BEAT UKアーカイブス

1990年から2002年までフジテレビ系列で放送されていた洋楽番組「BEAT UK」のチャート、新曲紹介、特集などの放送データを記録し、アーカイブ化を目指しています。独断と偏見で動画を置いたり、感想を書いたりもしています。

1998年2月6日のオンエア情報です。

日々ラジオの洋楽番組などを聴いているのですが、今年になってから気が付いたことがあります。
きっかけは昨年から今年上半期にかけてヒットした、こちらの曲でした。

Blackbear / Hot Girl Bummer  (初期verのPV)


初っ端からFワードが凄い曲ですが、海外では放送上修正が入っている、と聞いていました。しかし今年に入った辺りからだと思うのですが、日本のメディアでもF抜きバージョンばかり流れるようになっています。
これまで日本では外国語の放送コードが曖昧だったかもですが、オリンピック開催国となったのを機に国際ルールに準拠したのかな、と感じました。

1998年2月3日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
オアシス解散の噂!!
ゴールディーの記者会見、朝食付き
プロペラヘッズ、ライヴ活動始まる!
続きを読む

1998年1月30日のオンエア情報です。

コロナ禍のせいで様々なライヴやフェスが中止に追い込まれる中、リモート簡易フェスや無観客ライヴ、過去のライヴ映像の公開などをしているアーティストを見掛けます。
自分もいくつか見ているのですが、変わったものも見ました。

これはオービタルが兄弟二人で音素材を録りに行く映像です(これは第二弾)。映像が揺れまくるのでじっくり見れませんでしたが、壁や柵をポコポコする姿が楽しかったです。

1998年1月28日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
ポッシュ・スパイス婚約!
ブラーのアレックス、作家との対談取りやめ
オアシスグッズ、オークションへ
続きを読む

1998年1月23日のオンエア情報です。

手持ちの98年度分データは約3ヶ月分の抜けがあり、2月後半~3月後半と、5月後半~6月分が存在しません。抜け部分は旧BEAT UKサイトのデータを有効利用します。
自分的にだんだん未知、もしくは忘却の彼方へ行ってるような曲が増えて来るでしょうが、ここは割り切って新しいものに触れる気持ちで聴いて、調べまくります。

1998年1月21日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
ケミカル・ブラザーズ、一年間の休養
ヴァーヴ、地元でのライヴ開催発表
オアシス、大雪で無念のライヴキャンセル
続きを読む

1998年1月16日のオンエア情報です。

自分は大人になっても適当にアニメを観ていますが、マニアって程ではないので声優とか製作陣のことはあまり詳しくないです。
そんな中今年の4月から「リスナーズ」という深夜アニメがやっていまして、これがロック系洋楽ネタを盛り込みまくりなのです。エウレカセブンより盛ってるな…と思ったら監督さんがエウレカと同じ人らしいです。→公式による第一話の音楽ネタ概要(オアシスネタ多し)

作品に対する個人的な感想…
純粋に物語を追いたかったはずなのに、気付けば音楽ネタ探し。自分が何を観たいのか良くわからなくなって来た。

1998年1月14日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
シェールの元夫、ソニー・ボノがスキー事故死
ブリット・アワード、98年度ノミネート出揃う
スリーパー、人生山あり谷あり
続きを読む

1998年1月9日のオンエア情報です。

ようやく年を越しました。これからもよろしくお願いします。

1997年はテレタビーズのぬいぐるみが大人気だったと記事にしましたが、英国では結構な社会現象だったらしく、この模様がBUK98年1月号で記事になっていました
97年に日本では「たまごっちを買う大行列ができた」なんて話題もありましたが、似たようなことが英国でも繰り広げられていたようです。
また同時期にはバービー人形風の「スパイス・ガールズ人形」や、サッカー選手人形も人気だったと書かれていました。

BUK的97年度ベスト5(シングル・アルバム・ライヴ)などがあります。
編集さんはインディーロック志向のようです。いいね…!

1998年1月6日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
ゴールディーのPVがチェーンソーとパカパカしててヤバイ!
ノエルがミラノで「The Queen Should Be Dead!」
スウェード+ディヴァイン・コメディのシングル
続きを読む

1998年度のアーティスト一覧の索引です。ABC順に表記しています。
日付の後ろにある絵文字の意味は以下の通りです。

1位獲得:
シングルチャート登場:
NEW REREASE:
SPECIALIST CHART:
ONES TO WATCH:
ON STAGE:
アルバムチャート:
FEATURE:
GIG GUIDE:
REQEST:

以外でアーティスト個別テロップあり:記号の後に
年末年始回は基本絵文字なしです。テロップがある場合は別途表記します。

*コンピ盤でVarious Artists扱いのもの、ライヴのフェス名は別に記載します。ただしアーティスト個別紹介表記、PVのあるものは記載がある場合があります。

1991   1992   1993   1994   1995   1996   1997   1998

数字    A    B    C    D    E    F    G    H    I    J    K    L    M    N    O    P    Q    R    S    T    U    V    W    X    Y    Z    Various Artists    フェス名
 
続きを読む

1997年度のアーティスト一覧の索引です。ABC順に表記しています。
日付の後ろにある絵文字の意味は以下の通りです。

1位獲得:
シングルチャート登場:
NEW REREASE(97.04.11からオープニング曲も含む):
OTHER CHART HIGHLIGHT (~97.03.30)  :
 SPECIALIST CHART (97.04.11からは英語テロップなし) :
CHART BREAKERS (~97.03.30) :
 ONES TO WATCH (97.04.11~) :
ON STAGE:
アルバムチャート(97.03.30までは各都市チャート含む):
FEATURE:
GIG GUIDE:
REQEST:

以外でアーティスト個別テロップあり:記号の後に
年末年始回は基本絵文字なしです。テロップがある場合は別途表記します。

*コンピ盤でVarious Artists扱いのもの、ライヴのフェス名は別に記載します。ただしアーティスト個別紹介表記、PVのあるものは記載がある場合があります。


1991   1992   1993   1994   1995   1996   1997   1998

数字   A    B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z   Various Artists   フェス名
 
続きを読む

1997年12月26日のオンエア情報です。

チャート情報は前回記事にしましたが、今回は番組の放送情報です。
年末総括回は毎年恒例の1位紹介と特集コーナーです。
97年度は1位が短期間で変わることが多かったため楽曲紹介数が多く、特集コーナーが少なかったです。

個人的に当時認識してなかったけど、今聴いたら良かった1997年の曲はこれです。

Blue Boy / Remember Me

良かった、というか脳内で無限ループするのです。♪ゲンゲゲゲン…って始まったら、頭の中はこの曲に支配されてしまいます。(個人的感想です)
続きを読む

1997年12月26日のチャート情報です。

1997年最終週は年末特番となり、チャート情報は放送されていません。
番組放送情報は別記事にて紹介します。

今回の記事の情報は公式サイトから引用したものになります。
放送されてはいませんが、索引に記載はします。ご了承ください。

また英国音楽ニュースHO HOUは、今週回分を含め2週休みになっています。
続きを読む

1997年12月19日のオンエア情報です。

世間ではあらゆるものが停滞する今日のこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
今年こそは何かライヴイベントに行こうかと思っていましたが、軒並み中止が発表され、オリンピックの延期で来年の東京の夏フェスも絶望的な予感がします。
来年の春先にでも音楽フェスたくさんやるのでしょうか。

今週のヘッドライン
ショーン・ライダー、倒れる
プロディジーのあの曲、国会で取り上げられる
トリッキー、人種差別発言をネタにレコーディング
続きを読む

1997年12月12日のオンエア情報です。

今年の3月でこのブログを書くきっかけとなったラジオ番組、Ready Steady George!が終了すると告知されました。
今更90’sオルタナロック、ブリットポップを臆面もなくかけるラジオ番組は他になく、そこから自然に派生ジャンルやルーツを掘れる構成・選曲に加え、洋邦問わず新曲紹介する、自分的に凄く貴重な音楽情報源だったのでした。
今はネットラジオや配信サービスもありますが、それだけでは補完できないものがここにはあったのです。番組終了が残念でなりません。

1997年12月10日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
オアシスライブで暴動発生
ブルートーンズのマスターテープ、紛失
プロディジーのあのPV、アメリカでも問題に
続きを読む

1997年12月5日のオンエア情報です。

メインで使っているPCが故障したので修理に出し、先日完了しました。
自宅にはサブのPCもあるのですが10年以上前の機種でストレスが溜まり、たまにはいいかと思いブログの更新をしばらくお休みしていました。
これでもサブのPCを買った当時は「なんて快適なんだ!」と感じたものですが、電子機器やアプリの進化は早く、数年で陳腐化してしまいます。そして一度レベルを上げると、下に戻った時非常にもどかしいのでした。
これが音楽なら、時代を経てリバイバルがあったりするのに!

1997年12月2日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
マイケル・ハッチェンスの葬儀が行われる
オアシスのチケットはクレカ決済のみ?
ジーンのマーティンがブレア首相へ嘆願書を持参
続きを読む

1997年11月28日のオンエア情報です。

1997年当時のBEAT UK公式サイトにはBBS(掲示板)がありました。
書き込みを読んでみると煽り等は少なく、それなりに皆さまの行儀がいい感じです。(運営で不適当な文章を削除していたかもだが)
そういえば今では当たり前のアレがまだ少ない時代なのです。
文字等のスタンプ、草・ww等のネットスラング、そもそも「(笑)」ってのすらあまりないけど、アレだよアレ、顔文字がほとんどない!
文字だけだと読みやすいし、時代的にPC・ネット環境持ちの人が厳選されているせいか、書き込みの行儀がよさそうでいい時代だったと思います。
逆に文字は生きていると実感しているところでもあります。

1997年11月25日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
訃報、INXSのマイケル・ハッチェンス
元スウェードのバーナード・バトラー、ソロ活動始まる
ロビー・ウィリアムズ、裁判に負ける
続きを読む

1997年11月21日のオンエア情報です。

2020年度のグラミー賞が発表になりました。
今年度はレコード賞・アルバム賞・楽曲賞・新人賞の主要4部門独占、更に最年少受賞記録の塗り替えで、ビリー・アイリッシュの年度と言っても過言ではないくらいでした。
あとはダンス・EDM部門でケミカル・ブラザーズが受賞したのが嬉しかったです。
UK音楽を扱うこちらとしましては、2月のNMEアワード、ブリット・アワードも気になるところです。

こういう賞レースの式典は関係者しか入れないのかと思いきや、実は一般向けにもチケットが販売されているイベントがあると知りました。
ちなみにそのひとつ、今年度のNMEアワードのチケットは24ポンド25ペンスでした。3500円くらいでしょうか、The 1975などアーティストのパフォーマンスもあるらしいのでお得かも。しかも1月現在まだチケットが残っている!

1997年11月19日のHO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
スパイス・ガールズのマネージャー、クビに
フー・ファイターズとプロディジーは仲良し
ポール・ウェラー、苦悩す
続きを読む

1997年11月14日のオンエア情報です。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
正月は溜まりまくった録画の視聴と整理をしていました。

2003年から毎年英国BBCが行っている「Sound Of ...(...の部分は年度が入る)」という、期待の新人をリストアップする企画があります。
12月に10アーティスト候補が発表され1月にTop5が決まるこのイベント、2020年度の1位はCeleste(セレステ)というR&B系女性ソロアーティストでした。個人的にはアイルランドのバンド、インヘイラー(ボノの息子がヴォーカルやってるバンド)も上がっていたので嬉しかったです。

1997年11月11日付HO HOU(ホ・ホゥ)
今週のヘッドライン
レディオヘッド、次作アルバムに早くも着手
ブラー、ライヴ漬けな日々にうんざりする
今週のプロディジー情報!
続きを読む

このページのトップヘ