Parklife


Best International Female
ベスト・インターナショナル・女性アーティスト、イギリス以外の女性アーティスト賞です
プレゼンターはジミー・ネイル

ノミネートされたのは以下のアーティストです。
トーリ・エイモス (アメリカ)
kdラング (カナダ)
マドンナ (アメリカ)
カイリー・ミノーグ (オーストラリア)
シネイド・オコナー (アイルランド)
 
ベスト・インターナショナル・女性アーティスト受賞者は
kdラング


Best International Group
ベスト・インターナショナル・グループ、イギリス以外のベストグループです
プレゼンターはデズリー

ノミネートされたのは以下のグループです。
カウンティング・クロウズ (アメリカ)
クランベリーズ (アイルランド)
クラッシュ・テスト・ダミーズ (カナダ)
R.E.M. (アメリカ)
ニール・ヤング&クレイジー・ホース (カナダ)

ベスト・インターナショナル・グループ受賞は
R.E.M.


Best International Male Solo Artist
ベスト・インターナショナル・男性ソロアーティスト
プレゼンターはネナ・チェリー

ノミネートされたのは以下のアーティストです。
ブライアン・アダムス (カナダ)
ウォーレン・G (アメリカ)
ユッスー・ンドゥール (セネガル)
プリンス (アメリカ)
ルーサー・ヴァンドロス (アメリカ)

ベスト・インターナショナル・男性ソロアーティスト受賞者は
プリンス


Best International Newcomer
ベスト・インターナショナル・ニューカマー、イギリス出身以外の新人賞です
プレゼンターはトム・ジョーンズ

ノミネートされたのは以下のアーティストで、今回は全てアメリカのアーティストです。
カーリーン・アンダーソン
カウンティング・クロウズ
マルセラ・デトロイト
リサ・ローブ
ウォーレン・G


ベスト・インターナショナル・ニューカマー受賞は
リサ・ローブ


Best Soundtrack / Cast Recording
ベスト・サウンドトラック/キャスト・レコーディング

ノミネートされたのは以下の作品及びアーティストです。
ライオンキング / エルトン・ジョン&ハンス・ジマー
フォレスト・ガンプ / Various Artist
フォー・ウェディング / Various Artist
フィラデルフィア / Various Artist
パルプ・フィクション / Various Artist

ベスト・サウンドトラック/キャスト・レコーディング受賞は
パルプ・フィクション / Various Artist


Outstanding Contribution
音楽シーンへの貢献賞、功労賞のようなものです。
プレゼンターはスティング

ノミネートなどはなく、受賞者はエルトン・ジョン



今回パフォーマンスを行ったアーティストです。

ブラー / Girls & Boys

音源のみ。リンク先では1994年となっていますが、実際には1995年度のブリット・アワードからの音源でした。BEAT UKの放送でも同じ音源があり確認済みです。

イースト17 /  Let it Rain

エターナル / Baby Love

エルトン・ジョン / Believe

マドンナ / Bedtime Story

エディ・リーダー / Patience of Angels

スティング&Mピープル / Set Them Free

テイク・ザット / Back for Good


1995年のブリット・アワードはいかがでしたでしょうか。
94年度と比べると、気のせいかもしれませんが、ステージが広くなった印象があります。
賞の内容自体は昨年度とさほど変化はありませんが、ベストビデオ賞をBritに戻したりなど、細かい変更はありました。
あとはなんといってもブラー無双でした。不遇な時代はもう過去のものです。
ブラーは4部門で賞を獲得し、この時点でブリット・アワードにおける年間最多受賞でした。以降は2016年にアデルが4部門で賞を獲得し、受賞タイ記録になっています。

94年度からは人気さえあればインディー系アーティストでも受賞できるようになりました。しかしイギリス全体の賞なのですから、国内アーティストに関してはもうちょっとジャンル分けしてもいいんじゃないかなぁ、とも思えるのでした。

次回のブリット・アワードは1996年2月19日です。お楽しみに。



ブログランキング参加しています。記事がお気に召しましたらよろしくお願いします。

パークライフ(完全初回生産限定盤)
BLUR
ワーナーミュージック・ジャパン
2012-08-01


    mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット