BEAT UKアーカイブス

1990年から2002年までフジテレビ系列で放送されていた洋楽番組「BEAT UK」のチャート、新曲紹介、特集などの放送データを記録し、アーカイブ化を目指しています。独断と偏見で動画を置いたり、感想を書いたりもしています。

1998年4月24日のオンエア情報です。

今年の正月早々に「フランスで違法レイヴパーティが摘発される」というニュースがありました。
新型コロナ対策での夜間外出禁止令を無視し廃工場で年越しテクノパーティを開催したとかで、数百人が集まる様子が映し出されていました。たぶんこれ、毎年やってるのでしょう。
ダフト・パンクの97年のシングル「Revolution 909」のPVでも小規模ながらも似たような場面があったことを思い出し、90年代を彷彿とさせる事件だなと感じました。
今は違法レイヴがどうのってより、新型コロナ時代における集会が問題視される社会的背景の違いはありますが、若者のアンダーグラウンドなナイトライフは90年代と変わらないところもあるようです。

1998年4月22日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
・98年夏フェス情報
・ロー・フィデリティ・オールズターズ、1stアルバムリリース!
・今週の逮捕者まとめ
続きを読む

1998年4月17日のオンエア情報です。

2015年に英国BBCで「史上最もクールなバンドTシャツ」という企画があったことを知りました。単に音楽好きの投票ではなく、ファッションデザイナー選定監修ってことでセンスはお墨付きです。
自分は「一見ダサくてわかる人だけニヤリとする」ようなセンス皆無なデザインが好きなので、ソニック・ユースならGoo柄じゃなくてウォッシング・マシーンのジャケ写にもなった洗濯機柄(ソニック・ユースの公式グッズ)が好きです。
もっともGoo柄でも人間が犬になっていたりする、許可取ってるのかわからないアレンジTシャツにも魅力を感じるし、最近では上記で1位になっているジョイ・ディヴィジョンの波形デザインを雑に描いたアレンジ版を発見し、いつか買おうと目論んでいます。

1998年4月14日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
イアン・ブラウン、シークレットライヴに登場
デイヴ・ナヴァロ、レッチリを脱退
ジョージ・マイケル、猥褻行為で逮捕される
続きを読む

1998年4月10日のオンエア情報です。

BEAT UKは1990~2002年における英国のチャート番組で、深夜とはいえ民放テレビによる洋楽番組は大変貴重でした。今ではBS朝日の「ベストヒットUSA」が洋楽総合番組として役割を果たしているでしょうか。
自分は当初1時間だったこの番組が30分に短縮され物足りなくなり、TV版も観つつ1時間番組である同番組のラジオ版も聴き始めてしまいました。
超好みでないと一度聴いただけでは曲が認識できない、という理由もあります。
最近コロナ禍で来日アーティストが全くいないため番組制作は苦労していると思いますが、貴重な洋楽情報源なので長く続くことを願っています。

1998年4月6日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
良くも悪くも方々でお騒がせなイアン・ブラウン
ブラック・グレープは解散予定?
ブラーがシーモア時代の音源テープをオークションに
続きを読む

1998年4月3日のチャート情報です。

BEAT UKは97年度から、1月初週と4月初週の年2回分放送が休みになりました。
4月初週回はチャート集計をweb上のみで掲載していましたので、今回はそこからのデータを元に記事にします。


イアン・ブラウンへのインタビュー記事などがあります。

1998年3月31日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
98年度夏フェス追加情報
パルプのシークレットショーが開催
バーナード・バトラーのツアーのお供は…
続きを読む

1998年3月27日のオンエア情報です。

過去記事を振り返ると、紹介したPVがリンク切れになっていることがあります。
絶対消されないと踏んで貼ったアーティスト公式動画でもリンク切れがあったりして、どうしたのかと思ったら、PVの高画質化をして再アップロードしていることがある、とわかりました。
昨今のコロナ禍で動画再生の機会が増えていることもあり、アーティストやレコードレーベルは品質向上に努めて収入の一環にしているのでしょう。
このブログの過去記事でたまに動画サイズが大きくなったところ(PC版で見た場合)がありますが、そこは貼り直したところです。

1998年3月24日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
1998年度夏フェス情報
がっかり?なぞなぞ?ノエル動向
オーシャン・カラー・シーンのスティーブ、厳重注意
続きを読む

1998年3月20日のオンエア情報です。

記事を書く時、調べ物をすべく様々なサイトを巡ります。
そんな中、自分にとっての神ブログを発見しました。


上記ブログは、英国人音楽ライターのジェームス・マスタートンという方が執筆しているもので、1992年から現在に至る英国シングルチャートを元に楽曲の批評を行うという、まさにここでやっている事を本場で本職の人がリアルタイムでやっている、完全上位互換ブログです。
2016年に現在のブログ形式になる以前は、大手ネットメディアを通じた連載形式でやっていたようです。
すごく参考になるので、これから大いにお世話になります。

1998年3月17日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
1998年度の英国夏フェス情報が続々
ジーザス&メリーチェインが蘇った!
リアム・ギャラガーのゴシップ珍道中
続きを読む

1998年3月13日のオンエア情報です。

このブログでは基本的に番組の放送データを元に記録を起こしていますが、手持ちの番組自体を動画サイト等にはアップロードしていないため、物足りなさを感じるかもしれません。
しかしYou Tube等を探っていると、ライヴ映像が主ではありますが、番組の映像が時々出てくるのです。
BEAT UK由来のもあれば、英国で1993~1995年に放送していた姉妹番組「The BEAT」由来のものもあります。
最近The BEAT由来と思われる、ピクシーズ解散後のフランク・ブラックのライヴを発見し、まだまだ知り得なかったことがたくさんあるのだと実感しました。

1998年3月10日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
1998年度グラストンベリーの詳細決定!
オアシスのリアム、ファンに頭突きし逮捕
レディオヘッドのミュージックビデオ集、発売決定
続きを読む

1998年3月6日付のオンエア情報です。

音楽配信サービスSpotifyでニュー・オーダーのベスト盤、1987年版の「サブスタンス」が最近になってやっと登録されたのを発見し、現在ヘビロテ中です。
ニュー・オーダーのベスト盤はいくつかあって、87年版はテンプテーションの新録があったり(トレインスポッティングのサントラにも入ってる一番好きなバージョン)、中学生の時レンタルCDをカセットテープにダビングして…という、自分にとって思い出のバージョンなのでした。
今年の来日公演は日程未定の延期になっていますが、最近5年ぶりの新曲が発表され、今後のバンドの動向がとても楽しみです。新作アルバムも近いうちに出るかな?

1998年3月3日付けHO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
トム・ヨークが英国ロックバンド、ドラッグストアのゲストヴォーカルを務める
パルプが映画界へ?
イアン・ブラウン、飛行機でやらかして逮捕
ついでにオアシスも飛行機でやらかす
続きを読む

1998年2月27日のオンエア情報です。

19980227_1
19980227_2
この頃CX深夜帯のスポットCMとして、当時のフジテレビ公式キャラのピンクのイルカ「ピンカちゃん」の物語が放送されていました。(現在の公式キャラは青い犬のラフくん)
登場キャラクターの声にはミュージシャンをあて、音楽通な人選がフジテレビっぽいな、と当時の自分は思っていました。
このCM、スパイス・ガールズも声を当てているんですよね。

1998年2月24日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
レディオヘッド、グラミー賞への出演決裂
ジェフ・バックリィの遺作が発売へ
ヒルズボロの悲劇、捜査打ち切りで関係者から怒りの声
続きを読む

1998年2月20日のオンエア情報です。

今週分から5回分にかけて、録画データが欠けています。
いつも3倍録画だったので、ビデオテープ一本分紛失したのでしょう。

最近は死語になったのかあまり聞かなくなりましたが、90年代はまだメディア録音・録画のことを「エアチェック」と言っていました。
2020年になった今ではラジオのエアチェックとは縁遠く…とはならず、自分はまだ普通にやっています。ただ昔とは違いパソコンとradiko等ネットを駆使しデータ保存できるので、再生及び管理が楽になったのが有難いです。
radikoのタイムフリー機能で聴けば?とお思いでしょうが、NHKやネット専門局等通用しない場所もあるので、今でも好きな番組のエアチェックが欠かせないのでした。

1998年2月17日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
98年度グラストンベリーフェス・出演者予測
アッシャーのライヴ、スプレーをまかれ中止に
ニュー・オーダー、活動再開!!
続きを読む

1998年2月13日のオンエア情報です。

若いミュージシャンのインタビューや自己紹介を聞く機会が良くあるのですが、自分が産まれたであろう90年代の音楽に影響を受けた、という方がいることがあります。
こういうのは自分が1970年代のパンクやポストパンクを好んで聴いているのと同じような感覚で、産まれていたとはいえリアルタイムではないので、後から掘って探すことになります。
1990年代は自分にとってリアルタイムでしたが、この時代の音楽を掘って探した若い世代に対して「よく知ってるね、凄い」という共感は上から目線っぽくてちょっと違うな、と最近気付きました。
共感なら「自分もそのアーティスト好き」だけで良くて、理屈なんて関係ないのでした。
とはいえ自分も過去を掘り返している身で、知らなかった曲が多くて勉強になります。

1998年2月10日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
ブリット・アワード、ハプニング再来
1998年度ブリット・アワード、結果発表
98年度のグラストンベリーフェス、イアン・ブラウン出演決定
続きを読む

1998年2月6日のオンエア情報です。

日々ラジオの洋楽番組などを聴いているのですが、今年になってから気が付いたことがあります。
きっかけは昨年から今年上半期にかけてヒットした、こちらの曲でした。

Blackbear / Hot Girl Bummer  (初期verのPV)


初っ端からFワードが凄い曲ですが、海外では放送上修正が入っている、と聞いていました。しかし今年に入った辺りからだと思うのですが、日本のメディアでもF抜きバージョンばかり流れるようになっています。
これまで日本では外国語の放送コードが曖昧だったかもですが、オリンピック開催国となったのを機に国際ルールに準拠したのかな、と感じました。

1998年2月3日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
オアシス解散の噂!!
ゴールディーの記者会見、朝食付き
プロペラヘッズ、ライヴ活動始まる!
続きを読む

1998年1月30日のオンエア情報です。

コロナ禍のせいで様々なライヴやフェスが中止に追い込まれる中、リモート簡易フェスや無観客ライヴ、過去のライヴ映像の公開などをしているアーティストを見掛けます。
自分もいくつか見ているのですが、変わったものも見ました。

これはオービタルが兄弟二人で音素材を録りに行く映像です(これは第二弾)。映像が揺れまくるのでじっくり見れませんでしたが、壁や柵をポコポコする姿が楽しかったです。

1998年1月28日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
ポッシュ・スパイス婚約!
ブラーのアレックス、作家との対談取りやめ
オアシスグッズ、オークションへ
続きを読む

このページのトップヘ